Jun 28.2021
【足のほてり/ヘッドスパ】

・疲労の蓄積

1日中歩き回ったり立ち仕事が多い人などは、特に足の筋肉を中心に疲労が蓄積してしまうため、
血の巡りが足の底で停滞しがちになり、そこに熱を持ってしまいます。

・自律神経の乱れ

ストレスや更年期、外と室内の寒暖差などが原因で自律神経が乱れて体温を調節する機能がうまくいかなくなり、体表や足の裏にほてりが生じます。

・内臓の冷え

冷たい物や水分の取り過ぎで内臓が冷えてくると、体の中を守るために一定の温度を保っていた熱が体表へと向かい徐々に逃げて行ってしまい、
いちばん各臓器から離れたところにある手や足の裏が熱を帯びてしまいます。

・冷えの進行によるほてり

冬などは寒さに晒されやすい末端の手や足を、体は防衛反応により熱を集めて冷えから守ろうとします。
ところが、冷えが進むことで血管が収縮して血行不良になり、本来なら心臓に戻るべき血液が足の裏に滞ってしまい、そこに熱がこもる現象を起こしてしまいます。

加えて人の体は、就寝時にその深部体温を下げようと、熱を手や足の先などの末端から体外に発散させる働きがありますが、
冷えて血流が悪くなりさらに血液が滞ってしまうとなると、足の裏は異常に熱くなり、なかなか眠れなくなってしまいます。

日頃から冷え過ぎが熱を生むことをイメージしながら冷たい物の摂取を控え、不摂生や過労、体を冷やす行動を避けてマッサージやストレッチなどで血流を良くする事を心掛けましょう。

そんな方にはこちらのメニューがおすすめ
《身体の中から温活ヘッドスパ》

是非KALEN式ヘッドスパで体質改善しましょう。

【漢方アロマヘッドスパ】

KALEN 代官山本店
150-0033
東京都渋谷区猿楽町26-2sarugakuF棟B1F
03-6277-5487

KALEN 自由が丘店
152-0035
東京都目黒区自由が丘2-11-10パルシード5F
03-5726-9722

KALEN 表参道店
107-0062
東京都港区南青山3-18-19東亜バッヂビル3F
03-6447-2899

Instagram/@kalen_tokyo

HP/http://kalen-tokyo.com
甲斐千明

ブログ画像

#代官山#渋谷#中目黒#恵比寿#目黒#自由が丘#武蔵小杉#横浜#表参道#青山#外苑前#銀座#ヘッドスパ代官山#ヘッドスパ自由が丘#ヘッドスパ表参道#ヘッドスパ専門店#整体#骨盤矯正#小顔#コルギ#マタニティー#肩こり#マッサージ#脱毛#よもぎ蒸し#ハイフ#リンパ#足つぼ#ハイパーナイフ#小顔矯正#リンパマッサージ