Jan 14.2020
ビタミンDの効果【ヘッドスパ】

まもなく一年でもっとも日が短い冬至を迎えますね。
日照時間が短く寒いと、気分もふさぎがちになります。
年末にかけて仕事の忙しさなども加わり「冬季うつ病」にかかる人も多いです。
晴れた日は戸外に出て日光を浴び、不足しがちな栄養分を温かい食べ物で補うなどして上手に乗り切るコツをご紹介します。

<効率よくビタミンDを補うには>
◯屋外に出て日を浴びることが大事
→1日1度は外に出て散歩をする、通勤の際に一駅前の駅で降りて歩く、
休憩中に日光浴をする時間を設けるなどして、
1日15分を目安に日にあたる習慣を身に付けましょう。

◯食事からもビタミンDを意識的に取り入れる
→サケやマス、サンマやイワシなどの魚類や、きのこ類にも豊富なので、 なかなか日に当たる時間がなかった時や、天気が悪い時、
日照時間が短い冬の時期には意識的に摂取してみてください。

注意点として覚えておきたいのは、ビタミンDは体内に溜めておくことができない点です。
たまの週末にまとめて日に当たったところで、ビタミンDを十分補うことはできません。
逆に肌や健康への悪影響が懸念されるため、極端なことはしないようにお気を付けください。

特に日照時間が短く、外に出るのが億劫な冬は不足しやすいですから、
なるべく外に出て太陽光を浴びることや、食事からビタミンDを取り入れることを心がけてみてくださいね。

ビタミンDは万病を予防するスーパービタミンです!
日頃から十分な量を補うことを意識して、この冬を元気に乗り切りましょう。
ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
鈴木由利香