BLOG

Jan 05.2017
デスクワークでの座り方で気をつけたいポイント

・正しい座り方
まず背もたれとお尻がピッタリとつくようにして座ります。
そうすると、腰の骨が起きて90度の角度で座ることができるはずです。
膝、腕はそれぞれ90度前後で曲げるようにしましょう。
首は、デスクワークをしている人は常にパソコンの画面を見ているはずなので、
顎を引き正面にディスプレイが来るように、高さと角度を整えると良いでしょう。

・足を組まない
脚を組んでいると体が傾いている状態になっていますから、骨盤だけでなく、
インナーマッスルもバランスが悪くなってしまう危険があります。
もし足を組む癖や足を投げ出す癖があるなら、古い電話帳など、
足元にちょっとした踏み台を置いてみましょう。

・足の裏をつける
足の裏全体が地面についていないと、上半身の重さがすべて腰に集中してしまいます。
長距離の移動の際も、腰の痛みが気になる人は、ぜひ試してみてください。

・アゴを前に出さない
猫背の人は自然とアゴが前に出てしまいます。
すると猫背になり腰への負担がかかりやすくなり、肩こりの原因にもなります。
あまり力を入れてアゴをひくと肩こりや首こりを引き起こしますので、
肩や背中に力が入らないように注意しましょう。

・クッションを入れる
腰にクッションを入れると正しい姿勢になります。
背中が丸まらないようにしましょう。

・水分補給
座りっぱなしだとむくみが気になって水分を摂らない方がいますが、
水分を摂らないと逆に水分代謝が悪くなってむくみを酷くすることもあります。
ただし、冷たい飲み物は体や内臓を冷やすので、常温から少し暖かい程度の物をお勧めします。

・肩甲骨を動かす
肩甲骨を引き寄せて離す動作をゆっくり繰り返せば、自然と胸が上を向きます。

・椅子に座ったまま何かをしない
座ったまま足元の荷物を足で動かすこと、この動作も腰に大きな負担をかけてしまいます。

デスクワークの方は特に、肩こり、眼精疲労、頭痛、腰痛が不調として出やすくなっています。
日頃の姿勢からなるべく負担をかけないようにしてあげましょう。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 05.2017
デスクワークでの座り方で気をつけたいポイント
Jan 05.2017
女性のストレスと病気

<ストレスとは?>
ひとことで言えば、ストレスとは刺激のこと。「嫌だ」と思うこと。
世代別にも悩みやストレスは異なりますが、仕事や人間関係、恋人との別れや就職、
進学といったさまざまなものがストレスとなります。
また新しい仕事や結婚といった環境の変化も、ストレスのひとつ。
その他にも満員電車や騒音、暑さや寒さといった物理的な条件も含まれますので、
わたしたちは毎日膨大なストレスに囲まれた生活を送っているのです。

<ストレスが原因で起こる症状>
ストレスを受けると自律神経のはたらきによって体はディフェンス力をアップさせようとします。
しかし、大量のストレスで許容範囲を超えてしまった場合このはたらきが乱れ様々な症状として
体にあらわれてくるのです。
なかでも、・頭痛・肩こり・めまい・動悸・息切れ・吐き気・疲れやすさ
といった日頃から感じやすい症状は、ほとんどの場合がストレスが原因だとされています。
これを放っておくと、
胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの消化器系の病気や、
狭心症・心筋梗塞・高血圧・湿疹やじんましん・円形脱毛症・仮面うつ病など、
様々な病気を引き起こします。
多くの女性に認められるように月経周期が乱れたり無月経になることもあります。
自律神経は女性ホルモンとも深い関わりがあるので、
更年期の症状などと同時に大きなストレスを抱えたままでいると、
静脈効果や糖尿病を発症させたり症状の悪化を招いてしまう可能性もあるのです。

<上手なストレスコントロールを>
・ 「すぐに」気をそらすこと。
お気に入りの映画や音楽鑑賞といった手軽な方法をうまく利用して、
なるべく抱え込まないうちに解消することが何よりも大事です。

・ お風呂にゆっくりと入り体の緊張感をほぐすだけでもかなりのストレス解消となります。
時には少しハメをはずして、真面目な自分を解放してあげる時も必要ですから
エステやネイルといったワクワクする気分になれる時間も大切にしましょう。

お酒でのストレス解消はほどほどに。
男性よりも女性のほうが肝臓のダメージを受けやすいといわれているので、
逆にストレスを増やすような飲み方はせず適量で楽しむように心がけましょう。
深く悩み過ぎたり気落ちする前に、自分らしく上手にストレスをコントロールしていきましょう!

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 05.2017
女性のストレスと病気
Jan 05.2017
肩こり、首こりの「こり」とは?

<こりってなに?>
こりとは何らかの原因によって筋肉が正しく機能できない状態を言います。
具体的には筋肉の「弛緩」障害と言えるかもしれません。
筋肉には「収縮(縮む)」と「弛緩(伸びる)」という働きがあります。
筋肉の状態や、行いたい動作に応じて脳から命令が下され筋肉の収縮が起こり、
その目的が達成されたら弛緩するというのが正しい筋肉の働きです。

我々は何百という筋肉を上手く強調させながら1つの動作を達成しています。
しかし、長時間のデスクワークやスマホの使用などで、特定の筋肉に常に
「収縮」の命令ばかりが下るようになります。
すると、筋肉は弛緩することができなくなります。
あるいは、精神的緊張状態が継続すると弛緩できなくなるかもしれません。

このような事が日常的に起こると血流が悪くなり、筋肉の状態を把握し脳へ伝える受容器が
誤作動をはじめます。
必要のない時にも「収縮が必要」という刺激を脳へ伝え、
脳は常に特定の筋肉への収縮を命令するのです。
これが”こり”のはじまりです。

<原因>
こりは何らかの理由で筋肉がずっと収縮し血流が悪くなって、
持続的に収縮する命令が出されている状態です。
”こり”の原因を何とかしようとすると何らかの原因を突き止め、
何らかの原因に対してアプローチしなくてはならないのです。

<解消法>
肩こりの原因は人それぞれで且つ1つではありません。
姿勢を良くしても肩が凝っている、じゃあ顔は?顎は?足の状態は?内臓の状態は?

・寝ている姿勢
・枕の硬さ、高さ
・普段の姿勢
・血行改善
・ビタミン摂取

肩こりの原因の中の一つが血行障害です。
ビタミンEには、毛細血管を広げて血液の流れを良くする働きがあります。
ビタミンEを十分にとると、筋肉の活動に必要な栄養分や新鮮な酸素が運ばれ、
肩の筋肉の疲れがやわらぎます。
このように、肩こり対策にはビタミンB群とEをとることが効果的です。
肩こりを根本的に解消するためには、地道な対処の積み重ねによって、
肩こりの起こらない身体を獲得していきましょう。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 05.2017
肩こり、首こりの「こり」とは?
Jan 05.2017
末端冷え性の「かんたん改善法」

<末端冷え性の改善方法>

シャワーマッサージ

足先に冷水と熱めのお湯とを交互にかけることで、自律神経を刺激し、血管を鍛え、血行をよくします。入浴中にできる、簡単なシャワーマッサージです。

足の指先(足の甲には当たらないよう)に、40~43℃くらいのシャワーを1分間ほどあてる。
洗面器に冷水(氷水でも可)を用意し、そこに足先だけをつける。洗面器がない場合は、冷たいシャワーをあてる。
1と同じ温度、40~43℃くらいのシャワーを、再度1分ほどあてる。
これを数回繰り返し、最後は温かいシャワーで終了。

体を温めてくれるツボ

・三陰交(さんいんこう)

足の内側、くるぶしの一番上から指4本分くらい上(くるぶしから8cm程度上)にある、すね骨のすぐ後ろのツボです。

押し方:左右の親指を三陰交に重ねて「痛いな」と思うくらいの強さでじっくりと押します。深く呼吸をしながら、息を吐きつつ10秒押し、息を吸いつつ10秒。これを左右繰り返します。

ツボを押す以外には、温灸や、熱めのシャワーを数秒間当てて刺激をするのも効果的。ただ、繊細なツボなので押す力は控えめに。強い痛みを感じるくらいまでは押さないよう、気をつけてください。

・八風(はっぷう)

足の甲にあるツボ。足の親指から小指まで、5本の指の付け根の間部分です。

押し方:親指と人差指で八風の部分をはさむようにつまみ、ぎゅっと強めに押し揉みます。じっくりと押したら、ゆっくりとそのまま指を指先に向かってつまみ、引っ張って離します。これを1か所あたり10回程度行うと効果的です。両足を続けて刺激しても温かい実感がない場合は、もう一周続けてください。

・湧泉(ゆうせん)

足裏のツボで、土踏まずの少し上、中央あたりにあります。足の指を曲げると少し凹むところなので、足裏を観察しながら見つけてください。

押し方:両手の親指を重ねて、ギュッと強く押します。このツボを押すときも、ゆっくりと深く呼吸をしながら。息を吐きながら5秒、息を吸いながら5秒、じっくりと押してください。お風呂上がりなど足の裏が温まっているタイミングがおすすめです。
ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

市毛さゆり

Jan 05.2017
末端冷え性の「かんたん改善法」
Dec 30.2016
排卵痛が起こる原因とは、、

排卵痛とは、排卵日の前日・翌日を含めた約3日間で、卵巣付近に感じる痛みを指します。排卵痛の症状や程度には個人差があり、痛みをまったく感じない人もいれば、治療が必要なほどの痛みに襲われる人もいます。

生理が28日周期で起こる人であれば、生理が始まってから13~15日後あたりに現れます。その時期に痛みが現れたときは排卵痛を疑ってください。

<排卵痛の原因>

・排卵前の腫れ

卵巣内の卵胞が成熟すると卵子が排卵されます。卵胞は成熟すると大きくなって少し腫れたような状態になるため、その腫れが原因でチクチクとした痛みを感じることがあります。排卵後に腫れは引いていくので、痛みも次第に治まります。

・排卵時の痛み

卵胞から卵子が飛び出すときに細胞を突き破るので、その痛みを感じることがあります。卵胞はとても小さな細胞ではありますが、人によっては突き破られたときの痛みを感じ取ります。

・排卵後の出血による痛み

排卵時に卵巣内に傷がついて出血することがあります。これは「排卵出血」と呼ばれ、体に悪影響をおよぼすものではありませんが、引きつるような軽い痛みを伴うことがあります。

排卵痛の痛みは、個人差があります。生理痛のように下腹部全体がズーンと重くなる痛みを感じることもあれば、チクチク・ピリピリという軽い痛みが現れることもあります。

卵巣に痛みを感じるため、左右どちらの卵巣で排卵が起こるのか次第で、痛みが現れる場所も変化します。稀に腰痛や頭痛といった症状が出ることもあります。

また、排卵痛にともなって排卵出血が起こると、おりものに少量の血が混じることがあります。粘り気のあるおりものに血が混ざってピンク色に変化しますが、出血は長くても2~3日で治まります。

排卵痛や排卵出血によって排卵日をある程度特定することができますが、排卵日付近には様々な症状が起きます。

日頃から基礎体温を測ることで身体のリズムを知り、排卵日を特定できます。

ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

市毛さゆり

Dec 30.2016
排卵痛が起こる原因とは、、
955 / 955« 先頭...102030...951952953954955
最新の記事
【本日のクライアント様 vol.712 /ヘッドスパ】 【本日のクライアント様vol.709/ヘッドスパ】 【抜け毛予防/ヘッドスパ】 【便秘改善マッサージ/ヘッドスパ】 【本日のクライアント様 vol.711 /ヘッドスパ】