Mar 15.2019
花粉シーズンの頭皮トラブル【ヘッドスパ】

花粉皮膚炎と呼ばれる“皮膚の乾燥や炎症”として現れることです。
皮膚である頭皮にも影響するので、放っておくと健やかな髪の成長を阻害してしまいます。花粉のせいで頭皮トラブルが起こり、抜け毛や薄毛にも繋がりかねないです。
花粉皮膚炎とは、花粉が皮膚に接触することによって生じる皮膚炎。
境界のはっきりした赤みの強い、少し盛り上がった赤い発疹が特徴です。小さなぶつぶつが広がる場合や、まぶたや頬が全体的に赤くなる場合も。

特に今冬の東京では雨が降らない日々が続き、乾燥した空気は肌へダメージを与え続けていました。乾燥した皮膚は、肌表面のバリア機能が乱れているため、花粉が肌に入り込みやすい状態に。

頭皮が乾燥や炎症などのトラブルを抱えていると、頭皮のバリア機能が低下し、薄毛を誘発する可能性があります。
乾燥による頭皮の炎症やフケ、頭皮の突っ張りに悩んでいる方が多いです。
このような頭皮トラブルを防ぐために重要な鍵となってくるのが、頭皮の保湿です。

花粉シーズンに頭皮トラブルを防ぐには

1ブラッシングで花粉を落とす
ブラッシングするだけでもある程度の花粉は落とせます。頭皮を傷つけないように、無理に引っ張らずに毛先から丁寧に。
2自分の頭皮にあったシャンプーで優しく洗う
シャンプーは頭皮の状態にあわせて選びましょう。頭皮が乾燥している場合は、脱脂力の弱いアミノ酸系のシャンプーを。指の腹でやさしく。
ドライヤーは洗髪後すぐに。髪から20cmほど離しましょう。頭皮が濡れた状態で放置すると、雑菌が繁殖してしまうので、洗髪後すぐにドライヤーを。
3頭皮専用の保湿液を使う
乾燥対策にぜひ取り入れてほしいのが、頭皮専用の保湿液。
肌をスキンケアするのと同じ感覚で頭皮もしっかり保湿ケアを。
4髪の分け目を変える、帽子を被る
いつも同じ分け目だと、そこだけダメージが進んでしまうこともあるので こまめに分け目は変えましょう。帽子も花粉や紫外線をブロックできます。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル