Jun 14.2017
体温が低い原因 2

自律神経の乱れ

日常生活の中で自律神経の乱れが起こる可能性として高いのが

エアコン

夏場などは特にクーラーの効いた場所にいることも多いと思います。
室内は20℃なのに外に出ると35℃の気温だったとすると、その温度差は15℃にも及びます。

そうすると、体温を調節するために自律神経は大忙しになります
20℃の寒いところでは体温を上げる作業をしていたのに、
急に気温35℃の暑いところに出ると、いきなり体温を下げる作業をしないといけなくなります
そうやって体温を調整しようとしているのですが
これが何度も何度も続いてしまうと自律神経が乱れやすくなってしまいます

これが低体温の原因に繋がる可能性も考えられます。

ストレス

ストレスも自律神経の乱れに関係することが言われています

ストレスによって受けたダメージを副腎から分泌されるホルモン(コルチゾール)によって
軽減させてきたのに、ストレスの慢性化や蓄積で狂いが生じる可能性が考えられています
しかし、生活の中でストレスを感じない人なんていませんよね
ですので、なるべくストレスを溜めないようにすることが大切になります。

姿勢の悪さ

姿勢の悪さが体温の低い原因になるのか?
と感じる方もおられると思いますが
姿勢が悪くなることで血流が滞りやすくなります
また、姿勢の悪さが、慢性的な筋肉の緊張を招く可能性もあります

血流に異常が出てくると血の巡りが悪くなるということなので
十分に必要なところに血液が回りにくくなったりすることがあります

肩こりや腰痛に繋がる要因の一つに姿勢の悪さが考えられますが
体温が低い原因ともなりうる場合もあります。

タバコ

タバコは血行、血流の流れを悪くする可能性があるため
それによって体温が低い原因にもなりやすくなります。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

 

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#

Jun 13.2017
体温が低い原因 1

私たちの体温は、一般的には36.0℃~37.0℃あたりの体温で生活が理想とされています
体温が低い原因は、何が関わっているのでしょうか?

筋肉量の低下(運動不足)

低体温の原因として考えられる可能性で、かなりの割合を占めていると言われているのが
筋肉量の低下(運動不足)になります

筋肉量が低下することで基礎代謝の低下につながりやすくなります
基礎代謝が落ちると消費エネルギーも少なくなり脂肪がつきやすく
高血圧や糖尿病に繋がる可能性もあります

筋肉量が少ない、低下するといったことは、
熱を生み出すのに大切な筋肉が少ない、少なくなるということが
体温が低い原因を作ってしまうことに繋がりやすくなります

食生活の乱れ

食生活の欧米化は、何年も前から話がされていることでご存知だと思いますが
何かと便利になった代わりに、食生活の乱れも深刻な問題になってきています

食事のバランスが悪く、脂肪や糖分の摂り過ぎが
体内エネルギーを作る上で大切な栄養素(ビタミン、ミネラルなど)の不足を招いたり
脂肪が溜まって基礎代謝が低下することで、
体温が低い原因を作る可能性もあります

また、飲み物に関しても冷たいものを飲み過ぎたりしていると
体温が低い原因の一つとも考えられています。

睡眠不足

睡眠はやはり、
「夜に寝て朝起きる」
と言った基本的なリズムが、
太陽の光によって活性する細胞との兼ね合いなどから
人間が活動する上で最も良いリズムになります
しかし、現代のようなあらゆる職種や生活リズムによって
この睡眠のリズムも人それぞれかなりの変化が見られます

また、夜遅くまで起きていたり
質の良い睡眠が上手く取れていなかったりする
睡眠不足もいまでは問題視されています。

この睡眠不足や睡眠のリズムの乱れは
人間の正常な自律神経のバランスを崩すことに繋がる可能性もあります
それによってうまく体温調節ができなくなることで
低体温に繋がる原因としても考えられます。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#

Jun 13.2017
本日のクライアント様 vol.115

本日のクライアント様

首、肩のこり
頭痛
冷え
よく冷たい物を摂る
胃のもたれ

日頃の不規則な食生活と冷たい飲食物の摂取からくる、胃のもたれと
そこから内臓の冷えによってくる身体の疲れや、頭痛の症状がある方でした。

不規則な食生活や暑くなってきて冷たい物の過剰な摂取は胃の負担になりやすくなります。
また、過剰な冷たい飲食物の摂取は身体を冷やしやすくなり
内臓の冷えにも繋がりやすくなります。
すると、胃や腸の機能が低下しやすくなり、血行促進や疲労回復に必要な栄養が不十分になり
身体が疲れやすくなったり、身体の巡りが滞ることで肩こりや頭痛が出てきやすくなります。

なので、なるべく身体を冷やすものは避け
身体を温めるものを摂取するように心がけると良いでしょう。
身体を温める効果のある生姜が唐辛子などを摂るのも効果的になります。
また、内臓に負担をかけないように食べることも大切になります。
よく噛んで食べることや、深夜の食事は控える
腹八分目を心がけるなど意識するだけでも内臓の負担が軽減しやすくなります。

また、なるべくシャワーだけの入浴を避け、ゆっくりと湯船に浸かり
身体を温めることも効果的になります。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

 

Jun 13.2017
本日のクライアント様 vol.114

本日のクライアント様

夢をよく見る
眠っても疲れがとれない
イライラしやすい
目の疲れ
食生活が不規則

睡眠の時間はとれているが最近夢をみる事も増え疲れがとれず、身体の倦怠感にお悩みでした

睡眠にはリズムがあって「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という2種類の睡眠があり、

レム睡眠とは体は休息しているが脳は覚醒している眠りが浅い状態
ノンレム睡眠は脳も体も休息している眠りが深い状態

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠が約90分のサイクルでくり返されていて
夢を見るときは浅い眠りである「レム睡眠」のときといわれています

睡眠中は必ず夢をみていますが、覚えているかいないかがとても重要です
起床前の睡眠が浅くなっている時にみるもの
質が悪く、途中で目が覚めてしまい睡眠がとぎれる場合

後者の場合は良い睡眠がとれていない状態です
睡眠はストレス、不安や心配事などちょっとした事でも質が悪くなる原因に!
睡眠時間が長くとれない方もいかに質の良い睡眠をとるかがとても大切です

今回はをWOODとHEATをベースに、リラックス効果をより高めるブレンドで施術もさせていただきました!

睡眠前は身体の緊張をほぐし、緩めてあげる事
食事は朝はなるべくたべるようにしましょう!
特に大豆には「トリプトファン」という成分が入っていて、これを摂ると「メラトニン」という成長ホルモンに変化します
メラトニンは、夜になるにつれて自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれていてます
メラトニンは体を修復するためのホルモンなので大豆製品に含まれるメラトニンが深い眠りにつく
ノンレム睡眠の働きを高めてくれるので、大豆製品はおすすめです

眠っても疲れがとれない、夢をみることが多くなった方は睡眠を見直してみましょう

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
菰原路子

KALEN ロゴ
渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉

Jun 13.2017
本日のクライアント様 vol.113

本日のクライアント様

目の疲れ
首、肩のこり
頭痛
寝不足

お仕事での細かい作業からくる目の疲れや首、肩のこり、それが原因で頭痛の症状がある方でした。
また、寝る直前までスマホやテレビを見たり、考え事をしたりしていると
交感神経の方が活発に働き、寝付きの悪さや、筋肉が緊張して慢性的な身体の疲れとして
症状が出てきやすくなります。
なので、なるべく寝る直前までのスマホやテレビなどは控えめにして
身体をゆっくりとリラックスさせてあげることが大切になります。
目の疲れを解消する方法として
蒸しタオルなどで目や首を温めてあげることがおすすめになります。
目や首を温めて血行を良くしてあげることで、目の疲れや血流の滞りからくる頭痛の改善にも繋がりやすくなります。
また長時間の作業中など、適度に目を閉じたり、遠くを眺めたりすることも
目の疲れの解消に繋がりやすくなります。
ご自身で簡単に出来そうなものから取り入れてみると良いでしょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町