BLOG

Feb 11.2019
便秘改善は「和食」【ヘッドスパ】

女性の48%。2人に1人は便秘で悩んでいるのが現状です。
排卵後から月経前までに分泌されるホルモンの影響で、
ぜんどう運動が弱くなる為、女性はどうしても便秘になりやすいとされています。
その他にも体質的なことや腸の長さ、食生活などでも
症状は変わってきます。

便が滞ると、腸内で腐敗した食べカスなどにより悪玉菌が増殖し、有害物質を作りだします。
腸壁から吸収された有害物質は、血液と一緒に体中を巡る事になってしまいます。
ですのでたかが便秘と思わずに、出せる体へと変わる努力をしてみましょう。

・発酵食品を積極的にとる
(乳酸菌、酵母菌、麹菌、酢酸菌、枯草菌を含むもの)
(味噌や醤油、お酢、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズなど)の発酵食品の多い和食が
おすすめです。

・オリゴ糖を多く含む食材をとる
ビフィズス菌は、オリゴ糖をエサにして増えるので
(大豆やゴボウ、アスパラガス、タマネギ、トウモロコシ、にんにく、バナナなど)の
食材を気にしてとってみましょう。

・ヨーグルトをとる
乳酸菌やブルガリア菌などが入ったヨーグルトを毎日とることが
足りないものを補う意味では大事な習慣です。

・食物繊維をとる
食物繊維には、悪玉菌と腸内の有害物質を減らす働きがあり
腸内で分解されると善玉菌のエサとなるので積極的にとって頂きたいです。

・酵素をとる
腸内には善玉菌と悪玉菌がいるのは、今までに一度は聞いたことがあるかと思います。
悪玉菌が増えると腸内で有害物質を作り出し、便秘や下痢、肌荒れやイライラ、
肩こり等の原因になります。
そんな悪玉菌の働きを抑える事ができるのが、善玉菌なのですが、善玉菌は酵素で増やせます。
体の中の酵素が少ないと、善玉菌を十分に作る事ができずに
腸内の悪玉菌数が増加してしまいます。
体の中の酵素が少ないと、善玉菌を十分に作る事ができずに、腸内の悪玉菌数が
増加してしまいます。

毎日酵素を摂り、腸内に善玉菌が増えれば、キレイな腸内環境が保たれ、
免疫力も上がり、美肌づくりやダイエットに適したキレイな健康体に近づくことができます。
野菜や果実など、新鮮な酵素をたくさん摂るようにしていきましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

 

newロゴ

Feb 11.2019
便秘改善は「和食」【ヘッドスパ】
Feb 08.2019
「水分不足」と「むくみ」【ヘッドスパ】

むくみが起こる仕組み

私たちの体の中の水分は、細胞内にあるもの(細胞内液)と
細胞外にあるもの(細胞外液)とに分けることができます。
体内の水分のうち3分の2ほどが細胞内液、残りが細胞外液であると言われています。
細胞外液には、血しょう(血液のうち血球と血小板を除いたもの)、リンパ液
そして細胞間液の3つがあります。
心臓から送り出された血液は動脈を通って酸素や栄養素を体のすみずみまで届け
代わりに不要となった老廃物や二酸化炭素を回収し
静脈を通って心臓に戻るという仕組みになっています。
このとき血管と細胞の間で栄養素や酸素、老廃物や二酸化炭素の受け渡しを行っているのが
細胞間液です。
リンパ液は、老廃物などを含んだ細胞間液を静脈へ戻すという働きを担っています。
この一連のメカニズムに何らかの狂いが生じたときに起こるのが「むくみ」です。
・動脈から細胞間への水分の流入が多くなる
・細胞間からリンパ液、静脈への水分の回収が鈍る
このようにむくみには血液循環のトラブルが関係していることから、
疲れやだるさといった症状を伴うことが多いと言われています。

一過性の原因によるむくみ

・長時間にわたる同じ姿勢
立ち仕事やデスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていると、血液の循環が悪くなり
血管から細胞間への水分の流入が多くなったり
細胞間から血管への水分の回収が悪くなったりして細胞間液が過剰になってしまうのです。

・下着などによる締め付け
下着などによって体が締め付けられている場合にも同様に
血行不良によるむくみが起こりやすくなります。

・塩分過多
塩分(ナトリウム)を摂りすぎると、
体はナトリウム濃度を下げるために水分を多く取り込もうとします。
そして体内の水分量が増加し、むくみとなって表れることがあります。

・女性
男性に比べ、一般的に女性の方がむくみやすいと言われます。
女性は月経前になるとホルモンの関係で水分を体内に溜め込もうとするほか
血液(静脈)を心臓に向かって押し上げる筋肉の力が弱いため
血液の循環が滞りやすいということがあります。

・冷え

夏場にエアコンなどで体を冷やしすぎたり、冷たい飲み物を摂りすぎたりすると
体が冷えてむくみが生じやすくなります。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

newロゴ

Feb 08.2019
「水分不足」と「むくみ」【ヘッドスパ】
Feb 06.2019
頭皮ニキビの原因【ベッドスパ】

頭皮ニキビは、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れなどにより
皮脂や古い角質が毛穴を塞ぎ、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうことで発生します。
塞がった毛穴の中でアクネ菌が皮脂を栄養にして増殖し
炎症を起こすことでニキビとなるのです。

シャンプー剤や洗髪方法の影響
普段何気なく使っているシャンプーや髪の洗い方が頭皮ニキビの原因となることもあります。
洗浄力の強いシャンプーやごしごしと強く洗うような洗髪方法は、皮膚に過剰な刺激を与え
必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
そうすると、頭皮を守るために皮脂が過剰分泌し、ニキビの原因となってしまいます。

また、洗い方が悪くシャンプーのすすぎ残しやヘアケア剤の洗い残しがあると
毛穴の詰まる原因となりニキビができやすくなるのです。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ
人はストレスを感じると、アドレナリンの分泌により皮脂が過剰に分泌され
毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
また、過度なストレスはホルモンバランスを崩し、ターンオーバーの乱れや皮脂の過剰分泌
角質の硬化などを引き起こし、頭皮ニキビの原因となる頭皮環境の悪化に繋がります。

生活習慣によるビタミン不足
睡眠不足や暴飲暴食などで生活習慣が乱れると、体に必要なビタミンが不足し
ターンオーバーの乱れや頭皮環境の悪化を招きます。
特に肌の新陳代謝や髪の生成に必要なビタミンB群は、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌
フケなど頭皮のトラブルを発生させ、頭皮ニキビだけでなく
抜け毛や薄毛などの原因にもなります。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
紀本美香子

newロゴ

表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口

Feb 06.2019
頭皮ニキビの原因【ベッドスパ】
Feb 05.2019
逆流した月経に起こること【ヘッドスパ】

女性の心身に大きな影響を与えるホルモン周期。
昔は50回、今は450回。現代女性の生理回数が増えています。
厚生労働省の調査によると、日本女性の平均初産年齢は、2011年に30歳を超えたそう。
その結果、生涯で迎える生理の回数が増加し、女性の体に大きな負担をかけているといいます。

20代で初産をし、出産回数も多かった昔の女性の生理回数とくらべると、昔は50回、いまは450回くらいの開きがあります。出産の減少による毎月の排卵により、子宮内膜症や子宮体がんなど、女性特有の病気が急増しています。

逆流した月経血が病気の原因に子宮内膜症
月経血とともに腹膜や卵巣に子宮内膜がうつることで起きる、子宮内膜症。
女性の体は月に一度、ホルモンの働きで子宮内膜を厚くして、妊娠の準備をします。妊娠が成立しない場合、子宮内膜が剥がれ落ち、月経血として排出されます。
しかし、月経血はすべて排出されるわけではありません。9割の女性は、卵管を通って卵巣のほうに月経血が逆流しています。それが多くの病気の原因になります。
逆流した月経血は、卵管の癒着や炎症の原因となります。もともとは子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が、月経血とともに腹膜や卵巣に移動してしまうことが問題です。

子宮内膜が移動してしまった腹膜や卵巣でも女性ホルモンの影響を受け、毎月出血を繰り返してしまいます。これが子宮内膜症で、卵巣にできたものはチョコレート嚢胞と呼ばれます。これらは、昔のように出産回数が多かったころにはなかった病気です。

ライフステージの変化が激しい30代以降を快適に過ごすためには、ホルモンや生理を自らコントロールしていくことが必要です。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気

Feb 05.2019
逆流した月経に起こること【ヘッドスパ】
Feb 05.2019
腰痛に関係している筋肉【ベッドスパ】

お腹側の筋肉で腰痛に最も影響しているのは大腰筋というお腹の奥にある筋肉です。

背骨の左右から始まり股関節をまたいで太腿の骨までつながっているインナーマッスルで
姿勢を維持したりほとんどの動作で使われる重要な筋肉です。
大腰筋がロックし本来の機能を失うと、体幹だけではなく全身の筋肉に悪影響が出てしまいます。

その他に腸骨筋、小臀筋、大腿直筋などの股関節をまたいでいる
筋肉もロックすると腰痛になります。

筋肉を元のやわらかさに戻すだけで、反らすと痛い腰痛は改善します。
マッサージやストレッチのように刺激を加えるのではなく
筋肉が硬くなっている仕組みを解除していきます。

腰痛のつらさを改善するために筋肉をグリグリ押したり無理やり引っ張ったりすると
筋肉の守る仕組みが発動してしまい、余計に硬くなってしまいます。

硬くなっている仕組みを解除する方法は、ストレッチと逆のこと
つまり筋肉を縮める姿勢をとります。

腰を反らすと痛みが出る腰痛の原因となっているお腹側の筋肉は
股関節をまたいでいるので、股関節を曲げる姿勢をとって
その筋肉が最も縮んでいる状態を90秒維持します。

お腹側の筋肉のロックを解除していくと、背中側の筋肉にかかる負荷も軽減していくため
痛みの緩和はもちろんのこと、腰痛の再発率も大幅に低減します。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
紀本美香子

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足

Feb 05.2019
腰痛に関係している筋肉【ベッドスパ】