BLOG

Dec 03.2019
睡眠と肌荒れの関係【ヘッドスパ】

●肌が生まれ変わるのは睡眠中
すこやかな肌を保つためのターンオーバー(肌代謝)は睡眠中に活発化します。
正常なターンオーバーの周期は約6週間といわれていますが、
寝不足が続くとそのサイクルが遅くなり、古くなった角質が肌の表面に残り、
肌荒れを引き起こしやすくなります。

●就寝時刻にも配慮しましょう
肌のターンオーバーを促しているのは脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」です。
この成長ホルモンが多量に分泌されるのは睡眠中。
寝不足が続くと成長ホルモンの分泌量が低下して、
ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうのです。
成長ホルモンの分泌量のピークは、睡眠に入った直後から3時間前後。
また、ターンオーバーが活発に行われる時刻は22時から深夜2時までといわれています。

つまり、ただ長く寝ればいいというわけではないのです。

●よい眠りと自律神経
私たちの心身の状態は、自律神経と大きく関わっています。
自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つから成り立っています。
この2つがバランスよく作用し合うことで、心身の健康を保っているのです。
十分な睡眠は、副交感神経を周期的に優位にし、自律神経のバランスを整え、
すこやかな肌をつくります。

●寝不足は美肌の大敵
寝不足になると、交感神経が優位に働き、
精神的にも身体的にも緊張状態が続いてしまいます。
交感神経には男性ホルモンを活性化する作用があるため、
皮脂分泌が増加し、肌荒れをまねく原因となります。
十分な睡眠を心がけましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
稲生莉紗

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井

Dec 03.2019
睡眠と肌荒れの関係【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
ホルモンバランスを整える食べ物【ヘッドスパ】

女性ホルモンが正常に分泌されるためには、
心もからだも健康であることが基本になります。

ひとつの食材をとることで、ホルモンバランスが整うということはありません。

食生活ではまず、必要な栄養をまんべんなく、適量食べることが大事です。

同時に、適正体重(BMI)を維持することを目指しましょう。

太りすぎ、やせすぎはホルモンバランスを崩し、
生理不順や排卵障害を起こす可能性があります。

<バランスよくとりたい8つの食品群>

1.肉、魚、乳製品、卵
細胞のもとであり、女性ホルモンのもとにもなる
コレステロールを補うために動物性タンパク質を適量とりましょう。
植物性・動物性両方のたんぱく質を半々ずつ、バランスよくとるのが理想です。

2.大豆食品
エストロゲンとおなじような働きをする大豆ホルモンが豊富です。

3.青魚
DHAやEPAといった、体にとって重要な生理機能を持つ成分が豊富です。

4.野菜
ビタミン類が豊富です。

5.海藻類
低カロリーでミネラルや無機質が豊富です。

6.きのこ類
低カロリーで食物繊維やビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。

7.いも類
主成分は糖質ですが、ビタミン、カリウム、食物繊維などが含まれています。

8.ゴマ・ナッツ類
ビタミンB群・Eなどがバランスよく含まれています。
脂質なのでとりすぎには注意してください。

なるべく数多くの食材を食べるようにし、
カロリーの高いものはとり過ぎないようにしましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
稲生莉紗

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井

Dec 03.2019
ホルモンバランスを整える食べ物【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
ホルモンバランスを整える方法【ヘッドスパ】

ホルモンバランスを整えて維持するためには、
規則正しい生活習慣を実践することが重要です。
特に、食事・睡眠・ストレスの3つが大きく影響してくるため、
まずはここに改善点があるかを考えてみましょう。

〈食事〉
栄養バランスのとれた食事を心掛けることは大切ですが、
毎食栄養バランスを考慮するのは難しいものです。
不足しがちな栄養はサプリメントで補う方法もありますので、
上手に活用してみることをおすすめします。

〈睡眠・ストレス〉
なかなかぐっすり眠れない、忙しくて睡眠不足になりがちなど、
睡眠時間の確保は難しいという方もいると思います。
ストレスによる心身への負荷を軽減するためにも、
次のようなアクションを生活に取り入れてみましょう。

●起床後にしっかり朝日を浴びる
朝日を浴びて体内時計をリセットすることで、体内時計の乱れによる不眠を改善します。
●就寝の直前に入浴しない
眠る直前の入浴は、自律神経が興奮して寝付きにくくなってしまいます。
●適度な運動をする
適度な運動による心地良い疲労感が、質の良い睡眠へと導いてくれます。

改善できるところから少しずつ実践して、ホルモンバランスを整えていきましょう。

ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
稲生莉紗

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井

Dec 03.2019
ホルモンバランスを整える方法【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
ホルモンバランスが乱れる原因【ヘッドスパ】

疲れやすくてやる気が出ない、なんだか肌の調子が悪い…。
その原因のひとつとして考えられるのが、ホルモンバランスの乱れです。
特に、季節の変わり目はホルモンバランスが乱れやすい時期でもあり、
精神的に不安定になったり、体調や肌の不調を引き起こしたりといった症状に
悩まされる人も多いでしょう。

〈ホルモンバランスが乱れる原因〉

ホルモンバランスが乱れるおもな原因には、
「加齢」「ストレス」「不摂生な生活」が挙げられます。

●加齢
ホルモンは、若いころにはたくさん作られますが、歳をとるにつれて減少していきます。
ホルモンの減少によってホルモンバランスが乱れた結果、体内の機能が低下し、
さまざまな不調が現れやすくなるのです。

●ストレス
多忙な生活や精神的な緊張、激しい気温差など、心身が受けるストレスはさまざまです。
ホルモンの多くは脳の指令によって分泌されますが、脳はストレスに対してとても敏感です。
大きなストレスを受けることで脳の機能が低下し、
ホルモンを分泌する体の各部位がうまく働かなくなってしまうのです。
こうした原因も、ホルモンバランスの乱れにつながります。

●不摂生な生活
睡眠不足や暴飲暴食といった不摂生な生活を続けていると、
当然、体が受ける負荷は大きく、弱っていきます。
その結果、ホルモンが十分に作られず、バランスが乱れる場合もあります。

できるだけ疲れやストレスを受けないように過ごしましょう!

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
稲生莉紗

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Dec 03.2019
ホルモンバランスが乱れる原因【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
生理痛の症状を緩和するために【ヘッドスパ】

慢性化しがちな月経トラブル。
生活習慣を改善して、症状の緩和に努めましょう。

・薄着をしない

→身体が冷えると血行が滞り、子宮筋の硬直や骨盤内のうっ血を招きがちになります。
これらは生理痛を重くする要因なので、吸湿発熱素材の服を着る、
羽織物やひざ掛けを常備する、靴下やタイツを重ね履きする、
夏でも裸足は避けるなど、冷えない服装をするようにしてください。

・使い捨てカイロを下半身に貼る

→冷えで痛みがあるときは、下腹部周辺に使い捨てカイロを貼ってみましょう。
血行が良くなり、痛みが軽減することがあります。

・湯船や足湯に浸かる

→ぬるめのお湯にゆったり浸かれば、リラックス効果も期待できます。
どうしても湯船は避けたいという人は、足湯で代用するのも一つの手です。

・体を温めるメニューを摂る

→ショウガ、根菜、カボチャ、ハチミツなどには、身体を温める作用があります。
積極的にメニューに組み込み、冷え知らずの身体をつくりましょう。

・適度に運動する

→身体を動かすことも血行促進に直結します。
ジムやウォーキングなどで汗を流すのはもちろん、
下半身を中心にストレッチをするのもオススメです。

・リラックスを心がける

→ストレスは万病の元。
月経トラブルの悪化にもつながるので、疲れを感じたら休息し、
リラックスする時間を持ちましょう。

・規則正しい生活を送る

→生活リズムを乱すと、ホルモンバランスも乱れてしまいます。
特に睡眠不足は心身を弱らせるので気をつけてください。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
稲生莉紗

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井

Dec 03.2019
生理痛の症状を緩和するために【ヘッドスパ】