Jul 24.2018
本日のクライアント様 vol.237[ヘッドスパ]

本日のクライアント様

しわ、しみ
肌のたるみ
顔色が悪く見える
腰回りの冷え

今回のクライアント様は、お顔のくすみ、肌のハリやしみなど
以前に比べると、なんとなく疲れて見える気がするとお悩みのクライアント様でした。

肌のハリが失われるとフェイスラインがたるんで
ほうれい線やたるみ毛穴などのエイジングサインが目立つ原因になります
肌のハリが失われればしわや毛穴の開きも目立ちやすくなります。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。
エストロゲンには、コラーゲンの生成を促す作用がありますが
年齢とともにエストロゲンは減少します。
エストロゲンはコラーゲンの産生を促進する働きがあるので
その減少は真皮の衰えの原因となります。
また、血液のめぐりが滞ると、酸素や栄養分が十分にお肌の細胞に届かなくなります
身体全体の冷えである冷え性も肌のハリの低下の原因の1つとなります。

ですので今回は、オイルのブレンドもホルモンバランスに働きかけるオイルと
血流を促すオイルをブレンドさせて頂きました!

「日常生活でのケアとして」

肌にハリをもたらす栄養素としては、ビタミンAやビタミンC
ミネラルなどのコラーゲンを増やす栄養素を意識しましょう。

また、ポリフェノールをはじめとする抗酸化成分や鉄分や亜鉛
イソフラボンなども肌のハリを保つのをサポートする成分となります。

ビタミンA  レバー(鶏・豚)、うなぎ、など
ビタミンE   アーモンドなどのナッツ類、ナタネ油などの植物油など
ビタミンC   パプリカ、ブロッコリー、レモン、キウイ、イチゴなど
イソフラボン  大豆製品(納豆・豆乳)、プルーン、山芋など

適度な運動習慣もお肌のハリをキープするために大切です。

運動する事で代謝がアップし、血行が促進したり、免疫力が上がりやすくなります
また、適度な運動は成長ホルモンの分泌が増えます
適度な運動でお肌の新陳代謝や回復力が上がり、ターンオーバーも改善しやすくなります。

ストレッチやウォーキングなど、できる範囲のことを習慣化すると良いでしょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

Jul 23.2018
夏の不調を防ぐ飲み物と食材 [ヘッドスパ]

暑い日が続くと冷たい飲み物を飲む機会が増えやすくなります
冷たい飲食物を摂り過ぎると、消化器官の働きが低下しやすくなります
消化能力が落ちると食欲が低下し、水分でお腹を満たしてしまうと
栄養のバランスが崩れ、夏バテの原因にもなります

「水分補給のポイント」

冷たい甘い飲み物には、糖分がたっぷり含まれている事があります
夏は基礎代謝量が落ち、太りやすい時期なので
糖分の含まれている飲み物を水分補給代わりに飲み続けると
血糖値が上がり夏太りや夏バテの原因になります
日常生活での水分補給には甘くないものを選びましょう

・暑さには

スイカ、きゅうり、ゴーヤなどのウリ科の食材やバナナ、マンゴー
緑茶や麦茶などには身体を冷やす作用があります
ハト麦茶、あずき茶などは浮腫みを防ぐ他、過剰な水分を老廃物と共に排出する働きがあります

・熱中症予防に

水分補給と共に塩分やミネラルの補給を忘れずに行いましょう
運動をして汗をかいた時は、適度な糖分も摂取すると
水分や塩分の吸収が良くなり、疲労回復に繋がります

・疲れた時

レモンや梅、酢など酸味の物が良いでしょう。クエン酸は発汗を抑え、疲労を回復させます

・日焼けが気になる時

日焼け後は、保湿と水分補給が大切です
メラニン色素の沈着を防ぐビタミンCが豊富な緑黄色野菜、柑橘類、アセロラ、ローズヒップなど紫外線によって生じた活性酸素を除去するリコピン、トマト、すいか、パプリカなどを摂取しても良いでしょう
パセリや柑橘類やキウイ、アセロラなどには
「ソラレン」という紫外線を吸収してしまう光毒性を持つ成分のあるものがあります
日焼けを防ぎたい方は日中の摂取を避けましょう

・消化を促進するには

ミント、レモングラス、フェンネル、ローズマリー、生姜などを
ハーブティーや、お料理に使用すると夏バテを防ぎます

・暑さで寝れない時

牛乳、はちみつ、くるみ、蓮の実、なつめなどは、快眠を保つ食材です
眠れない時は、ホットミルクやカモミールティーなどを飲むのも良いでしょう

・暑気あたり、夏バテに

紫蘇、ビワの葉、マテ茶(カフェインあり)
紫蘇には疲労回復効果と食欲増進作用があり、夏バテの症状に効果的です

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Jul 18.2018
夏の便秘を解消する生活習慣とは [ヘッドスパ]

夏の便秘は腸内環境の悪化が原因となります
腸のはたらきを活性化させる生活をすることを心がけましょう

(1)低カロリー&少量の食事はNG

体内のはたらきを活性化させるためにはエネルギーが必要となります
老廃物を溜め込まずに排泄させるためには、便になる量の食事をしっかりとることが大切です
3食の食事で栄養バランスを整えるようにしましょう。

(2)体内を冷やさない

体内が冷えると代謝が弱まり、消化不良を起こしたり
老廃物を溜め込みやすくなったりしてしまいます。
また、エネルギーの消費量も減り、太りやすい体質になりやすくなります
夏でも体内を温める食事や入浴の工夫を取り入れましょう。

(3)運動やストレッチで体液循環を良くする

腸の蠕動運動は運動による刺激でも活性化されます
また、運動やストレッチなどで体を大きく動かすことによって
体液循環がスムーズになり、代謝をUPさせてむくみにくい体質を育てることができます。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Jul 18.2018
夏に便秘になる原因 [ヘッドスパ]

〈夏の便秘の原因と影響〉

腸内環境が乱れると、腸内に老廃物を溜まりやすくなって便秘になり
腸内細菌が作るガスによってお腹ポッコリになってしまいます。
さらに、便秘に気づかず、食事制限によるダイエットを行う結果
便秘を悪化させるという悪循環になるようです。
また、便秘によってガスのたまった腸が腸内や腸周辺のリンパのうっ血を招き
下腹部から下半身のむくみにも影響しやすくなります。

〈便秘症じゃなくても夏に便秘になることも〉

腸内環境を乱しがちな夏の生活習慣は、普段便秘でない人も夏便秘になる可能性があります。

(1)夏バテやダイエットで食事がおろそかに

「ダイエットのため食事制限をする」「夏バテで食欲減退」「朝食を摂らないことが増える」など
食事量が減少した結果、カサがないために便秘になってしまいます。
腸内環境には食物繊維と便を押し出すためのカサが必要であり
食べないと体力も落ちるほか、食べないダイエットは綺麗に痩せません。

(2)体を冷やす環境

「アイスやビールなどの冷たいものを良く食べる」「冷房環境に長くいる」「薄着で寝ている」
「肌の露出の多い服を着る」「湯船に入らずシャワーで済ませる」など
どれも夏にやりがちですが、内臓が冷えて代謝が落ち、腸の動きも低下してしまいます。
女性は体を冷やすと婦人科系疾患の原因に繋がる可能性もあります
お腹は冷やさないように心がけましょう。

(3)代謝が落ちる生活

「暑いのでいつもより運動を控える」「外に出ないでおうちでゴロゴロ」などの結果
腸の蠕動運動が刺激されず、腸の動きが鈍くなります
夏でも適度に体を動かすことは内臓機能のためにも必要です。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#

Jul 18.2018
本日のクライアント様 vol.236 [ヘッドスパ]

本日のクライアント様

頭痛
肩こり
むくみ
水分量が少ない

立ち仕事で接客業の為、身体への負担も大きく
仕事中こまめに水分を取りづらい為、血行不良が起きやすく
頭痛などの症状が出やすいクライアント様でした。

水分不足はさまざまな体調不良を起こしますが
水分が不足することで頭痛が起こることがあります。

体内の水分が不足すると血液中の水分が減少し、血液がドロドロになり流れが悪くなります。
そのため老廃物や水分が流れにくくなり、酸素も細胞に行き届かなくなり
頭痛を起こしやすくなります。

こうした頭痛は脱水症状の一つでもありますので、こまめな水分補給などの対策が必要です。

また、長時間同じ姿勢でいるなど、首周りや肩周りの筋肉が固まり
血行が悪くなることでも頭痛が起こりやすくなります。

「対策として」

・仕事の合間には首を回す、肩を動かす、肩甲骨を動かすなど軽いストレッチをしましょう。

・冷たいお水は血行不良の原因や胃腸にも負担がかかりやすいので
なるべく冷やしすぎないお水を飲むようにしましょう。

・水分補給はこまめに、1度に飲む量はコップ1杯程度を目安にするといいでしょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町