BLOG

Dec 03.2019
疲れ目には【ヘッドスパ】

人の表情でいちばん印象に残るのが、目元です。
知らず知らずのうちに疲れた印象を与えていないでしょうか。

<疲れ目になる原因>
目のピントが合わない方、ドライアイ、パソコンやスマートフォンを見続ける、暗いところで本を読む、ストレスや過労、睡眠不足などが考えられます。

<症状>
目がしょぼしょぼする、しぶい、重いなど

<改善方法は?>
■目が疲れたと感じたときは、まず目を休めることです。
遠くを見たり近くを見たり、キョロキョロすることで目の筋肉の緊張をほぐします。
目の周りのツボを押して刺激を与えるのもいいですね。
また冷やすより温めたほうがよいといわれているので、ホットアイマスクや蒸しタオルなどをするのも効果的です。

■日頃のケアに加えバランスのよい食事を基本に足りない栄養素はサプリメントで補給したり、目によいといわれるビタミンB12などを目薬で取り入れるのもいいと言われています。

眼精疲労を防止して、「目力」のある表情を維持していきましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

 

Dec 03.2019
疲れ目には【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
大豆イソフラボンの効果【ヘッドスパ】

女性ホルモンと似た働きをすると言われ、多くの女性に支持されてきた大豆イソフラボン。それは知っていても、効果的な摂り方をしらないと実はということも、、
今回は効果的な摂取方法をご紹介します!

<大豆の女性ホルモンを整えるさまざまな効果>
●更年期障害の改善
●骨粗鬆症の改善
●生理不順の改善
●美白効果
●乳がん・前立腺がんの予防
●血圧・血清コレステロールの低下 など

大豆イソフラボンの効果を最大に活かす為には、1日数回に分けて摂取することがおススメですが、1日1回の摂取であれば、朝食時は空腹の状態に取り入れることになる為吸収が高まると考えられます。
また美容や睡眠の質などの目的であれば、就寝に近い夕食時に取り入れることも効果的です。
また、閉経前の女性は生理周期における大豆イソフラボンの摂取タイミングにも注意が必要となります。生理前症候群(PMS)の緩和を目的に生理前に大豆イソフラボンを摂取し過ぎると、ホルモンバランスが乱れ逆効果になってしまう場合もあります。

健康イメージだけが先行していた大豆イソフラボンですが、摂り過ぎは逆に健康・美容を害する恐れもあるのですね。普段の食生活の中で適量を守り、効果的な組み合わせで摂取していくことが安全に効果を得ることができるポイントです。
食べるタイミングや食材の組み合わせを考えて、大豆をうまく自分の体に利用していきましょう!!

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Dec 03.2019
大豆イソフラボンの効果【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
睡眠慣性とは【ヘッドスパ】

朝起きるのがつらいことありますよね。おすすめしたい平均の睡眠時間は7~8時間ほどです。
まず起きる時間を決めて、そこから逆算した寝るべき時間に就寝するのが理想的ですが、それが難しい人は、体内時計を整える習慣を1つでも多く身につけましょう。

<改善方法>
■カーテンを開ける
→朝日を浴びると、体内時計をリセットできる。

■起きたら布団の中で体をゴロゴロ
→人間の脳は、体温が上がると覚醒するので手や足を動かすとよい。布団の中で手をグーパー、足をバタバタ、体を左右にゴロゴロするだけでOK

■スヌーズ機能は1回限定
→朝のスッキリ感を損なわないため、スヌーズ機能は1回限定にしましょう。

■冷たい水で顔を洗う
→人間を活動モードにする交感神経が活発になるためで、一気に体の目覚めスイッチが入ります。

■音楽やラジオをかける
→耳からの刺激を受けると、脳が起きます。

■シャワーを浴びる
→朝は熱いシャワーを浴びるると交感神経が活発になるので、オススメ。

■水か柑橘類のジュースを1杯飲む
→朝、食欲がないときでもコップ1杯の水かジュースを飲むと胃腸が刺激されて、体が目覚めます。
■朝ごはんを窓際で食べる
→体内時計が整う朝日の入る窓のそばで、胃腸が目覚める朝食を取れば、スッキリ効果は倍増

■バランスの良い朝食
→よく眠れない、1日中だるいという人は、栄養不足が原因の場合も。

■SNSチェックは朝にする

2度寝する場合は、普段の睡眠時間プラス2時間までを目安にしてみましょう。

ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Dec 03.2019
睡眠慣性とは【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
カフェインの摂取量【ヘッドスパ】

コーヒーがお好きな方には身近なカフェイン。
カフェインと上手く付き合っていくには摂取量が大事になってきます。
栄養ドリンクなど、カフェインが多く含まれたエナジードリンクなどを毎日飲んでいませんか?
その結果、カフェインを摂らないと集中力が欠如したり眠気が抑えられなかったりすることはないでしょうか。
思い当たる節がある人は、実は慢性的なカフェイン中毒(依存)かもしれません。

では、適切なカフェイン摂取量はどのくらいなのか?
欧州食品安全機構が発表している「健康な成人が摂取しても問題ないと見なしているカフェイン量」の例として、体重60kgの成人の場合、1日の摂取許容量は342mgとなっています。
これはマグカップのコーヒー約2杯分です。

<カフェイン中毒の症状>
■頭痛、貧血、胃痛、体の冷え、落ち着きがなくなる、不眠になる

<改善するには?>
カフェインを完全に抜いた生活、または一日の摂取量を可能な限り制限する生活を実践し、体から過剰なカフェインを取り除くことを「カフェイン断ち」と言います。
できる範囲でカフェインをたくさん摂取する方は、量を減らせれるようにしていきましょう。
コーヒーやエナジードリンクなど、身近なカフェインも適切な量摂ることで健康とうまく付き合っていけるといいですね。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

 

Dec 03.2019
カフェインの摂取量【ヘッドスパ】
Dec 03.2019
早寝早起きのメリット【ヘッドスパ】

早寝早起きの効果やメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
昔から、早起きは三文の得と言いますよね。
確かに朝早く目が覚めると気持ちが良いですし、健康的というイメージがあります。

それでは、実際に早寝早起きをするとどの様な効果があるのかをご紹介していきます。

<早寝早起きのメリット>
■生活のリズムが整う
■朝食をしっかり食べる時間があるので脳が活性化する
■朝食をしっかり食べることでお腹もスッキリする
■心にゆとりが生まれる
■朝の時間を趣味に活かすことができる
■早寝することで肌の調子が良くなる

<早寝早起きのコツ>
■早起きより早寝を大切にする
■照明や光を見直してみる
■起床してからのお楽しみを作る
■早起きした時間を有意義に過ごす

早寝早起きのコツは決まった時間に布団に入ることが大事です!
最初は眠れないかもしれませんが、続けていくと次第に時間がきたら眠くなるので、ぜひ実践してみてください。

ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井

Dec 03.2019
早寝早起きのメリット【ヘッドスパ】
3 / 33312345...102030...最後 »