Oct 10.2017
スマホ二重あごとは?

うつむき加減の姿勢でスマホの画面を見続ける事で
頬や顎部分に重力がかかり口の周りの筋肉が下に引っ張られます
その姿勢が長時間続くと皮膚が下がり、二重あごになりやすくなります

・姿勢が悪い

歩いている時の姿勢はもちろんですが
座ってパソコンワークをしている姿勢も注意が必要になります
パソコンを使用する時、机やいすの高さ、体とパソコンの距離、目の高さなど
自分に合っていないと、どんどん猫背になってしまいます

また、スマホの普及により、ストレートネックになっている方も増加しています

ストレートネックとは
身体を横から見たときに本来あるべき首のカーブが少なく
ストレートに近くなっている状態の事です
年齢とともにカーブは減りがちですが
いまは若い人もカーブが少ない人も多いです

それは、スマホをお腹から胸辺りで見ているためになります
うな垂れた首を中途半端に持ち上げる姿勢でスマホの画面を見ているので
首の後ろは凝り、ストレートネックになりやすくなります

首の前方はたるみ、二重あごも引き起こしやすくなります

・噛む回数が少ない

柔らかいものを食べる事が多く、咀嚼(そしゃく)回数が少ないと
あごの筋肉が使われません
そのため、筋力が衰えて、あごがたるんできやすくなります

・無表情

顔の筋肉を使わない人は、口角が下がり顔がたるみやすくなります
無表情で過ごす時間が多いと
顔の筋肉を使わないので二重あごの原因になりやすくなります

・加齢

年齢を重ねると、顔の筋肉が衰えフェイスラインがたるみやすくなります

・筋力の衰え

二重あごと言うと、太っている方をイメージしませんか?
実は、痩せていても二重あごになる人もいます

顔や身体には余分な肉や脂肪がないのに、顎は二重あご
これは、筋力が衰えている為に
顔の筋肉や脂肪が重力に負けて顎の方に下がってしまい
二重あごの原因になりやすくなります

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

#渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#