BLOG

Jan 11.2017
「冷える原因」と「トラブル」

<血流の少ない手や足は冷えやすい>
足はなぜ冷えてしまうのでしょうか?
手や足といった末端は、心臓から一番遠く、静脈で血液を戻すのに強いポンプ力が必要となり、
血液がプーリングしてしまい、血行不良に陥りやすい事が一つの理由です。
特に、足では太ももには大きい大腿筋が熱を生み出し、血液の温度も保たれますが、
ひざから下では大きな筋肉がなく、ふくらはぎに入ったところから血液の温度は下がってきます。
そして、寒い状況だと、血管も収縮し、頭部や胸腹部などの重要臓器の体温を保持するために
血液が集中するので、下腿の血流はさらに少なくなります。
寒さで体が冷えるという状況では、体は大切な臓器が収まっている体幹(手足を除く胴体部分)を
冷やさないように働きます。
そのため、手足は真っ先に冷えやすく、冷えた手足を温めても、
肝心の体幹部分に十分な熱がいきわたっていなければ、手足の冷えを解消することはできません。
極端な話、登山家が手足の指を壊疽して生還するというのは生体の防御本能として、
中心部を守るために末端を切り捨てているというわかりやすい例でしょう。
また、人は熱さに比べると寒さに適応しにくく、寒いところから温かい部屋に入っても
手足が温まるのには時間がかかります。

<足の冷えが招くトラブル>
足の冷えを自覚していても我慢していたり、特になにもしていなかったりという方は、
その先にどのようなトラブルがあるかご存知でしょうか?
足の冷えをそのままにしておくと、睡眠への影響、むくみや傷やあざの治癒の遷延、
血行不良による虚血から、蒼白、しびれなどの知覚障害、引いては壊死をも引き起こします。
肌トラブルとしては、肌のターンオーバーの乱れや老廃物がたまることによる肌荒れやニキビ、
くすみなどがあげられます。
また、重力がかかっているため下半身には全身の7割の血液が集中していて、
血流が悪いと全身へも影響し肩こりや腰痛、クマなどさまざまなトラブルの元となります。

足の冷えを感じる方は、寝る前に足首を回す、足の甲を自分の方に倒して伸ばす、
逆につま先を伸ばすストレッチを5秒間ずつやってから寝てみてください。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 11.2017
「冷える原因」と「トラブル」
Jan 06.2017
タイプ別ホルモンバランスの乱れと対処法

<ホルモンバランスの乱れをチェック>

生理前の時期に当てはまる項目をチェックして、当てはまる数の一番多い方の対処法も一緒に参考にしてみてくださいね。

自律神経が乱れているタイプ

□めまいがある
□ひどい肩こりがある
□不安感が強くなる
□手足の冷えが強いと感じる
□頭痛が起こりやすい

卵巣が疲労しているタイプ

□便秘や下痢になりやすい
□おりものが増える
□下腹部痛がある
□乳房の張りや痛みがある
□肌が荒れやすい

<タイプ別の原因とアプローチ法>

自律神経が乱れているタイプ

めまいや肩こり、冷えがある場合は、自律神経が乱れている可能性があります。このタイプは、ストレスによる体への影響が出やすく、月経痛や月経中の不調を感じやすくなるのが特徴です。また、血行不良を起こしていたり、体温調節がうまくいっていない可能性もあります。この場合、緊張性頭痛などの症状も起こりやすいので、マッサージや軽い運動、入浴などで体をほぐし、温めることをオススメします。

卵巣が疲労しているタイプ

卵巣の機能がうまく働かないと、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。この場合、体に水分をためこもうとする生理機能が働き、大腸が食べ物に含まれている水分を吸収するため、便まで水分が行き届かなくなります。これにより、便秘が起こりやすくなるのです。また、黄体ホルモンの過剰分泌が原因で、下腹部痛や乳房の痛み、一時的なおりもの量の増加が見られることもあります。
このような方は、タンパク質やビタミンE、カリウム、コエンザイムQ10などが含まれた食材を積極的に摂取するようにしましょう。女性ホルモンが活性しやすくなり、卵巣の新陳代謝がスムーズになります。また、適度な運動を行うことでも女性ホルモンが分泌されやすくなるので、体に負担がない程度で行うことをおすすめします。
ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

市毛さゆり

Jan 06.2017
タイプ別ホルモンバランスの乱れと対処法
Jan 05.2017
水分を蓄えられない「ドライボディ」

<血液ドロドロボディとは?>
対策をとっても水分をとっても常に水分が失われている状態で、
高齢者だけではなく、若い方も含め推定400~800万人がいるのではないかと
言われています。

<ドライボディになりやすい身体は?>
筋肉量に関係しているそうです。
筋肉には水分を蓄えておくことができ、脂肪には水分を蓄えておくことができないのだそうです。
筋肉は、ただのタンパク質ではないのです。体の水分を蓄える、水分タンクでもあるのです。
データによると、筋肉には80%の水分が含まれていたことに対し、
脂肪には20%しか含まれていませんでした。

ドライボディで体が脱水状態になってると汗で体を冷やすことができなくなるため、
体内に熱がこもったままになってしまうのです。
脳自体が縮小するのもドライボディの症状の一つです。脳が縮小すると痛みに対して敏感になり
神経過敏の状態になります。
ドライボディになると痛みの増加のほか、だるさなどの身体症状や、
イライラなどの精神症状にも影響を与えます。

<ドライボディの改善方>
ドライボディになる原因が筋肉が少ないことになるのなら、
筋肉をつければドライボディの改善になるということです。
一番手っ取り早く筋肉をつける方法は『下半身の鍛えること』です。
下半身には体全体の筋肉の約6割が集中しているため、
鍛えやすいですし筋肉がつきやすいのです。
熱中症の原因でもあるドライボディを改善するための運動なのに、
逆に熱中症になったら意味がありませんので、夏の暑い時期は
スクワットのほうをおすすめします。
筋肉を効率よくつけるため、動物性たんぱく質を摂取しましょう。
牛乳なら手っ取り早く動物性タンパク質を摂取できます。
筋肉をつけるため、筋トレ後30分以内に摂取すると良いでしょう。

<まとめ>
ドライボディによる体内の脱水は、熱中症だけでなく様々な症状を引き起こします。
筋トレ行えば何歳からでも筋肉はつきます。ドライボディ改善のためにも、
そして体の健康のためにも、日頃から筋肉をつけるトレーニングはしておきたいものです。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 05.2017
水分を蓄えられない「ドライボディ」
Jan 05.2017
脂質異常症(高脂血症)

<脂質異常症とは>
脂質異常症は、脂質の代謝がうまくいかず、血液中に脂質が異常に増えてしまう病気です。
遺伝によって起こる 家族性高コレステロール血症 の場合は、黄色腫(おうしょくしゅ)と
呼ばれるコレステロールの塊がひじやひざ、アキレス腱のあたりにできることがあります。
しかし、ほとんどの場合は血液中に脂質が増えるだけで、何も自覚症状が現れません。
このため、健康診断などで血液検査を受けて、はじめて気づく場合が多いのです。

脂質異常症が怖いのは動脈硬化を招くからです。
血液中に増えすぎた「LDL 悪玉コレステロール」は血管壁に入り込んで蓄積し、
活性酸素によって酸化され「酸化LDL」に変化します。
すると、血管壁の中にいる「マクロファージ」という白血球の一種に取り込まれ、
コブのように大きくなっていきます。
すると、血管が狭くなり、血液が流れにくくなってしまうのです。
このコブがさらに大きくなってはがれ落ちると、血栓となって血管を詰まらせることになります。
動脈硬化が心臓の血管で進行すれば心筋梗塞に、脳の血管で進行すれば
脳梗塞になり、最悪の場合は、命を落としてしまう可能性もあります。

<脂質異常症の原因になる食生活や生活習慣>
・肥満 過食や運動不足による肥満は、脂質異常症の最大の要因
とくにお腹まわりに脂肪が多い内臓脂肪型肥満の人は、中性脂肪値や悪玉コレステロール値が高く、善玉コレステロール値が低くなりやすい傾向がある
・動物性脂肪 肉の脂身や乳製品などの動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸のとり過ぎは、血液中の悪玉コレステロールを増やす
・コレステロール 鶏卵、魚卵、レバー、鶏肉の皮などコレステロールが多い食品を食べ過ぎると悪玉コレステロールが増える
・甘いものの食べ過ぎ 甘いお菓子やジュース果物の食べ過ぎは肥満を招くだけでなく中性脂肪値を上昇させ善玉コレステロールを下げる作用がある
・お酒の飲み過ぎ 適量のお酒は善玉コレステロールを増やすが飲み過ぎると血液中の中性脂肪値が高くなる
・ストレス ストレスを感じると体内でさまざまなホルモンが物質たくさん作られ血中にコレステロールが増える
タバコ…タバコを吸うと悪玉コレステロールと中性脂肪が増加し善玉コレステロールが減る

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 05.2017
脂質異常症(高脂血症)
Jan 05.2017
寒暖差疲労の対処法は「3つの温活」

冷えを感じたらすぐに身体を温めることが大切です。
そのためには、身近に温めグッズを常備しましょう。
全身を一気に温められる入浴は冷えの予防や改善に役立ちます。

<1> 生活の中でできる3つの温活 身体をそとから温める
・炭酸ガス入りの入浴剤で温めて、血管応答性を高める
入浴には、体内の老廃物や疲労物質が取り除かれる「温熱作用」、
血液やリンパの流れをよくする「水圧作用」、
筋肉や関節を休ませることができる「浮力作用」の3つの効果があります。
入浴時の温度は38~40℃ぐらいのややぬるめに設定しましょう。
炭酸ガス入りの入浴剤を使うと、すばやく温まるうえ、湯あがり後も温かさが長続きします。
炭酸入浴を続けると、寒暖差に対する耐性と関係の深い
“血管応答性” が高まることがわかっています。

・蒸気温熱で温める
身体を温めるときは、乾いた熱よりも蒸気(スチーム)を含んだ温熱がおすすめです。
蒸気を含むじんわりした温熱は、乾いた熱よりも熱を深く広く伝えるので、
冷え解消に効果的です。
温めるポイントは、手首、足首、首の「三首」。
ここをしっかり温めることで、全身に効率よく血液をめぐらせることができます。

<2> 少しきつい動作をする
・電車の中では座らない
・座るときはひざを閉じる
・エレベーターを待たずに階段を使う
・洗濯物を干すときは、洗濯物を取る度にスクワットをする
・つまさき立ちで歩く など
毎日の生活の中で簡単にできる“ちょっとだけきつい”と感じる動作を心がけてみましょう。

<3> 温性の食事を心がける
・冷たい飲み物をなるべく避け、温かい飲み物をとるように習慣づける
・食材には身体を温めるものと冷やすものがあるので温性の食材を積極的にとること
・咀嚼も立派な温活
咀嚼には内臓脂肪を燃焼させて熱を産生すると同時に、
アドレナリンやノルアドレナリンなどを抑制する効果もあります。
また、よく噛むことで身体に負担をかけることなくゆっくりと消化吸収が行われます。
すると少しの食べ物でも血糖値がゆるやかに上がって満腹中枢が刺激され、
暴飲暴食を抑えダイエット効果も期待できます。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 05.2017
寒暖差疲労の対処法は「3つの温活」