Aug 03.2018
夏の不調が秋まで続く原因 [ヘッドスパ]

夏バテとは、夏の暑さで、体力や食欲が低下することにより
疲れやだるさなどの不調が現れる、いわゆる『暑気あたり』のことです。
通常は、気候が穏やかになり、過ごしやすくなる秋口には不調の症状は回復します。

しかし、冷房で身体を冷やす『冷房冷え』により、自律神経のバランスが乱れ
秋になって不調が出てくる、いわゆる秋バテを訴える人が増加しています。

さらに、暑さにより、夏に冷たいものを摂りすぎたことにより『内臓冷え』が起こりやすくなります。
内臓、特に胃腸が冷えることで、全身の冷えにつながり、夏バテが長期化、深刻化した結果
秋になっても疲れやだるさなどが続く『秋バテ』に繋がりやすくなります

「秋バテ」のタイプは、夏の生活習慣により2タイプが予想されます。
・冷たいものを摂りすぎた「内臓冷えタイプ」
・冷房の効いた室内で長時間過ごした「冷房冷えタイプ」になります

【秋バテ対策】

「じんわり温め」で、身体をリセット

「秋バテ」の不調である疲れやだるさ、肩こりを軽減するために
ぬるめのお湯(38℃~40℃くらい)にゆっくり入り、全身を温め、血めぐりをよくしましょう
入浴の際には、身体の芯まで温め、血めぐりをよくする炭酸入りの入浴剤を活用すると
ぬるめのお湯でも血めぐりをよくすることができます。

また、身体には、血管や筋肉、ツボなどが密集しているポイントがいくつかあります。
肩は、こりが出やすい部位であるとともに、血管やツボが密集しているため
効率的に血めぐりアップができるポイントでもあります。
1日のうちに数回、肩ほぐしタイムを作りましょう。
肩ほぐしは、肩甲骨を動かすことを意識するといいでしょう。

「ゆったりリラックス」で、心と身体をリセット

ストレスで不調がさらに悪化している場合には
リラックスモード時に優位になる副交感神経を高め、ストレスを和らげることが大切です。
ぬるめのお湯の湯船につかったり、自分の好きな香りの入浴剤を入れたりするなどして
バスタイムでリラックスすることがおすすめです。

また、蒸気が出るタイプのアイマスクなどを利用し、目と目もとを温めると
緊張が和らぎ、リラックスできます。休憩時間や寝る前に活用しましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Aug 01.2018
本日のクライアント様 vol.240 [ヘッドスパ]

本日のクライアント様

イライラする
睡眠不足
肩こり
胃もたれ
喉が乾く
痰が絡む

今回のクライアント様は、お子様もまだ小さく手がかかり、自分一人の時間がなかなか取れず
ストレスが溜まりやすくイライラしやすいとのことでした。

普段は気にならないような事なのに、必要異常に過剰な反応をしてしまった。
イライラが自分でも抑えきれない、そんな経験はないでしょうか。

中医学が考える急性のイライラの原因には
思いや悩み、欲求が満たされないときなどに起こりやすい「心火(しんか)」によるイライラと
人間関係やプレッシャーなど精神的なストレスや怒りなどから起こる
「肝火(かんか)」によるイライラがあるとされています。

心火・肝火、どちらのイライラも「火」が原因なので
その熱を冷ますことがイライラを鎮めるためには大切になります

また、ストレスなどが原因でお酒の飲みすぎ、辛いものや脂っこいもの
甘いものなどの過食なども身体に余分な湿熱を生みやすくなります

自宅でのケアでも
脂っこい食べ物、味の濃い食べ物、甘いものやお酒はできるだけ控えめにしましょう!
また、茄子、ミカン、レモン、リンゴなどには、潤いを生むと同時に
熱をとる力もあるとされるので、イライラした時に食べると良いでしょう。
レモンなどの香りはスッキリしたい時やストレス発散にも効果的です!

思い悩んだり、ストレスや欲求不満を感じているとき、人はイライラすると中医学では考えます
普段からさっぱりしたもの、熱のこもらない食事を心がけ
思い悩みすぎることなく、執着しすぎることなく、心穏やかに保つことが大切です^^

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#

Aug 01.2018
疲れにくい身体をつくるには [ヘッドスパ]

疲れの多くは、自律神経の乱れによるものが多い場合があります
自律神経は交感神経と副交感神経からなり、体温や内臓の働き、血液の循環など
大切な機能をコントロールして、そのリズムがくずれてしまうと疲れの原因になります

自律神経のリズムを整えるには、昼は交感神経を優位にして活動し
夜は副交感神経を優位にして心と体を休めることが大切です

そして、食事の内容や食べ方も疲労の予防や解消につながります
交感神経にスイッチを入れるため、朝食は必ずとる
夕食は寝る2時間前までにはすませることで睡眠リズムが整いやすくなります

<1>決まった時間に起きる
朝はなるべく同じ時間に起き、太陽の光を浴びましょう
睡眠リズムをつくる「メラトニン」というホルモンが
夜にきちんと分泌され、生活のリズムが整います
起きたらすぐに交感神経を高めて、活動モードに入りましょう
この時間帯に体と脳をしっかり働かせると
1日のリズムが整いやすくなり、夜ぐっすりと眠ることができます

<2>朝食をとる
朝食をとると胃や腸が動き始め、交感神経にスイッチが入ります
よくかむことは交感神経に刺激を与えるので、水分だけでなく固形物をとることが大切です
シリアルや果物だけでも良いです。排便リズムが整いやすくなります

<3>こまめに休憩をとる(仕事・家事・勉強中)
疲れをためてしまうと、回復するのに多くの時間が必要
そこで、疲れる前にこまめに休憩をとるようにしましょう
休憩時間にはお茶を飲んだり、ストレッチで体を動かすと気分転換にもなります

<4>決まった時間に昼食をとる
昼食時間が不規則だと、生活リズムを乱すモトに
なるべく同じ時間に昼食をとるよう心がけましょう
たんぱく質やビタミン類をしっかりとれる定食がおすすめ。めん類や丼ものには1品加えて

<5>30分以内の昼寝をする
長時間寝ると夜の睡眠を防げてしまうので30分以内にしましょう
眠る前にカフェインをとっておくと
15~20分ほどで覚醒作用が現れスッキリ起きることができます

<6>仕事に疲れたら深呼吸
仕事や勉強に「飽きた」と感じるのは、脳が疲れ始めたサイン
深呼吸をして脳に酸素を送り込みましょう
鼻で息を吸い、口から吐き出します

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Jul 28.2018
味覚と美肌の関係 2 [ヘッドスパ]

酸 <酸っぱい>食べ物

酸には「体を引き締める働き」があります。
酸は肝を補います
肌においては、引き締めや収れん作用、また潤いを保つ作用があり弾力と関係しているので
酸っぱい食べ物は「肌弾力アップ」に効果的と言えます。
【酸に属する食べ物】お酢・梅干し・ゆず・かぼす・リンゴ・梨・キウイ など

苦 <にがい>食べ物

苦には「熱を取り除く働き」があります。
苦は心を補います
全身に血液を送り、体の余分な熱や湿気、余分な水分などを外に出す働きがあるので
むくみが解消され体内循環が良くなることで顔色が良くなり「透明感のある肌」になります。
また便秘などによる吹き出物やニキビの解消にも効果的です。
【苦に属する食べ物】お茶・牛蒡・タケノコ・ニガウリ・ミョウガ など

甘 <甘い>食べ物

甘には「胃腸を助ける働き」があります。
滋養強壮・疲労回復によいとされています。
調和・緩和作用があるので皮膚に栄養を送り
シワやたるみの解消に効果的と言えるので「ハリのある肌」になります。
【甘に属する食べ物】かぼちゃ・栗・キャベツ・ニンジン・サツマイモ・エビ・バナナ・大豆・トウモロコシ・など

辛 <辛い>食べ物

辛には「発汗・血行を促す働き」があります。
肺を補い、皮膚のバリア機能を整えたり、全身に血液を巡らせる働きがあるので
「肌の潤い」やむくみ解消に効果的と言えます
血液循環が良くなることで「透明感のある肌」にもなります。
【辛に属する食べ物】にんにく・ワサビ・生姜・唐辛子・シナモン・白きくらげ・シソ・ゴマ・ネギ・大根 など

鹹かん<塩辛い>食べ物

鹹には「しこりを和らげる働き」があります。
腎を補い、腎のパワーが弱ると新陳代謝がダウンすると言います。
柔らかくして潤す作用があるので「潤いのあるなめらかな肌」になります。
水分代謝を高め、リンパ・血液の流れを整え排泄を促します。
【鹹に属する食べ物】シジミ・あさり・昆布・牡蠣 など

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

 

Jul 28.2018
味覚と美肌の関係 1 [ヘッドスパ]

味覚を利用した美肌づくりとは

「潤いのある肌」
お肌を触った時にしっとり。肌表面の角層が水分をしっかり含んでいるみずみずしい状態の肌

「なめらかな肌」
肌のキメが細かく、規則正しく整っている状態の肌

「ハリのある肌」
シワやたるみがなく肌にツヤがある状態の肌

「弾力のある肌」
表皮の下にある真皮のクッションの働きが良く、肌を軽く指で押した時に跳ね返る感覚がある状態の肌

「血色がよく透明感がある肌」
真皮と皮下組織にはりめぐらされている毛細血管内の血液循環がよく
巡りが良い状態で顔色が明るくくすみがない状態の肌

「美しい肌」というのは、それぞれの状態をこのように具体的に見ることができます。

食べ物を食べた時の味覚を5つの味覚に分け、それを合わせて「五味」と言います。

「酸」すっぱい
「苦」にがい
「甘」あまい
「辛」からい
「鹹」しおからい

実はこの五味はすべて五臓六腑の働きととても密接な関係をもっています

中医学の中に五行説(ごぎょうせつ)というものがあります。
万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなっていて
この5種類の元素は「お互いに影響を与え合い、支え合ったり相殺しあったりしてバランスをとりながら変化し、循環する」
という考えが根底にあるのですが、この五行の中に臓器や色や味覚や季節・色々な物が当てはまっていきます。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

2 / 25112345...102030...最後 »