BLOG

Dec 04.2019
女性が糖質を制限しすぎると起こること【ヘッドスパ】

糖質を制限することで、食後の血糖値が上がりにくくなり
インスリンの分泌が減って体脂肪がエネルギーに変わるという仕組みの糖質制限ダイエット

ストイックな糖質制限でなくても、日ごろからご飯を減らすなどして
低糖質な生活をしている人は少なくないはずです。

しかし糖質制限をして痩せる人というのは、もともと糖質をすごくとりすぎていた人だけです。

糖質をとりすぎていた男性が実行すると、痩せやすいのは確かです。
しかし、女性には生理があり、むくみや冷え性になりやすい体質
体の構造も栄養のとり方も違う女性がやっても同じ効果は見込めません

また、女性が糖質制限や低糖質をすると、便秘で悩む場合が多いです。
人間自体は糖質をとらなくても、ケトンが代わりにエネルギーになるので
生きていくことはできます。
しかし、腸内細菌は糖というエサがないと生きていけません。
そのため、善玉菌が死滅してしまい、腸内環境が悪化しやすくなります。

「糖質の量ではなく、質を変えることが重要」

そこで糖質の多い穀物の中でも女性が多く食べがちな“小麦抜きダイエット”がオススメです。
糖質の量を制限するのではなく、糖質の質の改善をするダイエットです。

なぜ小麦の糖質がNGなのかというと、小麦の加工品は、体を冷やし、腸内環境を乱し
アレルギーの原因にもなるうえ、ご飯ほど腹持ちがよくないからです。

“麦”は夏の季語になっているように、麦わら帽子や冷や麦、麦茶、ビールなど
麦のつく言葉は夏のものが多い為、冷え性の人は控えめのほうが良いでしょう。

「冷え性の人こそ、ご飯を食べよう!」

糖質制限ダイエットは、炭水化物を抜くことで体内の水分が抜けるので
体重が減りやすいのが特徴です。
しかし実行し続けるのが難しく、元の食生活に戻した途端、リバウンドしやすい傾向にあります。

ご飯を食べる=太ると思いがちですが、それは大きな誤解です。
米に水を炊き込むご飯は、水分量が多いため、そのぶん体重は増えます。

一方、パンは焼いて水分を飛ばしてしまうので、軽く、食べても直接体重には影響しません。

しかし、それは水分量の問題なだけで、ご飯のほうが、体温を保持し
水分もとれ、お通じも改善されやすくなります。

ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Dec 04.2019
女性が糖質を制限しすぎると起こること【ヘッドスパ】
Dec 04.2019
隠れ肥満とは【ヘッドスパ】

「隠れ肥満」とは

日本人の若い女性は、体重はそこまで重くないけれど内臓脂肪がたくさんついている
「隠れ肥満」タイプが多い傾向にあります。

内臓脂肪を放っておくと生活習慣病を引き起こすこともあるので注意が必要です。
お腹をつまんだ時に脂肪をつまむのが難しく
痛みを感じたら内臓脂肪がついている「隠れ肥満」である可能性が高いといわれています。

では、内臓脂肪は一体なぜついてしまうのでしょうか?
その原因のひとつは、運動不足にあります。

体内の筋肉は、使われないと量が減り、その分消費されるエネルギーも減少。
そのときに余ったエネルギーが、内臓脂肪となって蓄積されてしまいます。

また無理なダイエットも内臓脂肪を増やす原因になります。
極端な食事制限や特定の食べ物ばかりを食べるといった
栄養バランスが偏った食生活で起こりがちなリバウンド。

リバウンドで体重が増えた場合、筋肉量はそのままで脂肪だけが増えた状態になり
エネルギーが消化されず、内臓脂肪を溜めこむことになるのです。
それでは、元の身体よりもかえって痩せにくくなる悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

「内臓脂肪を落とすために取り組みたいこと」

内臓脂肪は付きやすい反面、落としやすいという特徴もあります。
ポイントになるのは食事内容と有酸素運動となります。

食事は、無理な食事制限やバランスが偏った食事は控えるように心がけましょう!
食べる量が少なすぎると、飢餓感から身体が脂肪を溜めこもうとしてしまいます。
また筋肉をつくるタンパク質が不足してしまうと
内臓脂肪を減らすどころか太りやすい体質になりやすくなります。

では、どんなメニューが良いのでしょうか。
揚げ物や丼もの、カレー、パスタといった
高カロリーで脂肪や糖質(炭水化物)が多いものは少なめにすると良いでしょう。

代わりに玄米や雑穀米などのご飯と味噌汁、魚といった和食がおすすめです。
食べる順番は野菜や汁物を先にし、糖質であるご飯を最後にして食べすぎないようにしましょう。

ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

Dec 04.2019
隠れ肥満とは【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
耳鳴りの予防法【ヘッドスパ】

ふとした時に、耳鳴りがすることはないですか?
耳鳴りも心と体の悲鳴をあげているサインになります。

耳鳴りがする原因として、以下の要素が考えられます。

<原因>
■パソコンやスマートフォンの使いすぎ
→画面を見るために顔を突き出し、首の骨のカーブがなくなっていく「ストレートネック」になりがちに。こうして首やあごの周囲の筋肉に負担がかかり、血液やリンパ液の流れが滞って、耳のトラブルが起こっている可能性があります。
■ストレスや生活の乱れ、疲労
→意志とは無関係に器官や内臓などをコントロールする「自律神経」のバランスが崩れたり、脳に負担がかかったりして、耳のトラブルが生じると言われています。

<予防方法>
■首の後ろ側の筋肉をほぐしてあげること
→血液やリンパ液の流れが滞って、耳のトラブルが起こっている可能性があるので、優しくもみほぐしてあげてください。
■パソコンやスマートフォンの使用頻度を減らす
■ウォーキングをする
→「第二の心臓」と呼ばれている足の筋肉を動かせば、効率よく血液やリンパ液などを循環させることにつながる。

血液やリンパ液などが体の中をスムーズに巡ることが、耳のトラブルを改善させる鍵となります。

またストレス発散なども適度に行い、リラックスできるようにするといいですね。

ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

 

Dec 03.2019
耳鳴りの予防法【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
疲れ目には【ヘッドスパ】

人の表情でいちばん印象に残るのが、目元です。
知らず知らずのうちに疲れた印象を与えていないでしょうか。

<疲れ目になる原因>
目のピントが合わない方、ドライアイ、パソコンやスマートフォンを見続ける、暗いところで本を読む、ストレスや過労、睡眠不足などが考えられます。

<症状>
目がしょぼしょぼする、しぶい、重いなど

<改善方法は?>
■目が疲れたと感じたときは、まず目を休めることです。
遠くを見たり近くを見たり、キョロキョロすることで目の筋肉の緊張をほぐします。
目の周りのツボを押して刺激を与えるのもいいですね。
また冷やすより温めたほうがよいといわれているので、ホットアイマスクや蒸しタオルなどをするのも効果的です。

■日頃のケアに加えバランスのよい食事を基本に足りない栄養素はサプリメントで補給したり、目によいといわれるビタミンB12などを目薬で取り入れるのもいいと言われています。

眼精疲労を防止して、「目力」のある表情を維持していきましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

 

Dec 03.2019
疲れ目には【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
大豆イソフラボンの効果【ヘッドスパ】

女性ホルモンと似た働きをすると言われ、多くの女性に支持されてきた大豆イソフラボン。それは知っていても、効果的な摂り方をしらないと実はということも、、
今回は効果的な摂取方法をご紹介します!

<大豆の女性ホルモンを整えるさまざまな効果>
●更年期障害の改善
●骨粗鬆症の改善
●生理不順の改善
●美白効果
●乳がん・前立腺がんの予防
●血圧・血清コレステロールの低下 など

大豆イソフラボンの効果を最大に活かす為には、1日数回に分けて摂取することがおススメですが、1日1回の摂取であれば、朝食時は空腹の状態に取り入れることになる為吸収が高まると考えられます。
また美容や睡眠の質などの目的であれば、就寝に近い夕食時に取り入れることも効果的です。
また、閉経前の女性は生理周期における大豆イソフラボンの摂取タイミングにも注意が必要となります。生理前症候群(PMS)の緩和を目的に生理前に大豆イソフラボンを摂取し過ぎると、ホルモンバランスが乱れ逆効果になってしまう場合もあります。

健康イメージだけが先行していた大豆イソフラボンですが、摂り過ぎは逆に健康・美容を害する恐れもあるのですね。普段の食生活の中で適量を守り、効果的な組み合わせで摂取していくことが安全に効果を得ることができるポイントです。
食べるタイミングや食材の組み合わせを考えて、大豆をうまく自分の体に利用していきましょう!!

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Dec 03.2019
大豆イソフラボンの効果【ヘッドスパ】
2 / 33312345...102030...最後 »