Jun 11.2016
本日のクライアント様vol.71

本日のクライアント様

冷え性でお悩みでしたが、特に足先だけがいつも冷えるとのことでした。

体温を調節している血管は、99%が「毛細血管」という細い血管でできています。その細さはなんと、髪の毛の14分の1ほどしかありません。こんなにも細い毛細血管の中を血液が行き来することで、私たちは体温をコントロールしています。

上半身には、「心臓」やその他の「内臓」など、「命」に関係している大切な臓器がたくさん集まっています。血液は、まずは命に関係のある臓器から、優先的に運ばれるので、手足などの末端はいつも後回しになりやすいのです。

、最近では靴下の重ねばきや、ヒール、革靴などの常用で、足を柔軟に動かすことがむずかしくなっています。足は一つの塊のように扱われてしまい、足先の筋肉はこり固まり、その中を通る血管は圧迫され、血の巡りが悪くなっています。

さらに、今ではとても便利な世の中になり、エレベーターや車などを常用することが多く、思っている以上に歩く機会が少なくなっています。なので足の筋肉は衰弱してしまい、自ら熱を生み出すことが出来なくなっている方がたくさんいます。

ただでさえ、血の通いにくい足先。温める為に靴下を重ねばきして動きを悪くし、ストーブの前で縮こまっていれば、どんどん足先の温まる機能は衰退していきます。

あなたの生活でも思い当たることはありませんか?

できるだけ家では、薄めの靴下にしたり、外ではスニーカーを履くことで、足を自由にする時間をつくりましょう。ON、OFFの時間をつけて、足本来の動きを取り戻すことができます。

寒いと思った時は、靴下を重ねる変わりに、何度も足首を回しながら、できるだけこまめに「動く」ということを心がけていくと、どんなに冷たくなっても、足が自ら温まる力を取り戻すことができます。

そうして少しずつ毛細血管を刺激していくことで、新たな毛細血管が増えていき、温まりやすい足先へと成長していきます。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Jun 11.2016
アンチエイジング~血管年齢~

「人は血管とともに老いる」と言われるように、動脈硬化は加齢による血管の老化に起因しており、高血圧・脂質異常・糖尿や喫煙といった生活習慣の乱れ、ストレスがその進行を加速させます。

当てはまる項目が多い方ほど、早めのケアで血管のアンチエイジングを心がけましょう。
・階段を上がると胸が苦しい感じがする
・インスタント食品や脂っこいものをよく摂る
・せっかちな性格で、イライラすることが多い
・仕事とプライベートの時間や気持ちの切り替えが苦手
・常に忙しくいつも時間に追われている感じがする
・血圧が高い
・定期的な運動をしていない
・物忘れやうっかりすることが多くなった
・手足が冷たく、しびれを感じるときがある

血管は、20歳を過ぎだころから徐々に老化して行きます。
血液には、酸素と水素と栄養素を全身に運ぶという大きな働きがあります。
健康な血管というのは、血液を身体の隅々までスムーズに循環させることが出来ることを言います。
また血管が詰まると、乾燥肌やシワの原因にもなり抜け毛も気になってきてしまいます。
更に肩こりの原因にもなります。

血管の硬さは身体の硬さと比例していて、前屈をした時つま先に手が届かない人は、動脈硬化が進んでいると考えられます。

しかし毎日、簡単なストレッチをしていくと改善もされていきます。
朝少しだけ早く起きてストレッチをしてみるのも良いですね。

激しい運動ではなく、ウォーキングやヨガなど有酸素運動が効果的です。

毎日続けるストレッチは効果的ですので、やってみてください♪

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

 

Jun 09.2016
本日のクライアント様vol.70

どんよりな天気が続いています、、

いよいよ関東も梅雨に入ってしまいしたね。

天候や湿気で頭痛を引き起こす方も多いのではないでしょうか?

先日いらしゃったクライアント様もこの様なことから頭痛を引き起こしてしまう方でした。

頭痛辛いですよね、、

以前のブログでも沢山頭痛に関しての記事を投稿して参りましたが頭痛は大きく分けて2つに分類されます

1偏頭痛(片頭痛)

2緊張性頭痛

それぞれ症状がちがいますが主な要因は自律神経が大きく関わってきます。
(それぞれの頭痛の改善方などは以前の投稿のKALEN式頭痛改善メソッドをご覧ください)

もちろん頭蓋骨の歪みも自律神経の不調につながってしまいます。

皆さん!!

目の高さは左右対象ですか?

お鼻は曲がっていませんか?

お口は真っ直ぐですか?

頭痛持ちの方でどれかに当てはまる方は頭蓋骨が歪んでいる可能性が高いです。
そこから頭痛を引き起こしている可能性も、、、

ぜひ一度ご相談下さい。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Jun 08.2016
便秘と軟便~原因~

軟便が続く原因

柔らかい便の場合、腸内の環境を一度リセットするため、腸内の菌などを排出しようとする腸の機能の結果である場合が多いです。どの程度柔らかいのかによって異常度というのは変わりますが、下痢のようになっている場合、腸の中に何かしらの異常が起こっている可能性が高いです。
腸の中の菌には良いものもあれば、悪いものもあります。良いものが増える分には問題ないのですが、悪い菌が増えていくと、下痢などの柔らかい便になりやすくなります。
柔らかい便は水分を多く含んでいることになります。(だからこそ腸を洗い流すことができ、リセットしようとする腸の動きに適していると考えることもできます)
そのため軟便が多く出ている時には、しっかりと水分補給をしておかないと、脱水症状になってしまうこともあるので注意が必要です。

軟便の反動で便秘になってしまうことも

軟便であると、当然、排泄に余計な水分を利用してしまうことになり、その後の便に影響を与えてしまうことがあります。
水分を余計に出しすぎたため、体的には水分を保とうと働いていくことになります。
便から水分を再吸収することもあり、それによって固い便になる場合もあります。
この固い便が結果的に便秘の引き金になってしまうことはあり、便秘によって腸内に悪い菌が増え、再度下痢気味の軟便になってしまうことはあります。
これを繰り返してしまう人は意外と多く、どこかで腸の環境を正常に整え、流れを断ち切る必要はあります。
便秘の状態の時の、腸の中の良い菌を増やしていけるようにすると、腸の環境は整いやすいです。

便秘なのに軟便になる場合は注意が必要

便秘であるのに、軟便気味になってしまう場合もあります。
このような状態になると、腹痛を覚える場合も多く、おなかが痛いのに、便は出ないという症状を抱える人もいることになります。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Jun 08.2016
アンチエイジング~お顔の歪み~

生まれつきの骨格もありますが、顔の歪みは、日常でついやってしまう行動などの生活習慣が原因でお顔のたるみが生じてくることもあります。

以下は、顔の歪みを引き起こす原因となる行動です。
日常でついやってしまいがちなことばかりですが、まずは意識してこれらの習慣を控えるよう心がけましょう。

・同じ方ばかりで頬杖をつく
・座ると足を組んでしまう・同じ方ばかり足を組む
・立っている時に左右のどちらかの足に重心をかけている
・猫背・姿勢が悪い
・食事の時に左右どちらか片方で噛む
・カバンをいつも同じ方に持つ
・寝る時に同じ方を下にして寝ている・うつぶせで寝ている

左右どちらかの顔・体ばかり使ったり、重心をかけていたりすると、左右のバランスが崩れて顔・体に歪みが生じると言われています。
体が歪むと、必然的に顔にも歪みが生じます。

食事の際は、左右どちらも使って噛むようにしたり、カバンは左右で持ち変えたり、リュックを使うのも良いのと、
また立つ時・座る時も、足・お尻に左右均等に力がかかるように意識してください。

クセになっている方も多いNG行動ですが、顔の歪みを生じさせないために、日ごろから意識するようにしてみてください。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA