Apr 04.2019
食欲不振【ヘッドスパ】

食欲不振とは、“食べ物を食べたい気持ちが起こらない状態”や“食べたいのにあまり量が食べられない状態です。

私たちが生命活動をするためには栄養を取ることは必要なことであり、そのための食事がとれなくなっているということは、思っている以上に“普通ではない状態”です。
1長期間(2週間以上)続く食欲不振
2体重減少を伴う食欲不振
3食べ物を食べても味がしない

食欲不振の原因は
ストレスやうつ状態の「心」の精神的な部分が影響して起こる食欲不振です。

もともと“食欲”は脳がコントロールしているのですが、ストレスやうつ状態になると働きが乱れ“食欲”という信号自体が発生しなくなってしまい食事が食べたくないという状態になってしまいます。うつ状態が進行すると、食べても味がしない・砂のような感じがするといった味覚の低下まで起こってきてしまいます。

胃や腸の動きや消化・吸収力の低下などによって起こる食欲不振です。

胃や腸などの消化器の機能は自律神経が調整していますが、疲れやストレスなどが続くと自律神経の働きが低下してしまい胃や腸がうまく動かくなってしまいます。

また夏場に夏バテや熱中症気味になり脱水傾向になると、消化器系にうまく血液が循環せず動きが低下することもあります。

そうすると「胃が動かないので食欲自体もわかない」、「食事をとってもすぐにお腹が張ってしまい量が食べれない」、という状況になってしまいます。

栄養価の高いものや消化のいいものを食べるよう意識して、あとは食べられるときに好きなものを食べましょう。特にバナナは栄養価が高く、睡眠の質を高めるトリプトファンが含まれていますので、オススメです。咀嚼が無理な場合はバナナジュースにしてチョコレートを入れたりすると飲みやすくなります。
香辛料のたくさん入った料理やクエン酸が入った料理も食欲増進効果があります。
外に出て身体を動かすのも大切です。毎日通勤で外に出るのと、オフの日に外へ出て身体を動かすということでは、脳の心構えがまったくちがってきます!

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正

Apr 04.2019
「後鼻漏」の原因【ヘッドスパ】

<後鼻漏症候群とは?>
鼻汁が鼻の前に流れてくる場合を前鼻漏(ぜんびろう)
のどの方へ落ちていく場合を後鼻漏(こうびろう)と言い
鼻汁がのどに落ちるために起こる症状の総称を後鼻漏症候群と呼びます。
通常、鼻・口・のどから1日1.2~1,5リットルの分泌液が出ており
その多くはのどを通り胃に降りていきます。
しかし、何らかの原因で鼻汁の量が多くなったり
通常時よりも粘り気がつよくなったりするとのどの痛み
のどにタンがからまったような違和感、せき、口臭などの症状の原因となります。
後鼻漏症候群を治療するためには
鼻汁の異常を引き起こしている原因を治すことが必要になってきます。

原因1  「慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症」
風邪をこじらせると、鼻腔と細い管でつながっている副鼻腔に炎症が起こり、
急性副鼻腔炎となります。
風邪薬を飲んだり、抗生物質を飲むと1週間で鼻の症状は良くなりますが、
まだ副鼻腔には炎症が残っており、ここで治療を中止すると、
慢性化し、副鼻腔から流れ出た粘液がのどに落ちて、後鼻漏となります。
後鼻漏がひどい副鼻腔炎の場合は漢方薬を併用すると、後鼻漏の症状が早く楽になります。

原因2 「アレルギー性鼻炎」
アレルギーというと、くしゃみ、鼻水がひどい、激しい症状を思い浮かべると思いますが、
鼻が詰まり、鼻水が喉に垂れる静かなアレルギーもあります。
こういう症状の時は、ご自分はアレルギーでは無いと思っている方もいらっしゃいます。
検査をするとアレルギーか、副鼻腔炎か区別することが出来ます。
このタイプのアレルギーは、通常のアレルギーの薬とは異なる薬で良くなることが多いです。

原因3  「逆流性食道炎」
夜間寝ている時に胃酸の逆流が起こると、鼻の奥の上咽頭にまで逆流が起こることがあります。
上咽頭には耳管という、耳とつながる管がありますが、
胃酸はこの耳管を通じて、耳まで逆流する事が知られています。
上咽頭に胃酸が逆流すると鼻の奥に炎症が起こり
鼻がのどにおりているような感覚がおこります。

原因4  「いびき症、睡眠時無呼吸症候群」
いびきから更に進んで睡眠時無呼吸がおこると、逆流性食道炎も起こりやすくなり
症状は悪化します。
いびきは気道が狭いことでおこります。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

newロゴ

Apr 03.2019
プレ更年期に気をつけたいこと【ヘッドスパ】

当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。
40歳前後、あるいはそれより若い年齢にも関わらず
こうした症状が複数ある場合には
年齢より早い卵巣機能の低下、または自律神経の乱れが疑われます。

精神面のチェック項目
・すぐにイライラする
・眠りが浅い、または寝つきが悪い
・涙もろくなった
・憂鬱な気分になったり、不安を感じたりする
・今までより意欲が低下していると感じる
・物忘れするようになった

身体面のチェック項目
・疲れやすくなった
・首から上がのぼせたり、汗をかきやすくなった
・息切れや動悸がするようになった
・頭痛、めまいがするようになった
・以前にも増して肩こり、腰痛がひどくなった
・手足や腰が冷えにくくなった
※ 個人差はありますが、更年期ではほてりが強くなる人の方が多い傾向にありますが
手足の冷えがひどくなることも、冷えにくくなることもあります。

【プレ更年期症状改善に、気をつけたいこと】

プレ更年期での不調は、外的要因で卵巣の機能が
本来の加齢性変化より早く衰えることが原因です。
予防と対策としては、ストレスを溜め込んでしまう生活習慣の改善から始めましょう。

毎日の生活リズムを急に変えるのは難しいかもしれませんが
食生活は、少しの手間で改善できます。
とくに朝食は、1日のエネルギー源になる大切なものです。
1日3食、栄養のバランスがとれた食事をとることを心がけましょう。

また、女性ホルモンと似たはたらきをするイソフラボンを摂取すると
ホルモンバランスを整える効果が期待できます。
イソフラボンは1日30~50mgで十分とされ、豆乳なら1カップ程度です。
ただし、過剰にとりすぎると悪影響を及ぼす可能性があるので注意してください。

睡眠や休息が十分にとれなかったり、ストレスを溜め込んだりしていると
自律神経が乱れてホルモンの分泌にも影響します。
ストレスを上手に解消できるよう、1日のなかで
リフレッシュする時間をつくることも大切です。
体の不調は「このままの生活を続けていたら重大な病気につながりますよ」
というアラームでもあります。
プレ更年期はもとより、これからやってくる更年期での不調を軽減するためにも
規則正しい生活リズムを取り戻していきましょう!

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Apr 03.2019
プレ更年期とは【ヘッドスパ】

女性の体には、ライフステージにおける区切りがいくつかあります。
そのひとつが、閉経の前後5~10年の、いわゆる「更年期」です。
個人差はありますが、日本人女性の閉経年齢が50歳前後のため
多くは40代後半から50代前半の時期が目安になります。

この時期は、加齢に伴う卵巣機能の低下によって
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減り
それによって心身にさまざまな不快な症状が現れます。
これが「更年期障害」で、主に、「ホットフラッシュ」と呼ばれる
のぼせやほてり、発汗、頭痛、動悸、肩こり、疲れやすくなる
イライラするなどの症状が起こります。

更年期障害は、中高年の女性なら誰もが経験しうることです。
ところが最近、40代前半にもかかわらず、更年期のような症状を訴える女性が増えています。
まだ更年期の年齢じゃないのにと思っていても、「プレ更年期」の可能性があります。

【プレ更年期の原因】

「プレ更年期」とは、更年期に向かって体がシフトしていく時期のことで
40代前半がそれに当たります。この年代の女性は、会社では責任のある仕事を任され
家庭では家事・育児の中心であることを求められ、心身ともに多くのストレスに晒されています。
そのため生活リズムも不規則になりがちで、疲労が溜まっていたり、睡眠不足が続いていたり
太りたくないからと食事を制限して栄養不足になっている人もいます。

強いストレスが続いていると自律神経が乱れて
女性ホルモンの分泌にも影響することがあります。
プレ更年期での心身の不調は、加齢もひとつの要因ではあるものの
ストレスや栄養の偏り、生活習慣の乱れからくるホルモンバランスの崩れが
主な原因と考えられています。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#

Apr 02.2019
朝に疲れが残っている原因とは 【ヘッドスパ】

起きたばかりなのに疲れが残っている、と感じる方も多いのではないでしょうか
疲れがとれない理由にはいろいろありますが、意外に多いのが
夜に食べた糖質が影響している場合です。
甘いものと睡眠の質は、あまり関係あるように見えませんが、実は深いつながりがあります。

それは、血糖値が関係していると言われていて
寝ている間に大きく下がることで、睡眠の質も下がってしまうことがわかっています。

【血糖値とは】

私たちの身体には、つねにエネルギー源である糖が流れており
多すぎたり少なすぎたりしないよう、厳密にコントロールされています。
甘いものやごはん、パンなど糖質をたっぷりとってしまうと、血糖値は一気に上昇し
一定量を超えると、すい臓から血糖値を下げるためのホルモンが出てきて
血液中の過剰な糖を処理していきます。

しかしホルモンの作用で血糖値がぐんと下がりすぎてしまうことがあります。
このとき、再び血糖値を上げるために身体のなかで糖を作り出そうとしますが
これがうまくいかないと、今度は血糖値を上げるためのホルモンが出されます。
そして上がりすぎたときは下げるホルモンが出て
下がりすぎたときは上がるホルモンが出て、この繰り返しで血糖値は一定になっていきます。

血糖値を上げるホルモンのアドレナリンや
コルチゾールといったホルモンは、興奮系のホルモンとなります。
リラックスして寝ている間に興奮を促すホルモンが
夜に働いていると、睡眠の質は下がりやすくなります。

【注意したい人とは】

歯ぎしりをする、眠りが浅い、過剰に寝汗をかくなどする場合は気をつけましょう。
この他、翌朝になると両あごの下が痛くなる、マウスピースを使用している方も
前日の夜に食べた物を振り返ってみると良いでしょう。

【心がけたいこと】

翌朝スッキリ起きるためには、夕食時の糖質をなるべく控えることが大切です。
夕食時には穀物は控えめにし、野菜や納豆を入れたみそ汁や
肉、魚を積極的に摂るように心がけましょう。

眠っているときは成長ホルモンによって身体の修復が行われます。
タンパク質やビタミン、ミネラルはホルモンの材料にもなってくれます^^

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#

2 / 30912345...102030...最後 »