Aug 13.2016
KALEN式リンパを流してアンチエイジング

リンパを流してアンチエイジング

リンパ管は、血管のように、全身に張り巡られた管です。この中に流れている液体をリンパ液と呼びます。心臓から送られ、また心臓に戻ってくるまでに、体内では色々な働きをもたらしています。

このリンパ液の流れが悪化して滞ってしまうと、体のあちこちで不調を起こします。体内の余分な水分を排出する事が出来なくなり、体が冷えやむくみを起こしたり免疫機能も正常に働かなくなります。

そして、老廃物や細菌や毒素などの有害物質を分解したり、浄化する働きも劣ってしまい、体調に悪影響を及ぼしてしまうのです。

リンパ液には、アルブミン(疲労物質)を除去する働きがあり流れが悪くなると、アルブミンが蓄積され、疲労感がとれない体になります。

また、リンパ液は免疫細胞も入っているので、全身にスムーズに行き届く事で免疫力もアップしてくれます。よって、リンパは、疲労回復と免疫力を上げる働きをしていると言う事になります。

このリンパを流す為にも、日頃からマッサージをする事で、リンパが持つ働きにも十分な効果が得られると言う訳です。

マッサージは、鎖骨リンパ節から順番に、首の付け根、脇下、腹部、足の付け根、ひざ裏といった流れで心臓から近い順にマッサージを行いましょう。

こうしてリンパの流れが正常になると、体内に溜まった老廃物を排出しやすい体を作ります。具体的な効果としては、体内の毒素をデトックスする、体のコリやむくみの解消、新陳代謝がアップする、ダイエットに効果的、ホルモンバランスが整う、免疫力がアップするなどです。

リンパをスムーズに流す事で、体の内側から健康になるので、健康的で若若しくいられるようになりアンチエイジングにも効果的と言えるのです。

リンパ液は、筋肉を動かす事でも流れますが流れる速度は血液よりも遅いので、運動不足だと詰まりやすくなっています。そういった点を意識しながら、日頃からリンパをスムーズに流せるケアをしていきましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Aug 12.2016
KALEN式夏の冷え性対策

『夏の冷え性』
夏は外気温が高いから冷えとは無関係に感じますが、
その油断が体を冷やしている可能性があります。

・女性の体の構造上冷えやすい
女性は男性よりも筋肉量が少なく、脂肪が多い体質をしています。
また、体内で作られる熱量が違うため体感温度が5℃近く差があります。

・エアコンの設定が低すぎる
暑いから、エアコンの効いた涼しい部屋にばかりいるのも良くありません。
常に涼しい部屋にいると体がその温度になれてしまい、いざ外に出た時に温度差に体の順応が追い付かず熱中症になりやすくなります。

・冷たい飲み物、生野菜ばかり食べている
お腹が冷える上、送り出される血液も冷えてしまい血流が悪くなってしいます。また生野菜は体の熱を取り除く働きがあり、夏で野菜がおいしいからと生野菜ばかり食べていると体が冷えてしまいます。

『夏の冷えから守る4つのポイント』
・首、お腹、足を冷やさない
・上着を持ち歩く
・飲み物は常温
・締め付けない服や下着を身につける

二の腕や太ももなど、柔らかい部分は筋肉が少ないため脂肪が多くあります。
触ってひんやりするようなら身体は冷えています。

自分が今どの状態にあるか知ることが大切です。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Aug 12.2016
タイプ別女性のホルモンバランスの乱れ対処法

タイプ別の原因とアプローチ法参考にしてみてください。

<自律神経が乱れているタイプ>
めまいや肩こり、冷えがある場合は、自律神経が乱れている可能性があります。このタイプは、ストレスによる体への影響が出やすく、月経痛や月経中の不調を感じやすくなるのが特徴です。また、血行不良を起こしていたり、体温調節がうまくいっていない可能性もあります。この場合、緊張性頭痛などの症状も起こりやすいので、マッサージや軽い運動、入浴などで体をほぐし、温めることをオススメします。

<卵巣が疲労しているタイプ>
卵巣の機能がうまく働かないと、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。この場合、体に水分をためこもうとする生理機能が働き、大腸が食べ物に含まれている水分を吸収するため、便まで水分が行き届かなくなります。これにより、便秘が起こりやすくなります。また、黄体ホルモンの過剰分泌が原因で下腹部痛や乳房の痛み、一時的なおりもの量の増加が見られることもあります。
このような方は、タンパク質やビタミンE、カリウムなどが含まれた食材を積極的に摂取するようにしましょう。女性ホルモンが活性しやすくなり、卵巣の新陳代謝がスムーズになります。また、適度な運動を行うことでも女性ホルモンが分泌されやすくなるので、体に負担がない程度で行うことをおすすめします。

<セロトニンが不足しているタイプ>
生理前の黄体期は、黄体ホルモンの分泌が盛んになるため、心や体の調子が不安定になりやすい時期です。この時期は精神の状態を左右する「セロトニン」というホルモンの分泌が減ることで、イライラしたり、怒りを人にぶつけやすい状態になります。また、セロトニンが不足すると食欲をコントロールしにくかったり、寝つきが悪くなるので、過食や不眠がちにもなります。
このタイプの方は、セロトニンを作り出す原料となる「トリプトファン」が含まれているバナナやチーズ、牛乳などを積極的に摂りましょう。またウォーキングやリズミカルな運動もセロトニンの活性を促すため、オススメです。

ホルモンバランスが乱れた状態が続くと、うつ病の発症や、骨粗しょう症になるリスクも高まるため、一過性のものと見過ごさず、適切なケアを行うよう心がけましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Aug 12.2016
タイプ別女性のホルモンバランスの乱れ

ストレスが多く、不規則な毎日を送っている女性は、女性ホルモンのバランスになんらかの変調をきたしている可能性があります。ホルモンバランスが乱れる原因はさまざまですが、根本的な原因として「自律神経の乱れ」、「卵巣疲れ」、「セロトニン不足」の3タイプに分けられます。

生理前の時期に当てはまる項目をチェックしてみて、当てはまる数の一番多いものが、あなたのタイプになります。

<自律神経が乱れているタイプ>
□めまいがある
□ひどい肩こりがある
□不安感が強くなる
□手足の冷えが強いと感じる
□頭痛が起こりやすい

<卵巣が疲労しているタイプ>
□便秘や下痢になりやすい
□おりものが増える
□下腹部痛がある
□乳房の張りや痛みがある
□肌が荒れやすい

<セロトニンが不足しているタイプ>
□イライラしやすく感情のコントロールがしにくい
□他人と関わるのが煩わしくなる
□食欲が増す
□寝つきが悪く不眠ぎみ

体の生理機能は密接に関係しながら機能しているので、症状が続くと3タイプのすべての症状が当てはまることもあります。この場合は、自身がもっとも強く感じる症状からアプローチをしていくことで、女性ホルモンのバランスを整えやすくしましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Aug 08.2016
本日のクライアント様 VOL.88

 

 

眼精疲労
ドライアイ
肩こり
頭痛

眼精疲労と聞くと、ただ目が疲れているだけなのでは?と思いがちです
しかし実は目の疲れには、種類に分類されているといわれています
単なる目の疲れのことを眼疲労といい、その眼疲労よりも重い目の疲れやそれによって起こる様々な不調のことを眼精疲労といいます。

眼精疲労は目に溜まった疲れやストレスによって、目が充血したり疲れたり霞んだり、視力の低下につながったり、さらに頭痛や吐き気、便秘などの症状が起こります。症状が悪化すると、自律神経にも影響をおこすのでいろんな症状に発展することもあります

今回のクライアント様は特にドライアイの症状が強くお悩みでした
眼睛疲労の一つにドライアイがありますが、涙の分泌は自律神経がコントロールしていて
ストレスがたまると涙の分泌が悪くなります

目を開けたまま何秒いることができますか?
10秒開けていられない方はドライアイの可能性が高いです
下のような症状もドライアイの可能性があります
1.目が疲れやすい
2.目がすぐに乾く
3.モノがかすんで見えることが多い
4.目に不快な感じが残っている
5.目に痛みがある
6.目が充血している
7.まぶたが重たく感じる
8.涙が出やすくなった(感動して出る涙ではなく、ホコリなどが入って出る涙)
9.目のかゆみがとれない
10.光を見ると、以前よりもまぶしく感じるようになった
11.目の中がゴロゴロする
12.目やにが増えた

対策として
遠くと近くを交互にみる
目を温める
目の周りをマッサージ
瞬きをする
画面を見ていると、まばたきの回数が減るため、涙が蒸発して目が乾きやすくなります
仕事でパソコンを使う方は瞬きを少し意識してみて下さい

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA