Sep 19.2017
幸せホルモンを味方につける方法

甘いものを食べるとやる気がでたり、ストレスを忘れさせてくれるのはなぜでしょう?
実はそれには、幸せホルモンとよばれている「セロトニン」が深く関係しています

・幸せホルモン「セロトニン」とは
セロトニンとは、気分を安定させるのに必要な神経伝達物質で
9割は小腸の粘膜にある細胞内に存在しています
実は脳を興奮させる物質ではあるのですが
落ち込んだ心を励ますと同時に
感情の爆発を抑えながら心を穏やかにもしてくれる感情物質になります

また、セロトニンは睡眠に関与しているメラトニンという物質の原料にもなるため
気分だけでなく、夜に眠り朝に目覚めるという
1日のサイクルにも影響をおよぼします

・甘いものを食べるとやる気が出る理由
ストレスを感じた時、ついつい甘いものが食べたくなりませんか?
セロトニンは、赤身の肉に含まれるトリプトファンという
アミノ酸を原料にして合成されますが
摂取したトリプトファンを脳に運ぶにはブドウ糖が必要になります

そのため、肉や魚を食べた後に甘いデザートを食べることによって
セロトニンの分泌が促進され、幸福感や満足度を高める働きがあります

また、もうひとつの理由として、血糖値が関係しています
甘いものやご飯などの糖質を摂ると、血糖値が上がります
そして、上がった血糖値を下げるために
インスリンというホルモンが分泌されます

インスリンには血糖値を下げる働きがあるのですが
同時に、体内でタンパク質をつくる働きもあります
タンパク質はアミノ酸からできるので
体内で多くのアミノ酸が使われ減少することによって
トリプトファンの比率が高くなります

その結果、セロトニンが一時的に増加しやすくなります;
そのため、甘いものを食べることによって
一時的な快楽を感じることになります
しかし、インスリンによってトリプトファンの比率が高まっているだけで
量が増えている訳ではないため、一時的な快楽に過ぎません

本来の解決策は、甘いものではなく
トリプトファンが多く含まれた食べ物を食べるなどして
セロトニン分泌を増やすことが大切になります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#

Sep 19.2017
実はストレス解消にはビタミンC

・ストレスにはビタミンC

ストレス軽減のために摂っていた“甘いお菓子”が
実は身体にとってストレス解消になっていないどころか
砂糖の摂りすぎなどが逆に身体にストレスを与えていることをご存知でしょうか?

ストレスに甘いものを求めるわたし達ですが
実は身体が欲しているのは『甘味や糖質』ではなく『ビタミンC』になります
遠い昔、お菓子を食べる習慣なんてなかった時代
ビタミンCが豊富で効率よく補給できる食物として
果物を食べていたと言われています

・ストレス対策スイーツが、ストレスに弱いカラダを作る

ストレスを感じると、体内ではストレスに対抗するために
コルチゾールというホルモンが消費されます
そして、コルチゾールを作る際に体内で大量に消費されるのがビタミンCになります

社会的ストレスだけでなく、環境汚染によるストレス
食品添加物や人工甘味料などの不自然な食品によるストレス
タバコの煙(たばこを吸う人は吸わない人の3~5倍ほどのビタミンCが必要)など
常にストレスに晒されている現代人ですが
十分な量のビタミンCを摂れている人はほとんどいません

また、ストレス対策として摂っている甘いものが
コルチゾールを生成する副腎という臓器の機能を低下させるため
よりストレスに弱い身体ができてしまいます
つまり、甘いものが好きな人ほどビタミンCが必要になります

・ジュースやお菓子に頼らない賢いビタミンCの摂り方

合成のビタミンCは抽出時に糖分、石油物質、着色料
香料などを混ぜて生成されており
体内で活性酸素を作り出す原因にもなります

食品から摂るのであれば、季節のフルーツがオススメです
柑橘類はもちろん、夏はトロピカルフルーツ
秋冬は柿やいちごといったような季節のフルーツがオススメです
野菜であれば、赤ピーマンや青菜類も、ビタミンCの良い摂取源になります

ビタミンCは加工に伴って消失してしまいますので
出来るだけ加工せずに食べるのがポイントになります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#

 

Sep 18.2017
姿勢が脳に及ぼす影響

「姿勢が脳に及ぼす影響」

脳と体は結びついていて、表情・姿勢が脳の働きに影響するからです。

猫背でうつむきがちでいると、脳は落ち込むようなことがあったと判断してしまいます。

長いあいだ猫背でいると、このような精神状態がずっと続くということです。

「骨格・筋肉への負担から肩こり・腰痛を招く」

悪い姿勢は骨格や筋肉に強い負担をかけます。

建物の柱が曲がっていたとしたら構造上、さまざまな箇所に負荷がかかるのと同じです。

猫背だと頭が前方に出ている姿勢になってしまいます。

すると首や肩の筋肉に負担がかかってしまうので、肩こりに繋がります。

首や肩のコリから、頭痛が起こる人もいます。

腰にも同じことが言えます。

猫背になると前傾姿勢になるので、重たい頭が前に出てしまいます。

首や肩だけでなく、上半身と下半身を繋ぐ腰が前に倒れないように負担を支えています。

頭だけでなく上半身を支える腰のほうが負担はより大きくなります。

体を支えるために筋肉の補助が必要になり、同じ箇所の筋肉だけが疲れていきます。

その筋肉の疲れがコリ、だるさ、重さ、張りになり、ひどいと痛みになります。

ほとんどの肩こり・腰痛は、姿勢の悪さが原因です。

長い年月、負荷がかかり続ければ筋肉だけでなく、骨格の変形、椎間板ヘルニアといった症状の原因にもなりえます。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小森 美和

ブログ画像
#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Sep 17.2017
本日のクライアント様 vol.185

本日のクライアント様

目の疲れ
肩こり
冷え
むくみ

慢性的な肩こりや、むくみなどの症状がお悩みのクライアント様でした。

日々のデスクワークなどで長時間の同じ姿勢で
肩まわりの筋肉が硬くなり、血の巡りが滞ることで
リンパが滞り、身体に水分を溜め込みやすくなることで
手のむくみなどの症状が出てきやすくなります
また、オフィスで冷房が効いていたりして
身体が冷えを感じやすくなっていても
身体の巡りが滞りやすくなり、肩こりやむくみの症状が
出てきやすくなります

ですので、今回は血の巡りに作用するオイルをベースに使用させて頂きました。

自宅でのケアとしてのストレッチ方法

重力を利用して水分を流しましょう
・肩を数回まわす
・両手をあげる
・そのままの状態で手首を回す
・手を何度かグーパーする

ストレッチ後におすすめのマッサージ方法

マッサージは痛みを感じない程度に
オイルやクリームなどを塗って行いましょう
・指先を揉む
・指先から付け根を揉む
・手のひらを揉む
・手の甲を流す
・手首をさする

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布

Sep 17.2017
本日のクライアント様 vol.184

眼精疲労
めまい
肩こり
ストレス過多
頭痛
生理痛
胃痛
睡眠時トイレに起きる
耳鳴り

デスクワークでPCを使われる方は眼精疲労、肩こりは必ず出る不調です。
クライアント様も長時間同じ姿勢で集中して作業をしているため
目に負担が大きく、疲れがかなり出ていました。

眼精疲労、肩こりから頭痛へ繋がってしまい
血行不良も見られました。

ストレスも感じることが多く、消化不良としてではない
精神的なものから胃の機能の低下も少なくない様子です。

一日のトータルでの水分摂取量はそんなに悪くない量ですが
日中取っている量と帰宅してから寝るまでの間の量が
逆になってしまっていて
日中少なく、帰宅してから多くなるので
夜間、睡眠時にトイレに起きてしまうことで
深い睡眠が取りづらい状態にしてしまい
腎臓や膀胱の泌尿器の機能も夜間に頑張って働いてしまうため
良い働きができなくなっていました。

クライアント様の体質的に
短い睡眠を取ってもあまりダルさが出ず
ショートスリーパーかと思わせる反面
めまいや寝つきが悪くなってしまったりなど
自律神経の乱れは出てきていたので
ご自身での体調管理が一般的な方と比べると少し難しいかと思います。
自分で大丈夫だと思っていても意外と身体は疲れていたりと
日常で現れる些細なサインを見落としてしまわないように
注意が必要です。

普段から頭痛や胃痛など痛みとして現れるサインは特に
根本的なところからのケアが必要です。
ストレスは身体の中にためずに常にリラックスをすることで
解消していきましょう。

水分を摂取するタイミングは日中取る意識をして行きましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山