Oct 09.2016
本日のクライアント様 vol.93

本日のクライアント様

肩こり(左)
首こり
ストレス
胃もたれ
口周りのあれ

肩こりは、疲れや長時間の姿勢保持などが原因の場合が多いですが、特に左肩のこりがひどい、という場合、別な要因も考えられます
左肩こりが、特に顕著な場合、胃の不調がある可能性があります
左側には心臓の影響とリンパ管の影響が現れます。
体内を流れている血管やリンパ管は、左半身と右半身では、役割が違うので、片側のみ不調としてでてくる場合があります

左肩周囲には、心臓から流れて体内を一周した血液とリンパ管が合流する、左静脈角という器官があり、栄養が集中しやすい部位です

暴飲暴食や、不規則な生活などによって、胃が疲れると、リンパ液や血液の循環が悪くなり、この左静脈角のある、左肩がこるのです。
胃は、ストレスやお酒の飲みすぎなど、不摂生によって影響を受けやすいデリケートな器官です

胃が原因で左肩が痛い場合、ストレスからくるものが多いのでリフレッシュする時間をつくりましょう
他にもいつも左肩にかばんをかけている
同じ場所に座り同じ方向からテレビをみている
片方だけ足を組むな
など習慣的に偏った筋肉を使っていないかどうか、見直してみましょう。違う肩にかばんをかけてみるなど、日常的な癖を直すことでも、肩こりが起こりにくくなります

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

 

 

Oct 08.2016
10/8満員御礼

沢山のクライアント様にお越しいただき全時間帯で満席となりました。

当日お越しいただいたクライアント様、誠にありがとうございました。

土日祝日はご予約が取りにくい状況でございますのでお早めのご予約をお勧めいたします。
ブログ画像
代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ

KALEN DAIKANYAMA

Oct 08.2016
実は知らない「肝臓・胆のう」

胆のうは肝臓の下くらいにあり、ナスや西洋ナシのような形をしていて、
長さは10cm×4cmほどの小さな器官です。

<肝臓で作られた胆汁を貯えておく働き>
胆のうは、肝臓で作られた胆汁(たんじゅう)を貯えておく働きがあります。
胆汁とは、主に脂肪を消化する働きのある液体で、胆のうはこの胆汁を
5~10倍ほどの濃さに濃縮して貯蔵しています。
ちなみに、胆のうは総肝胆、胆のう管という管で肝臓とつながっており、
肝臓で作られた胆汁はこの管を通って胆のうに蓄えられます。

<貯えた胆汁を十二指腸に送る働き>
胆のうは食事(特に脂肪分を多く含む食事)をした際に、収縮をして、
胆汁を十二指腸に送る働きをします。
十二指腸に送られた胆汁は、脂肪の消化や吸収を助ける働きをします。
ちなみに、食べ物が十二指腸に入ったのを知るきっかけは、ホルモンが関与しています。
脂肪など消化に時間のかかる食物が十二指腸に入ると、
セクレチンやコレシストキニンというホルモンが分泌されます。
これらホルモンが胆のうを刺激して、貯えてある胆汁を十二指腸に送り出します。

<肝臓が弱ってしまうと>
肝臓が弱ってくると、脂物がむしょうに食べたくなります。
これは体内の脂質代謝が悪くなったためと考えられます。
ナッツ類やマヨネーズ、バター、マーガリンなどの脂っこい食べ物が欲しくなります。
油っぽい食事をいつも摂っていたり、肉料理など脂肪の多い食事を摂りすぎている場合は
肝臓で処理できなかった脂が酸化して、脂の匂いの体臭にもつながります。

肝臓は血液を浄化する体内の浄化槽にあたる役割をはたしますが、
ここが弱ると血液が汚れてしまい、脂分の多い血液が滞る状態を招きます。
汚れがひどくなると、体に「張った」感じが出てきます。
肩こりや首のこり、おなかが張る、乳腺症などで乳房が張るなどの症状があれば、
肝臓の弱りと判断して良いと思います。

<肝臓・胆のうに良い食材>
・魚介類(特に牡蠣、貝類、イカ、タコ)
・ウコン
・ゴマ
・みかん
・梅干し
・黒酢 など

脂っぽい食事、外食、ファーストフードがお好きな方は
上記の食材を参考に、バランスの良い食事を心がけましょう。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Oct 08.2016
肩甲骨の痛み〜左右の原因の違い

肩甲骨あたりが凝るということを感じている人は多いのではないでしょうか。
最近運動不足だし、寝ている間に固まったかな?などと思うこともありますが、
実は意外な原因がある可能性もあります。

肩甲骨のコリは血行不良が主な原因ということがありますが、なかなか改善されない場合には
他にも原因があるようです。
それは肩凝りに隠れて潜んでいる内臓疾患が原因かもしれないということ、
また肩甲骨の右と左では、コリの原因が違うこともあります。

<右の肩甲骨の痛み>
無理な姿勢によって痛みが出てくることが多くなります。
でも、思い当たることがない場合、肝臓や胆のう、十二指腸といった臓器にトラブルが起こっている可能性があります。
胆石症の場合は、みぞおちを中心に 右肩甲骨や腕、背中全体にも激痛が起こるようです。
また、右の肩甲骨が痛むほか、手に痺れがある場合は神経の病気の可能性があります。
ただし、右の肩甲骨の痛み=病気という訳ではありませんから、まずは落ち着いてください^^

<左の肩甲骨の痛み>
すい臓という臓器のトラブルである可能性があります。
左側の肩甲骨付近の痛みと、一緒に腹痛などが酷いというときには、
すい臓のトラブルを考えてみる必要がある可能性があります。
左の肩甲骨の痛みは、「身体の歪み」と「ストレス」が主な原因です。
猫背、片方の脚を組むクセがある、カバンを持つ手が決まっているなどが身体の歪みを生み出し、左肩甲骨の痛みにつながってしまいます。
ストレスなど心の問題で痛みを感じることもあるようです。

ただ、肩甲骨あたりのコリ=内臓のトラブルという訳ではありません。
多くは長時間PCやスマホなどを扱っていたり、
事務作業などでの血行不良によるコリの可能性も高くなりますが、
一つの可能性として、考える必要があります。

その可能性を少なくするためにも規則正しい生活を心掛けましょう。
質の良い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動 を意識してみてください。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA

Oct 08.2016
めまいを改善する5つの方法

「めまい」に悩む日本人は意外と多いようです。
「メニエール病」と診断された人が何人かいます。
メニエール病は本来10万人あたり、20人から40人程度しか発症されない病気なのに、
安易にメニエール病と診断されている人が多過ぎると指摘されています。
メニエール病と診断されている人の多くは「良性発作性頭位めまい症」の可能性があり、
この良性発作性頭位めまい症の場合は85%の方が、生活習慣を改善することで
回復していくそうです。

<良性発作性頭位めまい症とは>
運動不足等の生活習慣から、耳の奥にある「内耳」に起こる異変が原因。
内耳にはバランス感覚に関わるセンサーとなる耳石器があります。
耳石器には「耳石」という炭酸カルシウムの決勝が乗っているのですが、
運動不足で身体を動かさずにいたり、同じ姿勢を長く保つことで、
何かの拍子に耳石が三半規管に入り、それがめまいを引き起こしてしまう。
特に寝ている時はに耳石が三半規管に入りやすいのだとか。

<改善する5つの方法>
1 朝晩の体操で上半身を大きく動かす
耳石が沈殿しないよう、朝晩2回「前屈」「後屈」、身体を左右に倒す、ジャンプする……
といった軽い運動を行ってください。

2 枕を高くする
耳石が三半規管に入り込まないようにするため、枕の下にバスタオルなどを敷いて
頭を高くして眠ってください。

3 横になってのテレビや携帯電話・スマホの禁止
同じ姿勢で頭が低い位置になるとも耳石が三半規管に入りやすくなります。
テレビや携帯電話をする時は必ず座ってください。

4 朝夕30分間スタスタと歩く
座った姿勢を長く続けることで、良性発作性頭位めまい症を起こしやすくなります。
耳石をしっかり撹拌するために、朝夕30分程度「スタスタ」歩いてください。
ゆっくりではなく「スタスタ」がポイントです。

5 2時間おきに5~6回ジャンプ
デスクワークなど、同じ姿勢でいる事の多い人は2時間おきに5~6回ジャンプしください。
意図的に頭を動かすことがポイントです。

良性発作性頭位めまい症の場合は、かなり効果が見込めるそうですので、
めまいに悩まれている方は1度試してみてください。

KALEN ロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA