Jan 11.2019
食べ過ぎを防ぐ方法【ヘッドスパ】

【朝、昼、晩、規則的に食べることを心がける】

夜ご飯を食べすぎてしまい、朝お腹が空かないと
朝食を食べずに出かけてしまいやすくなります。

これが昼ご飯、夜ご飯を食べすぎる原因にもなります
また食事の回数が少なくなってしまうと代謝も落ちてしまいやすくなります。
空腹が強く出るとつい食べ過ぎてしまいやすくなるので
なるべく三食取るようにしましょう。

また食事の時間の間隔があいてしまうときは、おやつを食べましょう!
しかしおやつも取り方次第では太る要因になってしまいますので
おやつ選びにも注意が必要です

おにぎり、干しイモ、するめ、ナッツ類
ドライフルーツ、チーズ、ヨーグルトなど
これらの食品は栄養価が高いので空腹を紛らわすのにおすすめです。

【食べる量を決めておく】

食べ過ぎてしまうのは目の前に食べる物がたくさんある
外食に行くと残すともったいないなどが多く当てはまります。
食べる量を予め決めておいてそれ以上食べないようにすることで食べ過ぎを防止できます。

【よく噛んでゆっくりと食べる】

早食い、よく噛まないで食べると満腹中枢が刺激されるまで時間がかかってしまいます。
一口食べ物を口に入れたら30回は噛むことを目標にしてみると良いでしょう

【ストレス発散方法を見つける】

ストレスがたまって、それが暴飲暴食を引き起こします。
・アロマの香りでリラックス
・温泉に行く
・散歩する
・映画を観る
など、自分がリフレッシュできる方法を見つけましょう^^

【食べる順番を変えてみる】

同じ量を食べていても食べ方次第で脂肪の蓄積度合いも変わってきます
汁もの、野菜から食べることで血糖値の上昇を緩やかにできます。
また温かい汁物には満腹中枢を刺激する働きがありますので食べ過ぎ防止にも効果的です

また、時間を決めることでながら食い、だらだら食いを解消しやすくなるので
食べ過ぎを防止しやすくなります。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#