Feb 14.2020
自分で出来る疲れ目の改善【ヘッドスパ】

・食事、睡眠、目のケア。自分でできる疲れ目の改善!
目の疲れを感じたら、温かいタオルを10分程当てるなどして、目を温めると疲れ目の改善に効果的です。

ドライアイは、涙に含まれる油分がマイボーム腺に詰まることで油分の分泌が少なくなり起こることがあります。目を温めることで目の筋肉の血流を促し、詰まっていた油分が溶けだしてドライアイが改善されることもあります。

疲れ目対策として積極的に摂りたい栄養素は、網膜(眼球の内面を覆うスクリーン)内で光を感じる物質ロドプシンの材料になるビタミンA、強力な抗酸化作用があるビタミンCやE、筋肉の疲労をやわらげるビタミンB12(牛・豚・鶏のレバー、カキ、さんまなど)です。また、青魚に多く含まれるEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸はマイボーム腺を正常化するといわれています。

十分な睡眠は、酷使した目の疲れをとるだけでなく、ドライアイの誘因となるストレスの解消にも有効です。良質な睡眠を得るために、寝る前のパソコン作業やスマホ操作を控える、就寝前にコーヒーや緑茶などのカフェインを含む飲み物は避けるなどを心がけましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
武田 遼太郎

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#代官山#安い#人気#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#頭蓋骨矯正#漢方#漢方アロマ#マッサージ#ヘッドマッサージ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町