BLOG

Jul 30.2019
「睡眠と病気」【ヘッドスパ】

<腎臓病、肝臓病など臓器に関する病気>
慢性的な寝不足による生活習慣病がもとで
心筋梗塞や脳梗塞、狭心症など血管に由来する病気に発展することは明らかになっています。
腎臓は、「糸球体」と呼ばれるろ過装置の集合体に当たる臓器で
血液中の老廃物や不要物をろ過して尿とし、外部に排泄する役割を担っています。
ところが、睡眠不足による免疫力の低下が起きると、腎臓のろ過機能が低下し
不要物の排泄ができなくなって、さらに免疫力が低下する悪循環を起こして
各臓器に影響を及ぼします。
糖尿病や脂質異常症もその一例ですが、ほかにも風邪をひきやすくなったり
下痢や嘔吐をしやすくなったりする場合があります。
腎臓は身体にとってもっとも大切な臓器のひとつです。
腎臓が悪くなってくると、むくみや頻尿、夜間尿、だるさ
貧血などさまざまな症状が表れはじめ、急性腎障害や慢性腎臓病、腎不全などにつながり
場合によっては人工透析が必要になることもあります。
生活習慣病による肥満は、肝臓にもダメージを与えます。
肝臓は糖を貯め込んで分解し、グリコーゲンとして筋肉などにエネルギーを与えます。
しかし、炭水化物などの糖分やアルコール(これも糖分になる)を過剰摂取すると
肥満となり、肝臓に処理しきれない糖分が貯まって脂肪肝となります。
脂肪肝は肝機能を低下させ、さらにさまざまな肝臓病の原因となります。

<神経系統に影響を及ぼす病気>
慢性的な睡眠不足は、身体にストレスを与え、日中に眠気を感じたり
仕事に対する意欲の低下、記憶力の減退などが起きたりし
精神的にも大きなダメージを与えます。
その理由は主に体内ホルモンの分泌の乱れによる自律神経機能の異常です。

<うつ病>
うつ病の原因は、家庭内の問題、仕事上のストレス、人間関係の不振、環境の変化
慢性的な疲労などさまざまです。
うつ病の原因のひとつとして、睡眠障害が挙げられます。
心配事やイライラなどによって不眠症に陥り
そこからうつ病を発症するケースが多くみられるそうです。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ

Jul 30.2019
「睡眠と病気」【ヘッドスパ】
Jul 29.2019
「睡眠不足と病気」【ヘッドスパ】

<睡眠不足と直接関係がある病気>
睡眠不足が続くと、睡眠中に分泌される成長ホルモンの絶対量が少なくなるため
身体の細胞を修復したり新陳代謝を促したりすることができにくくなり
ホルモンバランスの影響で、病気にかかりやすい身体をつくってしまいます。

< 睡眠時無呼吸症候群>
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に喉の気道が塞がってしまうことより
10~20秒程度呼吸が止まってしまう病気です。
医学的には、この無呼吸状態が一晩の間に30回以上起きたときにSASと診断されます。
大きないびきをかくのが特徴で、睡眠中に苦しくなって何度も目が覚め
睡眠の質が下がって睡眠不足をさらに増長させてしまいます。
直接の原因はホルモンの異常による肥満です。
喉の回りについた脂肪が寝るときに気道を狭め、呼吸を一時的に止めてしまうのです。
SASは特に中高年の男性に多い症状で、肥満となるリスクが高く
メタボ体型となってしまうのです。
そして喉回りについた脂肪が睡眠中に喉を締め上げて
呼吸をしにくくさせ、睡眠の質を著しく低下させます。
起きたときには睡眠不足になっているので、体温が上がりにくくなります。
また睡眠中に酸素不足を起こしているために心拍数が上がり
脳や身体に負担がかかって午前中のパフォーマンスも低下します。

<むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)>
夜になると、足に虫がはっているような感じやかゆみがあり
気持ち悪さやイライラによって眠れなくなり、結果的に寝不足を引き起こしてしまう病気です。
睡眠が影響するというよりも、この病気によって睡眠が阻害されるという点で関連があるため
多少方向性が異なりますが、この章に分類しました。
むずむず脚症候群については、いまのところはっきりとした原因はわかっていません。
男性よりも女性、また若い人よりも中高年に多い傾向があります。
原因がわからないため治療も明確にはなっていませんが
基本的に規則正しい生活と睡眠、鉄分と鉄分吸収を促すビタミンCを含む
栄養バランスの整った食事、寝る際に明かりなどの刺激を避け
枕の高さや気温、湿度など眠りに落ちやすい状況を演出することが
改善方法として挙げられています。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

ブログ画像

Jul 29.2019
「睡眠不足と病気」【ヘッドスパ】
Jul 29.2019
皮脂について【ヘッドスパ】

○にきびの原因?
あごや鼻、おでこといった顔のTゾーンにできやすいにきび。原因は皮脂腺からの分泌物である「皮脂」の可能性があります。

○皮脂とは?
皮脂とは皮脂腺からの分泌物です。皮脂腺は血液から糖分など皮脂成分となるものを取り込んで皮脂をつくりだし、皮ふの表面に分泌します。皮脂は汗と混ざり合い皮脂膜となって皮ふの表面を覆い、水分の蒸散を防ぎます。
皮脂腺は、毛の生えているところにはどこにでもありますが、手のひら、足の裏にはありません。身体の中では、頭、顔、胸、背中、手脚の順で多く分布しています。

○皮脂の量の変化
皮脂の分泌量は、全身で1日平均1~2gですが、季節や年齢、環境などで変化します。気温が高いと多くなり、低いと少なくなります。思春期から分泌量が増し、20代前半をピークに次第に減少します。女性は閉経後にこの傾向が強く、それが肌あれやしわの原因のひとつになります。

○にきびの原因
皮脂腺は毛包とともにある器官です。毛包は皮ふの中にある毛を包みこんでいる部分です。毛包の種類は2つあり、1うぶ毛型毛包は、身体全体にあるもので、皮脂腺も毛穴も小さく、毛穴がつまることはありません。2皮脂腺肥大型毛包は、顔のTゾーン(額・鼻・あご)に多くあり、皮脂分泌力の強い毛包。毛穴がつまることがしばしばあり、にきびはこの皮脂腺肥大型毛包から発生します。

○にきびは「Tゾーン」に注意!
皮脂をたくさん出す毛包が多く集まっているのがTゾーン。毛穴をつまらせないように清潔にしておくことが大切です。また顔だけでなく、胸や背中にも多いので丁寧にケアをして行きましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

 

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Jul 29.2019
皮脂について【ヘッドスパ】
Jul 28.2019
「ビタミン」の働き【ヘッドスパ】

<疲れに良いビタミン>
・ビタミンB1
栄養素(主に糖質)をエネルギーに変える働きを持っています。
また、筋肉や神経の疲れをやわらげる働きもあります。
不足すると、エネルギーがつくられにくくなり、「疲れ」が生じ易くなってしまうので
気を付けましょう。
≪ビタミンB1を多く含む食材≫
豚肉、玄米、うなぎ、ニンニク

・ビタミンB2
栄養素(主に脂質)をエネルギーに変える働きを持っています。
不足すると、エネルギーの代謝がうまくいかなくなり、倦怠感(けんたいかん)を感じたり
疲れが取れにくくなったりします。
≪ビタミンB2を多く含む食材≫
卵、納豆、牛乳、ほうれん草、レバー

・ビタミンB6
栄養素(主にたんぱく質からつくられるアミノ酸)をエネルギーに変える働きを持っています。
また、中枢神経の働きを正常に保つ作用があります。
不足すると、食欲不振や貧血などの症状があらわれます。
≪ビタミンB6を多く含む食材≫
魚(まぐろなど)、鶏肉、レバー、バナナ

・ビタミンB12
栄養素(主にたんぱく質や脂質)をエネルギーに変える働きを持っています。
また、神経の機能を正常に保つ働きがあります。
不足すると、記憶力や集中力が低下し易くなります。
≪ビタミンB12を多く含む食材≫
レバー、魚(にしんなど)、貝(牡蠣など)、チーズ

・ビタミンC
エネルギーをつくるのに役立ちます。
また、細胞の酸化を防ぐ働きを持っています。体の免疫力を高める働きもあります。
≪ビタミンCを多く含む食材≫
いちご、レモン、キウイ、じゃがいも、ブロッコリー

・ビタミンE
細胞の酸化を防ぐ働きを持っています。
血液の流れを良くし、たまった疲労物質を運び去るのを助ける働きもあります。
≪ビタミンEを多く含む食材≫
アーモンド、大豆油、うなぎ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

newロゴ
ブログ画像渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町

Jul 28.2019
「ビタミン」の働き【ヘッドスパ】
Jul 27.2019
夏バテ、熱中症の予防法【ヘッドスパ】

疲れ、だるさ、食欲不振といった不調が現れる夏バテ
「暑気あたり」や「夏負け」と呼ばれることもあります。
暑いからといって、冷やしてばかりいると、夏バテを招きやすくなります。

体にやさしい夏場のエアコンの温度は28℃前後
外から戻った直後はつい低い温度にしたくなりますが、涼んだ後は温度を見直しましょう。
また、エアコンや扇風機の風が直撃しないよう気をつけましょう!

冷たいものを食べるのは、胃の中に保冷剤を入れるようなもの
胃腸が収縮するので、働きが低下します。
ランチにスープや味噌汁をプラスするなど、体の中に入れるものの温度アップを心がけましょう!
あんかけ料理やポタージュスープなど、とろみのあるメニューを選ぶと
胃の中に長くとどまるので、温かさが長持ちします。

夏バテと並んで、代表的な夏の不調である熱中症
「暑いから起こる」と思われがちですが
実は「汗を上手にかけること」が防ぐポイントで、運動する習慣が役立ちます。

暑い季節に慣れることを「暑熱順化(しょねつじゅんか)」と呼びます。
熱中症は、体温調節がうまくできず、体温が異常に上がることから起こります。
暑熱順化が成立すると、体温が低くても発汗できるようになるので
体温が上がりにくくなり、熱中症の予防につながります。
暑熱順化に最も有用なのは、軽く汗ばむ程度の運動です。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Jul 27.2019
夏バテ、熱中症の予防法【ヘッドスパ】