Oct 05.2017
「何もしていないのに疲れる人」が変えるべき習慣 2

疲れを招く昼のNG生活習慣と改善ポイント

全く運動習慣が無い
脚を組んで座ることが多い
ジャンクフードで昼食をとることが多い
毎日、筋トレで鍛えている
家に居るのがもったいないので、休日はいつも外出をする
風邪をひいても休まずに頑張って出勤する

昼の習慣の改善ポイント

・デスクワークを毎日行う人は、職場でも
疲労をためないようケアしましょう

同じ姿勢で作業をすることによる疲労
近い距離の書類や画面を見続ける「目」の疲労
業務内容に関する精神的疲労など、これらの疲労蓄積を予防するには
体を動かすことがオススメです
気分もスッキリして精神的疲労も和らげます

・脚を組むと余計に疲れやすい体に

体のどこかしらの筋肉が疲労してくると
椅子に座っていること自体がつらくなる場合があります
その際脚を組むことで、安定して座っていられるようになります
しかし、楽に感じたとしても、歪み姿勢を悪化させ
全身の筋肉や脳への血流を滞らせる要因となり
疲労しやすい状態になりやすくなります

・疲労回復に必要なのは栄養バランス

ジャンクフードは、手軽に食べることができます
しっかりとした味付けで、ボリュームもあるので
満足度は高いかもしれませんが
連日、昼も夜もと習慣化されると健康問題に発展することも
栄養価が偏り、疲労回復に必要な栄養素の摂取には至りません

・疲労しやすい運動習慣に要注意

「毎日筋トレで鍛えているから、疲労には強い」と思い込んでいたら
注意が必要になります
筋トレ後の筋肉には、疲労回復時間も必要です
約2日は筋肉を休ませなくては、筋肉が疲れ切ったままになりやすくなります
また、スポーツの後にはクールダウンをして筋肉をほぐしましょう

・頑張り屋さんをやめてみる

風邪をひいた時、免疫力が低下しているサインになります
免疫系のバランスが崩れ、発熱や倦怠感に襲われたりもしますが
それでも「体は動く」と頑張って出勤する場合が多いと思います
ひどい咳が続くと体力を奪われる感覚は得られやすいかもしれませんが
咳の出ない風邪症状でも体を回復させる力が必要であるため、休息が大切です
体が動くからと、気力で活動していると疲労が蓄積され、体調が戻りにくくなります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

Oct 05.2017
「低気圧性編頭痛」特徴

<偏頭痛ならではの症状>
低気圧という原因があるとは言えども、つらい症状は偏頭痛そのものと言えます。

・ズキンズキンと脈打つように痛む
・数時間~数日間にわたり痛みが続く
・動いたり、おじぎをしたりすると痛みが増す
・吐き気や胃のむかつきを伴う
・光がまぶしく感じる
・音がうるさく感じる
・普段気にならない臭いを不快に感じる
・こめかみ~目の周辺が熱くなる   など
人により、また場合によって、感じ方は異なります。
じっと座っていられないほどの激しい頭痛を感じることもあれば
車酔いのような不快感を感じることもあります。
痛みが始まると長期間治まりにくく、その間本人は動くのもつらい状態です。
でも痛みは目に見えないため周囲の理解をなかなか得られにくいことも
痛みと同じくらいつらいものです。

<頭痛薬では回復しづらい>
偏頭痛の多くがそうであるように残念ながら低気圧性偏頭痛にも
市販の鎮痛剤はあまり効果を発揮しません。
ただしこれは「頭の痛みが進行してしまってから」という条件付きです。
全員ではありませんが、頭痛が始まる前、「予兆」のようなものを感じた時点で服用すると
効果を示す場合があります。
頭痛薬などを飲む場合は早め早めが良さそうです。

<とくに女性がなりやすい>
あるデータによれば、女性は男性の3.6倍ほど引き起こしやすいのだとか。
その原因はまだはっきりとは解明されていません。
ただ女性はもともとホルモンバランスに左右されやすい性質を持っています。
また女性は感覚も鋭敏で、気圧の微妙な変化を感じ取りやすいことも原因の一つかもしれません。
女性の体調が時により大きく変動するのは月経や出産とも関わる性質です。
それ自体は決して悪いことではありません。
くよくよと思い悩むことなく症状に対処していきましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

KALEN ロゴ

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉

Oct 04.2017
食後の眠さや怠さの原因

「食後の眠さや怠さの原因」

「食事の後、ものすごく眠くなったり、だるくなったりする。」倦怠感の経験はないでしょうか?

誰でもお腹がいっぱいになると、多少の眠気は出るものです。

多少の眠気は正常な反応ですが、中には耐えられないくらいの睡魔に襲われ、身体を横にして仮眠しなければ日常生活に支障をきたすほどの人もいます。

このような重い症状が出ている場合には、病気につながることもあるので注意が必要です。

「糖質の取り過ぎによる一過性の過血糖」

自称健康と思っているヒトが食後急激に眠くなるのは、糖質の取り過ぎ(過食)による高血糖のサインである可能性もあります。

簡単に言うと「食事で摂取された糖質を処理しきれず、その結果血糖が急激に上昇してしまう状況」、過血糖(高血糖)状態です。

通常私たちは食後、血糖は緩やかに上昇します。

通常はインスリンというホルモンが正常に分泌され、2時間程度で通常血糖にもどります。

こう言った調節機能がうまく働かなくなる、あるいは追いつかない状態になると食後過血糖を引き起こし、急激な眠気(倦怠感)の他に、精神的に不安定になるなどの症状を引き起こすことがあります。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小森 美和

ブログ画像
#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Oct 02.2017
風邪の予防法2

「風邪の予防法」

・温度・湿度コントロール

ウイルスは高温・多湿に弱いです。

風邪をひいている人の場合、寒いと発熱は必要以上に進むので部屋は暖かくしましょう。

だからといって部屋を30度にも上げてしまうと、体の抵抗力がなくなり、良くありません。

少しは寒さへの抵抗力を培わなければ、かえって自律神経が弱くなってしまいます。

しかもエアコンだけでは、乾燥が進みます。

冬は部屋を20~25度にし、むしろ湿度の方を上げましょう。

部屋の湿度を上げる方が、薬を飲むよりも、よほど予防・回復にも有効です。

湿度が50%になると、ウイルスは約3%の生存率しかありません。できれば加湿器を併用し、60~80%にしましょう。

・手洗い

風邪にかからないためには、やはり人込みは避けたいところです。

人が集まるところには、ウイルスも集まっているからです。

ウイルスは「いない場所はない」と言ってもよいほど、そこら中に存在しています。

しかし、基本中の基本「手洗い」で防げます。

空気中に浮遊しているウイルスが直接のどに感染する以上に多いのが、手についたものが口に入るというパターンです。

口に入る前に手から洗い流してしまいましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小森 美和

ブログ画像
#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Oct 01.2017
風邪の予防法1

「風邪の予防法」

風邪のウイルスを殺せる治療方法はありません。

結局は、「きちんと休み」自分自身の体がウイルスに打ち勝ってくれるのを待つ、応援するのが一番の「治し方」なのです。

日頃から免疫力のつく生活づくりをすることが、風邪にかからない、かかっても軽く済むなど、早く治せる方法となります。

「風邪対策の基本は十分な休息」

よくあるのが、咳や鼻水など、風邪の代表的な症状が現れ、「風邪かもしれない」と思っても、「まあ大丈夫だろう」ですませてしまうケースです。

忙しい生活を続けそして結局、風邪をひいてしまって、忙しいときはなかなか休息がとれないものです。

日常生活を送っているうちに、自然に治っていることもあります。

しかし、せっかく風邪のひき始めを自覚していたのに、休む時間を惜しんだばかりにこじらせてしまった場合は悔やみきれないものです。

たかが風邪と軽く見ずに、十分な休息をとって安静にすることは、とても大切な風邪対策といえるでしょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小森 美和

ブログ画像
#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町