Feb 10.2016
期間限定【KALEN式身体の中から集中花粉症対策ヘッドスパ】

天気が良く気持ちの良い日が続いていますね。

今週末は20℃なんて所も出てくるみたいですね^^

春もそこまできています。

しかーーーし、
「花粉症」の方は辛い日々の始まり、、、

そんな方のために期間限定の特別メニューです。

【身体の中から集中花粉対策ヘッドスパ】

KALENだから出来る身体の中から【短期集中花粉対策】肺や大腸の機能を向上させることにより免疫力を高め花粉から身体をガード!
薬を飲みたくない方、漢方が身体に合う方必見。
全2回のセットコースになっています。
しかも花粉対策のKALENオイルが10ml付いてきます。

僕はこれでKALEN ロゴ去年大分らくでした^^

Feb 07.2016
【KALEN式36.5℃メソッド〜温浴編〜】

毎日きちんと湯船につかっていますか?

お風呂に入ることは冷えた体をぽかぽかに温める絶好の機会です。
今回は寒い季節にぴったりな入浴法をご紹介します。

【お湯の温度は38~40度に】

お湯の温度には注意が必要です。

なぜなら、お湯の温度が少し違うだけで体への効果が全く変わってしまうからです。

おすすめの温度は38~40度、体温プラス2度くらいが目安です。

少しぬるいと感じるかもしれませんが、ぬるいお湯にじっくりつかる方が体は温まるのです。
38~40度のお湯で自律神経のうち休息を担当する副交感神経を優位な状態にして心と体をリラックスさせましょう。

【湯船に入る時間は気持ちいい範囲で】

冷えとりに効果的な38~40度の間で心地いいと思える湯船に入ったら最低10分はつかりましょう。
慣れてきたら30分ほど全身浴すると体が芯から温まります。

ゆっくり体を温められれば、冷える速度もゆっくりなので効果的な入浴法です。

長くお湯につかることに慣れていない方は、腕や上半身をお湯から出したり水で濡らしたタオルで頭を冷やしたりして、のぼせないようにしましょう。

ぬるめのお湯であっても、洗い場や脱衣場は温めておくこと。
寒いとすぐに交感神経にスイッチが入ってしまい、血管を収縮させ血流が悪くなり冷えてしまうからです。
お風呂に入る前に手足やお腹など体の冷えた部分を温めておくとお風呂に入ったときの温め効果がアップして体の芯から温まることができます。

もう1つ気をつけて欲しいことは、入浴時間。

せっかくの休息モードを活かすには、お風呂から上がったらできるだけ早く乾かして就寝してあげる事です。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる漢方小顔ヘッドスパ専門店

KALEN ロゴ

KALEN DAIKANYAMA

Feb 06.2016
本日のクライアント様vol43

本日のクライアント様

足がつる
冷え
寝不足
疲れ
目の疲れ

今回のクライアント様は最近よく足がつることが増えてきた
というお悩み

漢方では足がつるというのは筋、脈に栄養が行き渡らなくなることによっておこりやすくなると考えます

長時間身体のバランスが崩れたままになると自律神経の部分
臓器でいうと「肝臓、胆嚢」の不調につながり
身体が血の不足状態にそれが下半身の血行の部分にも影響して足がつりやすくなります

今回は「WOOD」と「HEAT」とをメインにアプローチ
下半身の巡りをよくしていきます

食生活の乱れから症状がでやすくなるので、バランスの良い食事も気をつけてみてください。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Feb 06.2016
子宮温活のすすめ vol.4

前回に続き簡単にできる子宮温活をご紹介!

子宮を温めるには筋力も必要です
なかなか運動する時間がなかったりという方には日頃自分が行っているものを少し意識してもらうだけでいいんです。

1腹式呼吸
鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、口から息を吐く。
吐く方が吸う方の倍の長さが理想的です
最初は短い時間から始めて、慣れてきたら少し長めに呼吸してみてください。
2歩く
骨盤から足が生えているようにイメージして歩く
特に太ももには大きな筋肉があって、滞りがあると巡って来た血や水分や老廃物が太ももに溜まってしまい、下半身が太りやすく。

駅までの道や、ふと思い出したときでいいのでぜひ試してみてください。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Feb 06.2016
本日のクライアント様 vol.42

本日のクライアント様

眼精疲労
目の乾燥
睡眠不足
肩こり
生理不順

人は視覚情報が8割以上。といわれるほど意識をしていなくても目からたくさんの情報が入ってきています

1日の終わりやパソコンを使ったあとに、目にじわっとした疲れを感じたり、ギュッと目をつぶりたくなったことはないですか?

それが疲れ目のサイン!

最近ではパソコンやスマートフォンを使う時間も増え
目を使いすぎてしまい筋肉が凝り固まってしまったり
情報を処理するために神経もフル回転に

目を使いすぎると、自律神経が緊張し、各部位への伝達がスムーズにいかなくなることや、血液の巡りが悪くなります
カラダが疲れている時や体調を崩しているときの回復が遅れがちになることで結果的に不調にもつながります

ストレスや過度な緊張により、交感神経が高まっていると、
自律神経のバランスを崩しがちに
女性の場合はホルモン分泌が上手くいかないことや、
月経時の骨盤の開閉にも影響を与えて、月経痛や月経不順などのトラブルが起こってしまいます。

一見関係のない眼精疲労が婦人科系の不調にも影響していたりするんです

ちょっと疲れたな。。と思ったら
1目をギュッとつぶってパッと開く。
2目を大きく動かし、上下、左右、斜めの8方向を見ていく。
3温かいタオルを目の上に乗せ、タオルが冷めたらまた温かいものに交換していく。8分ほど続ける

目を休めてあげると、緊張した神経がリラックスして自然とカラダが緩み、カラダ全体の緊張が緩んで、血液の巡りも良くなってきます

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA