Dec 07.2017
体を温める3つのヒント

冷え症レベルをチェック
まずはセルフチェックで巡りのいい体かどうか確かめましょう

□生理痛がある
□平熱が36.5度以下
□冷え性
□お通じが毎日ない
□トイレの回数が1日4回以下
□おしりを触わると冷たい
□夕方、足がむくんでだるい
□朝、顔色が悪い
□二の腕の外側にざらつきがある

実は一つでも当てはまったら、体が冷え、全身の巡りが悪いサインになります

3個以上……体が冷え、巡りが悪い体になっていることにまだ気づいていないかも
5個以上……その不調は体質じゃないのかもしれません

靴下やカイロはあくまで対処療法になります
使っているときは暖かくても、もしそれがなかったとしたら?
靴下やカイロを使うのは、あくまで“保温のため”
今体がとても冷えている状態なら、温めアイテムを使うことももちろん大切ですが
自分の力だけで自分の体を温められる体を目指しましょう

・体を温める3つのヒント

《マッサージでほぐす》

がちがちに固まった体は、まずほぐすことが大事
末端に血液を送り届けるために、凝り固まった体をほぐし
血液やリンパを体の先まで流すことが大切。

特におすすめなのが足裏の湧泉(ゆうせん)というツボ
土踏まずの真ん中から指二本分ほどつま先側、くぼんだ部分が湧泉です
ここを刺激することにより全身の血行が良くなり
体が温まるだけでなく、脚全体の血流がよくなります

《骨盤を整えて全身の巡りUP》

骨盤周りの筋肉を柔軟にしましょう
・壁の角の前に立ち、両壁のラインに足の外側を合わせる
・ゆっくり腰を落としてスクワット
・肩が壁についていてOK(20回程度繰り返して)
骨盤周りを緩めることで、日中の様々な動きでゆがんでしまった
骨盤をリセットしてくれます
骨盤周りは自律神経がたくさん通っているので
ここの循環がよくなるとリラックスしやすくなります

《首のつくところを温める》

・外出時のマフラーはもちろんですが自宅やオフィスでは
カイロがオススメです
・足首はレッグウォーマーで温める
・足首を回したり、ストレッチしてほぐすのも良いでしょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき