Jan 13.2018
生理前にイライラや頭痛が起きやすい人

PMSというのは、生理前にさまざまな不調が起こる月経前症候群のことです
PMSには、大きく分けて体の症状と心の症状があります
例えば、体の症状というと、腰痛やむくみ、便秘、肌荒れ、頭痛、めまいなど
心の症状としては、イライラや落ち込み、不安感などのほか
過食に走ってしまうという方もいます
軽いものも含めると、約8割の女性にこうしたPMSの症状があるといわれています

PMSの原因はいくつか考えられますが
主な原因と思われるのが、女性ホルモンの急変動になります
女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンという2種類のホルモンがあって
この2つのホルモンが生理前に急変動することによって
体と心が振り回されてしまいやすくなります
また、プロゲステロンとエストロゲンのどちらかが過剰になるなど
2つのホルモンのバランスが悪くなることも不調の原因になっています
プロゲステロンが少なくなればPMSが解消するわけでもなく、重要なのはバランスです

《PMSを乗り切るにはストレスはご法度》

PMSはストレスも大きく関係しているので、性格的に神経質だったり完璧主義だったり
ストレスを溜めやすいタイプの方がどちらかというとなりやすい傾向にあります
生理前の時期は、基本的に妊娠に備えてお休みするような時期なので
無理にがんばったりせずに、スピードをゆるめてあげると良いです
何より大切なのは、心に負担をかけないことです
それが体への負担も軽減しやすくなります

日本人は、人にどう思われるかをとかく気にしがちですが
自分の気持ちに正直になって行動するのも良いでしょう
また、この時期は体重が減りにくいので、
無理にダイエットなどしてストレスを溜めないことが大切です
体重が増えないように気をつけよう…と思うぐらいで良いでしょう
また、この時期にどうしても甘い物を食べたくなるという方は
甘い物を食べ過ぎて血糖値が急激に上がると
精神的な不安定にもつながるので控えたほうがいいですが
絶対ダメというものを作ると心に負担がかかるので
食べたくなったら高級なものをちょっと食べて
心の満足感を得るなど工夫をしてみるのも良いでしょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#