Feb 12.2016
本日のクライアント様 vol.44

KALEN ロゴ

 

本日のクライアント様

冷え
口周りの肌あれ
冷たいものがすき
お腹ぎぐるぐる鳴る
生理痛

今回のクライアント様は今の時期でも大好きな氷を食べてしまうくらい冷たいものが大好きな方
冷たいものをよくとっていらっしゃるので冷えからくる不調にお悩みでした

日本人には冷え性の方が多いといわれています
KALENでは日頃の健康法に白湯をおすすめしています

最近では意識的に飲んでいる方も増えてきましたが今回はどんな効果があるのかをご紹介します

1胃腸が温まり冷え症の改善

2内臓機能を温める事で血行が良くなります。
内臓の温度が1℃上がるだけで基礎代謝も上がりダイエットにも効果的

3胃腸に溜まった未消化物質、毒素を排出して腸内の老廃物を洗い流してくれるデトックス効果

4代謝が上がることで便秘が改善しやすくターンオーバーも促進され美肌効果

白湯を飲むだけで身体にいいことがたくさんあります^ ^

白湯の作り方
お湯を沸かして少し冷ます。
時間がない時は電子レンジでも大丈夫です
温度は50度くらい飲んでみて温かいと感じる程度が目安です。

飲むタイミングとしては
1起床時
2食事中
3就寝前

老廃物が溜まっているとおいしく感じられない可能性があるので、飲みずらい方はハチミツやショウガなどいれてもおいしいですよ
1日800mlを目安に摂るように心がけてみてください

体質が改善されることで不調の予防にもつながりますので、
ぜひ試して下さいね!!

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Feb 12.2016
子宮温活のすすめ vol.5

KALEN ロゴ

 

冷えで悩んでいる方の多くは飲みものを飲む時は温かいものを摂る方が多いと思います
KALENでも日頃から飲むものは常温から温かいものをお勧めしています
「温かいものを飲んでいるから温まる」
と思ってしまいがちですが、実は飲み物によっては身体を冷やす作用があるので注意です!

今日は身体を冷やしやすい飲みものと、温まる飲みものをご紹介

身体を冷やす飲み物
暖かい土地で育ったもの、色が薄いもの
コーヒー
緑茶・抹茶
バナナ、パイナップル、マンゴー、スイカ、ミカン、レモンなどで作られたジュース
ビール

身体を温めてくれる飲み物
寒い季節・土地で育ったもの
ココア
ほうじ茶
紅茶
ウーロン茶
ワイン
日本酒

今まで冷え性対策で飲んでいたものが、体を冷やしていたかもしれません。
冷やす飲み物でも工夫次第で温める飲み物に変えることができるのですが
体の冷えの状態に合わせて適した飲み物を選んで、冷え性対策しましょう!

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Feb 11.2016
【KALEN式36.5℃メソッド〜湯たんぽ編〜】

夜はまだまだ寒いですね^^

就寝時寒くて中々寝付けないという方!

湯たんぽは「安い・簡単・熱量が大きい」という特徴を持つおすすめの温めアイテムです。
今回はそんな湯たんぽで手軽に温める方法をお話しします。

熱い湯が中に入っている湯たんぽは、カイロの約100倍もの熱量をもっています。
ぽかぽかの湯たんぽをタオルなどでくるみ、体にあてて使うとその熱を効率よく受けとることができます。
加えて湯たんぽは自然に冷めていくので、温めすぎないのもいいところです。

但し、同じ場所ばかり温めていると、汗をかいて逆に体を冷やし、また低温やけどの危険もあるので、お腹や腰まわり、太もも、つま先などの冷えた部分を移動させながら使いましょう。

まずは即席版で試してみよう^^

「湯たんぽを使ったことがない」、「ちょっと試したい」という人はホットドリンクが入っていたペットボトルを使って、「簡単で便利な即席湯たんぽ」を試してみるといいですよ。

<即席湯たんぽのつくり方>
・ホット用のペットボトルに40度前後の湯を注いで、しっかりとふたをする
・保温効果を高めるために、湯で濡らして絞ったタオルを巻きつける
・ビニール袋に入れて口をゴムでしばったらでき上がり

太ももの上にのせたり、腰にあてたりすると、その温め力を実感できるはず。
触れていて熱く感じるときは、上から乾いたタオルなどを巻いて体に触れる温度を調節してください。
市販の湯たんぽより冷めやすいですが、必要なときにつくってすぐに使えるお助けアイテムとしておすすめです。
熱い湯を使う湯たんぽを準備する際は、くれぐれもやけどには注意してくださいね。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Feb 10.2016
期間限定【KALEN式身体の中から集中花粉症対策ヘッドスパ】

天気が良く気持ちの良い日が続いていますね。

今週末は20℃なんて所も出てくるみたいですね^^

春もそこまできています。

しかーーーし、
「花粉症」の方は辛い日々の始まり、、、

そんな方のために期間限定の特別メニューです。

【身体の中から集中花粉対策ヘッドスパ】

KALENだから出来る身体の中から【短期集中花粉対策】肺や大腸の機能を向上させることにより免疫力を高め花粉から身体をガード!
薬を飲みたくない方、漢方が身体に合う方必見。
全2回のセットコースになっています。
しかも花粉対策のKALENオイルが10ml付いてきます。

僕はこれでKALEN ロゴ去年大分らくでした^^

Feb 07.2016
【KALEN式36.5℃メソッド〜温浴編〜】

毎日きちんと湯船につかっていますか?

お風呂に入ることは冷えた体をぽかぽかに温める絶好の機会です。
今回は寒い季節にぴったりな入浴法をご紹介します。

【お湯の温度は38~40度に】

お湯の温度には注意が必要です。

なぜなら、お湯の温度が少し違うだけで体への効果が全く変わってしまうからです。

おすすめの温度は38~40度、体温プラス2度くらいが目安です。

少しぬるいと感じるかもしれませんが、ぬるいお湯にじっくりつかる方が体は温まるのです。
38~40度のお湯で自律神経のうち休息を担当する副交感神経を優位な状態にして心と体をリラックスさせましょう。

【湯船に入る時間は気持ちいい範囲で】

冷えとりに効果的な38~40度の間で心地いいと思える湯船に入ったら最低10分はつかりましょう。
慣れてきたら30分ほど全身浴すると体が芯から温まります。

ゆっくり体を温められれば、冷える速度もゆっくりなので効果的な入浴法です。

長くお湯につかることに慣れていない方は、腕や上半身をお湯から出したり水で濡らしたタオルで頭を冷やしたりして、のぼせないようにしましょう。

ぬるめのお湯であっても、洗い場や脱衣場は温めておくこと。
寒いとすぐに交感神経にスイッチが入ってしまい、血管を収縮させ血流が悪くなり冷えてしまうからです。
お風呂に入る前に手足やお腹など体の冷えた部分を温めておくとお風呂に入ったときの温め効果がアップして体の芯から温まることができます。

もう1つ気をつけて欲しいことは、入浴時間。

せっかくの休息モードを活かすには、お風呂から上がったらできるだけ早く乾かして就寝してあげる事です。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ専門店

KALEN ロゴ

KALEN DAIKANYAMA