Oct 14.2017
不安やストレスで眠れない理由とは?

不安やストレスで眠れなくなる原因

・頭の中が心配事でいっぱい

ストレス過多で頭のなかで常に心配事がグルグル回っている
こういった状態の時脳の中では緊張を高めるホルモンが分泌されています
感情に関わる大脳辺緑系という部分が刺激されると分泌されるノルアドレナリンです
このホルモンは不安や恐怖、怒りを感じた時に分泌されると言われていて
私たちの思考や意識を活性化する働きがあります
その結果、交感神経が活発化するので、心身の緊張が高まり
眠りとは逆の覚醒状態になってしまいやすくなります

・レム睡眠が多くなってしまう

熟睡感を感じるためには、深い眠りである「ノンレム睡眠」の時間を
どれだけ長く取れるかが重要になります
しかしストレスが多いと眠りの浅い「レム睡眠」の時間が長くなってしまうため
良く寝た!という実感が得られにくくなります
レム睡眠には人の記憶を整理して心をメンテナンスする働きがあります

今夜からできる対処方法

・気になることを紙に書き出す

不安やストレスの原因を頭の中に詰め込まないで
紙などに書き出すのも良いでしょう
客観的に頭の中が整理され、気持ちが静まることがあります
ストレスの対象や、ストレスを感じている自分自身から
すーっと距離を置くことができれば
渦中にいる時よりも穏やかな気持ちになれでしょう

・ゆっくり風呂に入る

38~40度のぬるめのお湯にゆったりと入ると
副交感神経が働きリラックスしやすくなります
お湯につかり体温が上がるため
その後体温が下がるタイミングでスムーズな入眠につながります
また体が温まり全身の巡りが良くなると
筋肉の緊張がほぐれて大きなリラックス効果があります

・深呼吸をする

目を閉じて深呼吸を行うと、副交感神経の働きを高め
お休みモードのスイッチをいれてくれます
鼻からゆっくりとすって、口か鼻からゆっくりと吐きます
ゆっくりと吐き切ることで、たくさんの新しい空気を吸い込むことができます
実際にストレス過多な状況下では、人は呼吸が浅くなり
脳も身体も酸素不足になります
その結果ますます緊張が高まってしまいやすくなるので
体に酸素を行き渡らせるために深呼吸は重要になります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

 

Oct 14.2017
美肌をつくる睡眠の取り方とは?

美肌をつくる睡眠のとり方

・決まった時間に寝るようにする

毎日違った時間に寝ると、体内時計が安定しずらくなります

成長ホルモンは体内時計の影響を受けるので
安定していないとスムーズに分泌できなくなりやすくなります

スムーズに分泌させるためには
毎日なるべく同じ時間帯にベットに入り
体内時計を安定させる必要があります

・睡眠導入前から下準備

成長ホルモンをしっかりと分泌させるためには
睡眠に入ってから3時間が大切になります
この時間帯にしっかりと熟睡ができるように
睡眠をとる前の時間帯にも気を配りましょう

・1時間前から準備

睡眠に入る前の1時間は
なるべくリラックスして過ごすようにしましょう
暗い部屋でアロマなど焚き
ストレッチするのもおすすめになります

この睡眠前の時間に、スマホやテレビといったブルーライトや
バックライトを使った機器を使用するのはなるべく避けると良いでしょう
脳に刺激が残るので、良質な睡眠の妨げになりやすくなります

・3時間前から糖質をとらない

睡眠時に胃腸が活発になっていると
良質な睡眠がとれにくくなります

なるべく睡眠の3時間前までに
食事をすませておくようにしましょう
また、糖質を控えることで
睡眠の質が良くなりやすくなります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Oct 14.2017
睡眠は美肌の強い味方

睡眠は1日に何時間とっていますか。
たっぷりと8時間寝ている人もいれば、6時間という人も
忙しくて5時間ほどという人もいるでしょう

・睡眠とホルモンの関係

睡眠は肌の再生に大きく関わっています
それは睡眠によって、「成長ホルモン」が分泌されるからになります

成長ホルモンと聞くと
子供の成長段階で大切なものというイメージがあるかもしれませんが
成長ホルモンは年齢に関係なく、私たちの細胞分裂を促すものなので
肌の再生をおこなうために必要なホルモンになります

ただし加齢とともにその分泌量は減っていくので
年齢を重ねるほどに成長ホルモンを分泌させるには
睡眠が大切になってきます

・6時間の睡眠で肌を再生

成長ホルモンは、睡眠に入ってから約3時間以内に分泌が始まります
成長ホルモンが分泌されると、肌の奥で細胞分裂が起こるのですが
すぐに細胞分裂が終わるわけではありません
「成長ホルモンを分泌する時間」+「細胞分裂の時間」を合わせると
だいたい6時間くらい時間が必要になります

睡眠時間が少なかった日に肌が荒れ気味になるのは
この肌再生がしっかりと行われなかったことが原因になります

・「寝だめ」は肌再生に通じない

よく、平日は忙しくて睡眠時間を確保できないから
週末にたくさん寝る、という人もいます
しかし、たくさん睡眠をとることで、疲れはとれるかもしれませんが
肌は別問題になります
肌再生は毎日、一定の時間内に行われています

・睡眠は一番優秀な「美容液」

睡眠は肌再生だけでなく、肌の栄養にも関わっています

私たちが起きている間は血液はほとんど脳に集まっているため
肌へは栄養が行きわたりにくくなっています
しかし眠りに入ると血液は体の各部へと流れるようになるため
肌への栄養も届いていくようになります
こうして睡眠は肌への影響がとても大きくなります
睡眠は、何よりも優秀な「美容液」になります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

Oct 12.2017
スマホ二重あごの解消法

・姿勢を良くする

歩く時や、座って仕事をしている時など、意識的に胸を張り背筋を伸ばしましょう

デスクワークが多い人は、机やいすの高さとパソコンと体の距離を調整しましょう
二重あごはもちろん、肩こりの解消にも繋がりやすくなります

猫背で顔が前に出てあごがたるんでいる人は、背筋を伸ばしましょう
スマホを胸やお腹の位置で抱え下向きに見ていた人は、改善すると良いでしょう

・よく噛む

食べ物を口へ運んだら、20回くらいは噛むようにしましょう

ガムを噛むのも、二重あご対策には効果があります
その際は、左右バランスよく噛みましょう

歯のかみ合わせや癖でつい片方だけで噛む人がいますが
意識して両方使うようにしましょう

・よく笑う
声を出して笑う、ニッコリ口角を上げてスマイルを作るのも効果があります
笑顔になっているだけで顔やあご、首の筋肉が鍛えられます

・エクササイズ
1 背筋をピンと伸ばし、あごを引いた姿勢を作ります。
2 親指と人差し指であごの骨を挟んで押します。
3 上を向き「あいうえお」の口をします。
4 上を向いて舌を出し、鼻の方に伸ばします。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Oct 10.2017
スマホ二重あごとは?

うつむき加減の姿勢でスマホの画面を見続ける事で
頬や顎部分に重力がかかり口の周りの筋肉が下に引っ張られます
その姿勢が長時間続くと皮膚が下がり、二重あごになりやすくなります

・姿勢が悪い

歩いている時の姿勢はもちろんですが
座ってパソコンワークをしている姿勢も注意が必要になります
パソコンを使用する時、机やいすの高さ、体とパソコンの距離、目の高さなど
自分に合っていないと、どんどん猫背になってしまいます

また、スマホの普及により、ストレートネックになっている方も増加しています

ストレートネックとは
身体を横から見たときに本来あるべき首のカーブが少なく
ストレートに近くなっている状態の事です
年齢とともにカーブは減りがちですが
いまは若い人もカーブが少ない人も多いです

それは、スマホをお腹から胸辺りで見ているためになります
うな垂れた首を中途半端に持ち上げる姿勢でスマホの画面を見ているので
首の後ろは凝り、ストレートネックになりやすくなります

首の前方はたるみ、二重あごも引き起こしやすくなります

・噛む回数が少ない

柔らかいものを食べる事が多く、咀嚼(そしゃく)回数が少ないと
あごの筋肉が使われません
そのため、筋力が衰えて、あごがたるんできやすくなります

・無表情

顔の筋肉を使わない人は、口角が下がり顔がたるみやすくなります
無表情で過ごす時間が多いと
顔の筋肉を使わないので二重あごの原因になりやすくなります

・加齢

年齢を重ねると、顔の筋肉が衰えフェイスラインがたるみやすくなります

・筋力の衰え

二重あごと言うと、太っている方をイメージしませんか?
実は、痩せていても二重あごになる人もいます

顔や身体には余分な肉や脂肪がないのに、顎は二重あご
これは、筋力が衰えている為に
顔の筋肉や脂肪が重力に負けて顎の方に下がってしまい
二重あごの原因になりやすくなります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

2 / 20012345...102030...最後 »