Dec 05.2017
本日のクライアント様 vol.192

本日のクライアント様

冷え性
肩こり
便秘
むくみ
風邪を引きやすい

平熱が低く、風邪を引きやすく、便秘やむくみなどの症状も有り
身体のだるさが取れないとのことでした。

低体温になると、血行も悪くなり、免疫力も低下し
疲労やアレルギー、など様々な症状がでてきやすくなります

また婦人科疾患(不妊や子宮内膜症、子宮筋腫など)」は
低体温や冷えと関係があるともいわれています

健康な人の基礎体温は約36.5℃で、細胞の新陳代謝が活発で
健康で、免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つことができます
低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで
この場合、新陳代謝が活発ではありません

また、体温が下がり、低体温になることで、基礎代謝が低下するため
脂肪を燃焼しにくくなり、太りやすくもなります

・不足している栄養をしっかり摂取

体温が低下している原因は代謝の低下になります
この代謝を上げる鍵は、ビタミンとミネラルの栄養素になります
これらはそれぞれ、”補酵素”、”補因子”と呼ばれ
代謝酵素が働く時に絶対に必要になるものです
不足すると代謝酵素がうまく働かず、体温低下の原因となります。

そして、ほとんどの現代人はビタミンとミネラルが不足しています
カロリーは足りているのでお腹は満たされますが
ビタミンとミネラルが足りていないという食事をしている人が多いです
加工食品ではなく、なるべくきちんと栄養のある食事をすることが大切になります

・腸内環境を整える

代謝が悪い人は便秘の傾向にあります
せっかく体にとって必要な栄養素をとっても、
腸内環境が悪いと身体に栄養が吸収されにくくなります

また、腸内環境が悪いと血液が汚れてしまい
腸で老廃物や体にとって有害なものが吸収され
血液の中に入って全身を巡ります
すると、細胞が栄養を取り入れにくくなるので
働きが落ちて代謝もうまく回らなくなります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ