Dec 08.2018
寝方 顔の歪み【ヘッドスパ】

顔をゆがませる無意識の行動の1つが、寝るときの体勢です。年齢と共に顔の対称性が崩れてくる。顔を見れば好みの寝姿勢が9割方は分かると言われています。
寝ている間に顔周りに表れる、“顔寝癖”とも言うべきゆがみやシワ。最もひどい顔寝癖をつけてしまう寝相は「うつ伏せ」。「うつ伏せはもちろん、横向きで寝ることさえも顔寝癖を定着させてしまう」といいます。うつ伏せも横向きも、重力の関係で下にしているほうに体液が下がるので顔がむくみ、左右差が生じてしまうそう。また、枕やシーツに顔を埋めることで、不要なシワがクセづけされてしまいます。
さらに顔寝癖を強くする体勢は、手を枕にしてうつ伏せで寝る、枕の高さがそもそも合っていない(特に老け顔や首のシワの原因になる)ということです。注意が必要です。

横向きで寝ている人はかなり多いと思いますが、数カ月止めてみるだけでも顔のゆがみやシワが改善されます。
きちんと仰向けで寝ることを徹底したほうがよいです。顔のゆがみやシワを防いで美を保つには、悪い寝相をやめて仰向け寝を実践する強い意志が必要です。

寝起きのむくみ顔防止には、食生活の改善も必要です。
また、顔寝癖にはシワだけでなく「むくみ」も含まれます。
朝起きるとなんとなく目や輪郭全体が腫れぼったい、寝起きの顔はひどくて見せられない、というのであれば、それはむくみが原因かもしれません。むくみは、寝相だけでなく、寝る前のアルコールやおつまみから摂取される過剰な塩分、夕食時の塩分などが原因とも言われています。食生活も大切です。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ

Dec 08.2018
本日のクライアント様 vol.284【ヘッドスパ】

本日のクライアント様

胃もたれ
肩こり
頭痛

体質的に疲れると胃がもたれやすく、お腹も壊しやすく
身体全体がだるく、締め付けられる様な頭痛も多いとの事でした。

身体のエネルギーは摂取された食物から胃腸などの消化吸収機能によって作り出されます。
この脾胃のはたらきが低下すると元気がなくなり、パワー不足になるとされています。

すると身体の代謝機能も低下しやすくなり、血行不良を招く事で
肩こりや頭痛などの症状にも繋がりやすくなります。

ですので、今回はオイルのブレンドも消化機能の働きを高め、身体にしっかりと栄養を吸収し
エネルギーの循環を高める作用のあるオイルを使用させて頂きました!

食べ過ぎや、食べなさ過ぎるのも身体に負担はかかります。
食べ物や飲み物などで冷たいものや刺激物などは控えめにしましょう!
食べ続けたり、食べなさすぎたりすることで、胃腸に負担をかけないように
お腹が空いたら食事をするなど心がけると良いでしょう^^

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Dec 06.2018
低体温【ヘッドスパ】

低体温はさまざまな病気の原因になります。免疫力が低下するからです。

女性に多く見られる低体温ですが、食事が疎かだったり、夜寝ていない、又はダイエットを繰り返している人に多くみられます。低体温は代謝が落ちているので、何を食べても太ってしまいます。

通常、私達人間の体温の平均は36.5度くらいといわれています。
体は体温の変化に対して敏感に反応し、通常の状態の体温を保とうと働きます。
体温が下がってくると、皮膚の血管を収縮させ、熱の損失を減らし、戦慄や筋肉の強直などにより熱の産生を高め、体温を通常の状態に戻し一定に保つように働きます。
しかしその働きがうまく行われない場合や、熱の損失に対して熱の産生が間に合わないような状況になると低体温という状態が発生します。
一般的には、中心体温(直腸温)が35度以下になると低体温といいます。

入浴
1日1回、お風呂に入って体温を1度上げます。朝でも夜でも自分の生活リズムに合わせて入浴しましょう。湯船に10分程度つかれば、大体体温が1度くらい上がります。大切なのは毎日続けることです。

スクワット
ふくらはぎや太もも、腰の筋肉を一度に鍛えることができるスクワットもおすすめです。下半身の脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉がつくので、引き締まった下半身をつくりながら血行を改善できます。入浴後に行えば、入浴と運動で体温を上げることにより、眠りやすくなるという効果もあります。

白湯を飲む
朝は1日の中で最も体温が低い状態なので、冷たい水を飲むと体温が下がりすぎてしまいます。冷たい水ではなく白湯を飲みましょう。夜寝る前にも白湯を飲むことで体が温まります。

GABA(ギャバ)を多く含む食品を食べる
ストレスによる体温の低下を防ぐために、ストレスを緩和する成分「GABA」を多く含む食品を食べましょう。玄米、かぼちゃ、じゃがいも、トマトなどに多く含まれます。

腹巻き、カイロ、湯たんぽ
女性に限らず冷えは大敵です。これからの季節、特に体を冷やさない外側からの工夫もしましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル

Dec 05.2018
目の疲れと首、肩こりの関係とは 【ヘッドスパ】

現代人は、スマホやパソコンの使用によって、目を使いすぎている傾向にあります。
少し目が疲れただけであれば、休憩や睡眠をとることで回復しますが
眼精疲労となると改善しづらくなります。

目の疲れが蓄積されることで、目の周りの筋肉がこり
それが全身の筋肉にも影響を与え、血行不良を引き起こすためだと考えられています。

眼精疲労により肩や首がこり、頭皮にも影響を与えます
眼精疲労は、目がショボショボする、かすむ
目の奥が痛くなるといった目の症状だけではありません。

肩こりや頭痛、吐き気やイライラといった全身症状も現れます。
パソコンの画面をじっと見続けていると、目の周りの筋肉は緊張した状態になります。
眼精疲労により目の周りの筋肉が硬くなると、その影響から肩や首の筋肉も硬くなり
血行不良になると考えられています。

「眼精疲労の解消方法」

・ホットアイマスクやツボ押し

眼精疲労になっているときは、目の周りの筋肉が緊張し、血行が滞っています
目の周りを温めたり、ツボを刺激したりして、緊張をほぐし、血行をよくしてあげましょう。

ツボを押すなら、目頭にあるくぼみにある「睛明(せいめい)」というツボを押すのがおすすめです^^

・目の疲れを溜めないよう工夫しましょう

眼精疲労を繰り返さないためにも、普段から目の疲れを溜めないことが大切です。

長時間のパソコンやスマホの使用はなるべく控えましょう。
1時間おきに休憩をとり、目を休ませるようにしましょう!

十分な睡眠で目を完全に休ませることも大切です。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気

Dec 05.2018
本日のクライアント様vol.283【ヘッドスパ】

本日のクライアント様

むくみ
便秘
吹き出物
気分の落ち込み

今回のクライアント様は、丁度生理前でむくみや気分の落ち込みなどを感じやすいとの事でした。

生理が始まる1~2週間ぐらい前からおこる、イライラ、むくみ
便秘、頭痛などのさまざまな不快症状を
PMS(生理前症候群)といいます。

PMSの原因は、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係しています。
とくに生理前には黄体ホルモンの分泌が増えて、生理が始まると急に減ることから
このホルモンが関係しているのではないかといわれています。
PMSの症状は人によってさまざまで、同じ人でも月によって違う場合もあり
その種類は200以上とも言われています。

ですので今回は、オイルのブレンドもホルモンバランスに働きかけるオイルを使用させて頂きました!

ホルモンバランスを整える普段のケアとして

生活習慣や食事を改善するだけで、PMSの症状がやわらぐケースもあります。
疲労がたまっている、睡眠時間が不足している、偏った食生活を送っているという方は
生活全体を見直してみましょう!
規則正しい生活のポイントは、毎朝決まった時刻に起きて朝食をとるという習慣となります。
日中を元気に活動でき、眠気も決まった時間に自然に訪れるので、生活リズムが整いやすくなります。

出来る時はゆっくりと湯船につかりましょう!
ぬるめのお湯で身体をじんわり温めることで、副交感神経の働きを高めることで
リラックス効果があります。
好きな香りを入浴剤で楽しんだり、湯船の中で深呼吸をしたりするのもおすすめです^^

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

3 / 27712345...102030...最後 »