May 06.2018
「氷食症」とは

暑い時期に冷たい飲み物を飲み、残っている氷を口に入れるとひんやりして気持ち良いですよね。
氷は水を冷やして固めたものなので、コップの中に入っている量ぐらいであれば
食べても何の問題もありません。
しかし、ジュースのついでや真夏以外にも
氷を食べていないと落ち着かない状態に陥ってしまうと、それは病気といえます。

氷食症とは文字通り氷を常に食べてしまう病気のことで
紙や土など変わった物を食べてしまう異食症の一種といえます。
氷食症の症状は、氷を食べたくなる以外にも持久力や記憶力が低下したり
顔色が悪くなったりするなどが挙げられます。

<氷食症の具体的な症状>
1、1日に製氷皿1皿以上の氷を食べる。
2、体の冷えを感じても、氷を食べるのをやめられない。
3、口の中がずっと渇いている。(ドライマウス)
4、めまいを感じる、顔色がすぐれない。
5、休養しても疲れが完全にとれない。
6、夜はなかなか眠れず、朝も寝起きが悪い。
7、胃腸が冷えて不調になる。
8、硬い氷を噛み続け、あごに痛みを感じる。

氷食症は、とくに若い女性や妊婦の方が陥りやすいと言われています。
大量に氷を食べる習慣がある方は、氷食症を疑ってみた方がいいかもしれません。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

ブログ画像

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町