BLOG

Jan 20.2017
「冬季の眠気」と「副交感神経」

寝ても寝ても眠い。
夜の睡眠もしっかり寝れていて、これといって睡眠障害もない。
そんな方が冬季増えてきています。(特に女性)

ではこの眠気はどこからくるのか、
原因はなんなのかを説明していきます。

<副交感神経優位で眠くなる>
人間には日中、活動したり考えたりするときに必要な交感神経と
睡眠や身体の疲れを回復させるのに必要な副交感神経があります。
交感神経は緊張したときや体の活動が活発な時に優位になり、
副交感神経はリラクッス状態の時に優位になります。

交感神経が優位な時は心臓の鼓動が早くなり、体温と血圧が上昇します。
戦闘モードになると言えば分りやすいでしょうか。
スポーツをやっている最中などがその状態です。

副交感神経が優位になると心臓の鼓動は穏やかになり、胃腸の働きが活発になります。
胃腸の働きが活発になると消化・吸収が促されることになるのでトイレが近くなります。
気持ちもリラックスモードになり眠くなります。

余談ですが、交感神経が活発になると胃腸の働きが弱くなります。

これらを踏まえて「寒くなるとなぜ眠くなるのか?」ですが、
基本的に寒くなると交感神経の方が活発になります。
しかし、冬は部屋の中は暖かいことが多く、
職場や家なども寒く感じない温度に設定されていますよね。
心地よい空間(リラックスできる空間)で、気持ちよくなり副交感神経が活発になります。
結果、眠気を誘いやすくしてしまいます。

・目覚めに必要な朝の光が足りない
人間の体は、朝、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、覚醒が促されます。
冬は窓から差し込む光の刺激がない分、冬の朝は目覚めにくいのです。
・目覚めに必要な体温上昇がうまくできない
眠りのリズムには、体温の変化も大きく関わっています。
体温が下がるタイミングで眠気が起きます。体温が下がると深い眠りに。
そして、体温が上がることで目覚めに向かいます。
気温の低い冬の朝は体温が下がったままの体では、なかなか目覚めることができないのです。
・冬は冷えがひどくなる冷えによる睡眠の質の低下
多くの女性が悩まされている「冷え」。
気温が下がる冬は、冷えの症状もますますひどくなります。
冷えは睡眠にも大きく関わっていて、
冷えがひどい状態では質のよい睡眠を得ることはできません。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAM

櫻井 結架

Jan 20.2017
「冬季の眠気」と「副交感神経」
Jan 20.2017
「甲状腺」の病気

<甲状腺の働き>
甲状腺の病気の検査人の体ではさまざまなホルモンが作られ、
甲状腺は食物に含まれているヨウ素(ヨード)を
材料にして甲状腺ホルモンを合成する内分泌器官です。
食物から摂取されたたんぱく質、脂肪、炭水化物は体の組織を作ったり、
エネルギーになったりしますが、甲状腺ホルモンは
このような新陳代謝の過程を促進する作用があります。

甲状腺の病気にかかると以下の様な症状が現れます。
チェックリストの症状にいくつも当てはまるようでしたら、甲状腺の病気を疑ってみましょう。
<甲状腺の病気チェックリスト>
・のど仏あたりが腫れている  ・食欲はないけれど太ってきた
・目が突き出してきた  ・目が覚めると、手足がむくんでいる
・動いていないのに心臓がドキドキする  ・体が重く、だるいことが多い
・手の指が震えることがある  ・昼間に眠くなることが増えた
・暑がりで、喉が乾きやすく、汗をよくかく  ・脈がゆっくりで弱い
・食べているのに体重が減った  ・生理が不順になっている
・イライラしやすい  ・首にしこりができた
・体がすぐに冷えてしまう  ・乾燥肌が気になりだした

<甲状腺の病気>
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺機能低下症/橋本病
亜急性甲状腺炎
良性腫瘍
甲状腺がん

<予防>
・ストレスをためない
甲状腺機能低下症は、自己免疫異常によって起きる病気で、ストレスも原因の1つです。
また、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)も自己免疫疾患のひとつで、
いまだに原因がよくわかっていませんが、ストレスも原因の1つと言われています。
ストレスは、病気の引き金ともなる活性酸素を過剰に発生させます。
つまり、活性酸素を除去するための抗酸化力のある食品などを摂取することが有効です。

・免疫力を高める
甲状腺の代表的な病気、バセドウ病や橋本病は自己免疫疾患ですが、
ストレスなどによる免疫の低下が引き金となって発病する事が多いため、
免疫力を高めることが病気の予防や改善につながります。

・制限が必要な食品に注意
甲状腺の病気ではヨウ素(ヨード)制限が必要な場合がありますので、
食べ物については医師と相談する必要があります。KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 20.2017
「甲状腺」の病気
Jan 20.2017
生理中の「眠気」

生理前、女性にはさまざまな体の変化が訪れます。
頭痛にむくみ、イライラや憂鬱など、不快な症状を挙げたらきりがありません。
中でも多くの女性が感じているのが、眠い・だるいといった症状です。
「いつものように頭がシャキッとしない」
「異常な眠気で仕事も家事も集中できない、やる気がでない」
そう感じた数日後に生理が来た、そんな経験をしたことがある女性は少なくないはずです。

<生理で眠いと感じる原因>
生理で異常な眠気に襲われる原因はひとつではありません。
個人差はありますが、以下のような原因が考えられます。

・女性ホルモンの黄体ホルモンが増えるため
生理の1~3日目は女性ホルモンの一種、黄体ホルモン(プロゲステロン)が増量します。
黄体ホルモンによる眠気は、睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)に匹敵するとされています。
・貧血
貧血により体中に酸素を届ける血液が不足すると、脳が疲労して眠気が起こります。
・栄養不足
生理中、今後の妊娠に備えた新たな卵子を作るため、子宮に多くの栄養が運ばれます。
これにより、体全体が栄養不足になり、低血糖となって眠気が起こる可能性があるのです。
・夜に熟睡できない
生理中はイライラとストレスを抱えがちに。
その結果、体が緊張状態になり熟睡ができず、昼間は眠いという結果になることもあります。
・基礎体温が下がるため
生理前は高温期にあった基礎体温が、生理を迎えることで低温期に入ります。
基礎体温の低温化は睡眠の質を下げ、その結果、慢性的に眠い状態が続くことになります。

<こんな人がなりやすい!>
・鉄分不足
鉄分の摂取が不足していると、生理中に眠いと感じる傾向が強くなります。
慢性的な肩こりや倦怠感、頭痛がある人は鉄分不足の可能性があります。
・ストレスが多い
過剰なストレスはホルモンバランスの乱れを生み、生理中の眠気の要因となります。
毎日リラックスした時間を設けるよう、生活サイクルを見直してみましょう。
・寝る直前までスマートフォンやパソコンを使用している
脳に刺激を与えてしまうスマートフォンやパソコンを就寝の直前まで使用することは
睡眠の質を低下させることになりうるので控えましょう。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 20.2017
生理中の「眠気」
Jan 20.2017
「睡眠」と「頭痛」

<寝不足、寝すぎて頭が痛くなる理由>
あまり寝ていない次の朝、後頭部に鈍痛がある。
こんな経験がある方いらっしゃると思います。
仕事が差し迫り数時間しか眠らない日が続くと後頭部が痛み始めます。
脳は眠たいのにむりやり体を起こしている。
このアンバランスさが体にストレスを引き起こします。
そしてこのストレスが緊張型頭痛へとつながってしまうのです。

寝不足を補おうと長く寝ても頭痛が出る場合があります。
睡眠中は当然体も休息中です。
しかし、必要以上に眠ってしまうと脳の血管が普段以上にゆるんでしまい、
神経を刺激してしまいます。
寝過ぎも体にとってはストレスになります。
この普段と違う血流が片頭痛をもたらしてしまいます。
後頭部のズキンズキンとする痛みは
この片頭痛のせいなんです。

<朝起きると肩や首のハリやコリの理由>
そのコリは合っていない枕が原因かもしれません。
テレビを寝ても見ることができるようにと、高い枕をお使いではないですか?
逆に低すぎる枕もあごが上がってしまい首や肩に負担がかかるようです。
筋肉のコリが緊張型頭痛を招いてしまうので
自分にあった枕をお使いになることをおすすめします。

寝不足の皆さんはゆっくり体を休めましょう。
15分でもいいので昼寝をすると体力回復しやすくなります。
寝過ぎの皆さんは体がびっくりしないように、少しずつ動くようにしましょう。

<改善方法>
・生活習慣を見直してみましょう
睡眠時間、食事の量や回数など、見直すべきところはありませんか?睡眠は長すぎず短すぎず、
7~9時間が理想です。
食事は、1日3回しっかり食べるようにしましょう。

・ストレスを上手く発散しましょう
過労や緊張によって、自覚がなくストレスが溜まる場合があります。目や首を温めたり、先程紹介したツボを押したりして、少しずつストレスを解消していきましょう。

・自分にあった枕や寝具を使いましょう
寝具の中でも枕が重要だと考えます。
睡眠時間7~9時間、重い頭を預けるため、合わないものを使用していると
首や肩にも影響が出てきてしまいます。
快適な睡眠をとるためにも、体にあった枕を使用しましょう。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 20.2017
「睡眠」と「頭痛」
Jan 20.2017
「頭痛」の種類 続

<緊張型頭痛>
・突然頭痛がおこり、頭を締め付けるような重い痛みが出る
・1度頭痛がおこると、30分から1週間程度、締め付ける頭痛が継続する
・首や型のコリがある
緊張型頭痛は、首や肩のコリが主な原因です。
首や肩のコリは、日頃のストレスやあなたに合わない寝具を使用していること、
同じ姿勢で作業をしているなどの理由により悪化していきます。

首や肩のコリが起こることで、睡眠中に脳へ循環する血液量が減少します。
その際、脳がセロトニンというホルモンを分泌します。
このセロトニンには脳を拡張させる作用があるため、寝起きに頭痛が起きてしまうのです。

精神的ストレスは、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすことがあります。
神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまうのです。

緊張型頭痛には、
・反復性緊張型頭痛:ときどき頭痛がする
・慢性緊張型頭痛:ほぼ毎日、しかも3カ月以上に及んで頭痛が続く
という2つのタイプがあり、治療法や対処法が異なる場合もあります。

<対処法>
・ゆっくりと入浴して、肩や首の血液の循環を良くする
・あなたに合う枕を用意する
・仕事している時は長時間同じ姿勢で作業せず、ストレッチをいれる
・頭痛が起こったときには、適度に体を動かして筋肉をほぐしたり、
マッサージや入浴によって血行を促すようにする。
あなたに合っていない枕は、肩や首のこり、腰痛の原因になります。
ストレスをためないように、発散方法を用意したり、質の高い睡眠をとるようにしましょう。

一方、痛みが毎日のように続く「慢性緊張型頭痛」は、
鎮痛薬を使用してもあまり効果はありません。
にもかかわらず、痛いからといって気休めで毎日のように鎮痛薬を飲むことにより
薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)を起こすことがあるので、注意が必要です。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

Jan 20.2017
「頭痛」の種類 続
最新の記事
【本日のクライアント様 vol. 764 /ヘッドスパ】 【夏に起こる冷え症/ヘッドスパ】 【夏の食欲不振/ヘッドスパ】 【本日のクライアント様vol.763/ヘッドスパ】 【ストレスによる不調/ヘッドスパ】