Mar 24.2019
食事からの冷え対策 【ヘッドスパ】

体を温める食べ物・冷やす食べ物、賢く選ぶことが体温管理につながります。

【食べもの、飲みものの温度が「冷え」の原因に】

私たちが歩いたり、何か運動をしたりするのも、さらには心臓が動いているのも
食べ物からの栄養をエネルギーに変えているからです。
この化学反応は「代謝」と呼ばれますが
代謝で生み出されるエネルギーの75%以上は熱となり、体温の維持に役立てられています。
しかし胃や腸などの消化管内では、消化が行われる際に
入ってきた飲食物を、温めることによっても熱が消費されます。
このため飲食物の温度も体の「冷え」に大きくかかわってきます。

【できるだけ温かいものを口にする】

冷え性を防ぐには体の熱を保持する必要があるため
物理的に温かいものをとることが望ましいといえます。
とくに冷蔵庫から冷たい清涼飲料やビール、氷やアイスクリームなどを
自由に出して食べられる生活環境となっているため、注意が必要です。

【体温の日内リズムの中で、朝食はとても重要】

日常生活での体温は、夜間には低く、早朝に最低となり
起床・朝食後に急激に上昇し、その後もゆるやかに上昇して
夕刻前に最高になった後、ゆるやかに下降するという形で変動します。
睡眠中は代謝も低下しており、朝食は1日の活動に向けて代謝を高め
体温を上昇させるという意味からも、とても大切です。
毎朝の食事は規則的に、温かく消化のよい飲食物を摂取することが大切です。
昔ながらの朝がゆや雑炊、味噌汁とご飯などが理想的です。
また、くだものなどは、体温の高い日中に食べるとよいでしょう。

【無理なダイエットが招くエネルギー不足】

成人した女性は、男性に比べて、筋肉量が10%ほど少ないため
体内で作る熱の割合もそのぶん低くなっています。
適正な体重で、適度な筋肉と体脂肪を保つことは
女性が体温を維持するために欠かせないことです。
無理なダイエットによる摂取エネルギー不足と、筋肉・体脂肪の減少
その結果としての女性ホルモンのアンバランスだと考えられています。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Mar 24.2019
「二日酔い」とは【ヘッドスパ】

「二日酔い」とは
飲酒によって起こる「脱水症状」と「低血糖」が原因で起こる
不快な状態のことを言います。

<日常の原因>
アルコールを分解する際にできる有害物質、アセトアルデヒドを代謝しきれず
体内に残ってしまうと、頭痛、吐き気や嘔吐、体のほてり
のどの渇きなどの不快な症状を感じます。
また、アルコールを代謝する際に大量の水分が消費され
脳を保護する髄液が減少する低髄液圧症候群となり頭痛を感じることもあります。

<予防法>
1、お酒を飲む前に肝機能を高める食品やサプリメントをとる
ウコンを含むサプリメントやタウリンを含む栄養ドリンク剤などを飲酒前にとることで
胆汁の分泌を盛んにし、アルコールの代謝機能を高めるといわれています。
また、たんぱく質にも肝機能を活性化させる効果があるため
牛乳などの乳製品を事前にとると二日酔い予防に役立ちます。

2、二日酔いを防ぐおつまみを一緒に食べる
枝豆やじゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれ、悪酔いや二日酔いを防ぐ作用があります。
また、おくらや長いも、なめこなどのネバネバ食材には
胃や腸の粘膜を保護するムチンが含まれています。
その他、アセトアルデヒドの分解をサポートする梅や
肝機能を強化するしじみやゴマも二日酔いの予防に有効な食材といわれています。

3、水分を補給する
肝臓でアルコールを代謝するときには水が必要となります。
また、二日酔いの頭痛は脱水症状などが原因で起こります。
そのためアルコールを大量にとりすぎたときには、十分な水分補給が大切です。
ただし、水分だけを補給しても尿として排泄されるため
水分を体に保持する適量の塩分と一緒にとるようにしましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

櫻井結架
ブログ画像

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津

Mar 23.2019
飲食後の「空腹」【ヘッドスパ】

飲酒後にラーメンやアイスクリームが食べたくなるのは、
アルコールが食欲にかかわる脳の神経細胞に
作用することが原因という研究結果が発表されました。

アルコールが食べ過ぎの原因になることは以前より知られていましたが
その理由は明らかにされていませんでした。
そもそもアルコール(エタノール)はカロリーが高いため
普通に考えれば摂取によって食欲が抑えられるはずなのですが
今回の研究結果によるとアルコールには
脳内で食欲や飢餓状態を引き起こす神経を活性化させ
食欲を増進させる作用があることが分かったそうです。

アルコールを摂取した日は、健康的な食事を食べない傾向にある
ということが指摘されています。
アルコールを摂取すると、赤い肉類や脂肪分の多い食べ物を食べる傾向があり
乳製品や果物を食べなくなるのだとか。

真剣にダイエットに励んでいる人は、誘惑に打ち勝つ強い意志が必要とされそうです。
ただ、ストイックになりすぎてもストレスがたまってしまうので
あくまでお酒の量に気をつけながら楽しみたいですね。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Mar 22.2019
女性の不調 対策【ヘッドスパ】

1.我慢しすぎない
月経痛や更年期症状などで体や気分がつらい状態なのに
我慢して働かなければと考えている女性は非常に多いのが現状です。
痛み止めの薬を飲む、休養をとるといった対処を早めにしましょう。
また、体調不良があれば、気軽に産婦人科を受診してみてください。
月経に伴い決まって起こる症状であれば、それは治療の対象です。
ホルモン剤や漢方を上手に使ってコントロールすることも可能ですから
積極的に産婦人科に相談してください。

2.正しい情報を積極的に取り入れる
自分の体をいたわるには、女性の健康について正しい知識を得ること
そして日々の体の変化を意識することが大切です。
コミニュティやツールも活用して、不安を解消したり
適切な対処をしたりしていくことをおすすめします。

3.自分の体の状況に合わせて行動する
女性の心と体は女性ホルモンの影響を強く受けます。
それに逆らうのではなくむしろ女性ホルモンが作り出す状況に
自分を合わせて行動するという考え方を持っておくと良いと思います。
たとえば、月経前に必ずイライラしてしまう人は、それに合わせて早めに睡眠をとったり
好きなものを食べる、好みの入浴剤を入れてゆっくりお風呂に入るなど
行動を変えるようにするのです。
また、月経痛がひどい場合は早めに痛み止めの薬を飲みましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架
newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Mar 22.2019
婦人科系不調2 【ヘッドスパ】

【40代】
カラダの状態→代謝ダウン、ストレス太りの人も代謝が落ちてくる。
不規則な生活や過労によるストレス太りによって生活習慣病予備軍になる人と
健康志向の人とが両極化。

起こりがちな生理の不調:PMS、プレ更年期
PMSをはじめ、30代の生理の不調や婦人科疾患は40代前半まで続くことが多いく、
40代後半以降は、更年期に向かうホルモンバランスの変化で生理が不順になり
プレ更年期の不調に悩まされ始めます。

増える症状や病気:子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣がん
40代前半までは「子宮筋腫」や「子宮内膜症」が依然として多い。
40代後半から50代半ばにかけては
ホルモン分泌の乱れによる「更年期障害」の不調が増えてくる。
卵巣にできる悪性の腫瘍「卵巣がん」も40代で増加。

生理痛やPMS(月経前症候群)など婦人科トラブルに悩みがちな働く女性。
忙しいからと、体と心を置き去りにするのは禁物です。
体からのサインに早めに対処して、内側から温める「自家発電」で元気になりましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町