May 25.2016
本日のクライアント様 vol.57

本日のクライアント様

浮腫み
便秘
頭痛
イライラ

今回のクライアント様は便秘とむくみでひどくお悩みでした
夜水分を控えたり、塩分も気をつけていたり
ご自身でも日頃から意識をして頂いていました。

一見あまり関係ないような2つが実はかかわりがあり
便秘から浮腫みやすい体質につながってしまいます

今回のクライアント様の場合、便秘とむくみを強く結び付けているのは「自律神経の乱れ」

便秘は副交感神経によってコントロールされていて
痙攣性便秘や過敏性腸症候群のような便秘はストレスなどで引き起こしやすくなります。

また、むくみは血液の流れが悪くなり、冷え性によって引き起こされることも多く、自律神経が深く関係しているのです。
このように、むくみと便秘が同時にやってくる場合は“自律神経”が乱れやすくなっているサインです

便秘はとくに「脚」のむくみに深く関係しているので要チェックです!

便秘になると腸内に老廃物や毒素、ガスが溜まり、常にお腹が張りやすく、血管やリンパを圧迫して水分を停滞してしまうことで浮腫みやすくなります

今回のクライアント様の様に両方のお悩みがある方は、まずは便秘を解消することで浮腫みづらい身体づくりをしていきましょう!!

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ

KALEN DAIKANYAMA

May 13.2016
KALEN式頭痛改善法2

食生活でも沢山見直す所があります

食べ物の中には頭痛を誘発すると言われている食品があります。

例えば、チーズ、赤ワイン、チョコレートなどです。

日本人は食べ物によって頭痛を引き起こす可能性は低いと言われていますが、もし、毎日、チーズやチョコレートなどをたくさん食べているなど、身に覚えがある方は一度控えて様子を見てみましょう。

ちなみに、アルコール類や柑橘系のジュースなどが原因となっている方も稀にいます。

こちらも少し気をつけてみてください。
(もちろん、アルコールは二日酔いの原因になりますので、飲みすぎには要注意です)

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

May 13.2016
KALEN式頭痛改善法1

不規則な生活を見直す

どうして、不規則な生活をしていると頭痛が起こるのか?

それは、不規則な生活をしていることで、脳にストレスが溜まり、
結果、自律神経の機能を低下させるからです。

脳の自律神経がうまく機能しなくなると、血管の拡張から偏頭痛が起きたり、肩こりなどの筋肉の緊張から緊張型頭痛が起きるようになります。

このように、脳の自律神経の機能を回復させるためにも、不規則な生活を改善する必要があるのです。

好ましい規則正しい生活とは

毎日充分な睡眠を取る

食事は1日3食きちんと取る
喫煙は控える

暴飲暴食をしないようにする

ちなみに、必要以上に睡眠時間を取ることは好ましくありません。

寝過ぎると頭の血管が広がってしまい頭痛が起こりやすくなります。

休日だからといって何時間も寝てしまうと生活のリズムも崩してしまうため、適度な睡眠時間を心がけてください。もりろん、徹夜などをするのも避けた方が良いです。

生活のリズムを確立して、健康的な生活を送ることが頭痛の改善には重要です。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善  身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ

KALEN DAIKNAYAMA

May 13.2016
KALEN式頭痛改善メソッド~群発頭痛編~

群発頭痛・・・強烈な痛みがある期間毎日同じ時間に

<痛みの特徴>
・慢性頭痛で最大級の強烈な痛み。目の奥がえぐられるよう、じっとしていられない
・決まった片側が痛む 特に目の奥が痛い
・持続時間は1~2時間 ある期間毎日のように決まった時間に起こる
・直前に目のかすみ、首のはりなどの前触れがある
・目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状を伴う
・男性に多い

<原因>
原因はわかっていません。が、こめかみの血管拡張がおきているためといわれています。また流涙や鼻水の症状から自律神経から異常な命令が出ているためともいわれています。
アルコール、ニトログリセリンで誘発される場合があります。

<対処>
群発期を予測して予防薬を飲む
鎮痛剤
100%酸素吸入が有効な場合もある(市販の酸素スプレーでは代用できない)
群発期はアルコールを避ける

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ

KALEN DAIKANYAMA

May 13.2016
KALEN式頭痛改善メソッド~緊張型頭痛まとめ編~

緊張型頭痛・・・肩コリと、ギューッとしめつけられる痛み

<痛みの特徴>
・頭をギューッと締め付けられるような痛み、圧迫感、重い感じがいつからともなくはじまりダラダラ続く
・後頭部を中心に両側が痛くなる
・首や肩のコリや目の痛みを伴う

<原因>
筋肉が緊張することから痛みが起きます。その原因は、
・ふだんの姿勢の悪さ
・首の骨などの骨格・体型の歪み
・首や肩のコリ、緊張
・目の疲れ、歯の噛み合わせ
・ストレスや精神的な緊張

<対処>
・予防
症状の予防・軽快のためには、原因となる筋肉の緊張を解消すること、起こさせないようにすることです。
姿勢を正しくする
骨格・体型の歪みを改善する
枕を正しく選ぶ
ストレスコントロール
・痛くなったら
入浴や、こっている部分をホットパックなどで温める
マッサージや指圧
ストレッチでこりをほぐす
薬(鎮痛薬は効果が得られない場合が多い)

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA