Aug 04.2018
「夏バテ対策」1[ヘッドスパ]

<<朝食は一日のエネルギー源!からだを冷やさない食事をとる>>
夏のからだを元気にするのは、実はからだを冷やさない食事を取ることです。
暑いときは涼を求めて、つい冷たいものばかり食べたくなるものですが
それではからだを冷やし、胃腸のはたらきを弱めてしまいます。
できれば野菜たっぷりのスープや味噌汁などを1品、食事の最初に食べるようにしましょう。
しょうがやニラ、ねぎ、にんにく、ごま、みそなどは、からだを温める食材です。
紅茶にスライスしょうがを加える、肉ならしょうが焼きやガーリックソテーに!
あるいはねぎソースなどの香味野菜をたっぷり使った料理にするのも手軽にとれておすすめです。
食事を抜いたり、1回の食事量を少なくしてしまうことにも注意しましょう。
食べて消化する行為で、エネルギーを作り出しからだを温めています。
そのため食事量が減ると、夏でも血行が悪くなり、からだが冷えやすくなってしまいます。
特に体温の低い人は朝食を抜かないこと。
3食の中で、朝食は最も大きな熱を生みだします。
体温を上げ代謝を良くすることで、疲れにくいからだを作りましょう。

<<たんぱく質を取って夏バテ防止!脂質の採りすぎには気を付ける>>
麺類や菓子パンなど、穀類だけの炭水化物の食事になってしまうことが多い人は注意が必要です。
たんぱく質は体重の約1/5を占め、血液や筋肉などのからだをつくる主要な成分です。
体調の維持に欠かせない酵素として働く栄養素でもあります。
しかし、糖質や脂肪のようにからだに蓄えることができません。
そこで体内で常に行われている代謝に合わせ、毎食コツコツ補給する必要があるんです。

たんぱく質が摂れる食品は、肉・魚・卵・納豆、豆腐などの大豆製品、そして乳製品。
これらの食品の主な栄養素は、たんぱく質と脂質。
たんぱく質食品を選ぶポイントは二つあり、
1,肉は、もも肉やヒレ肉、鶏むね肉やささみなど、脂身の少ないもの
2,乳製品も低脂肪や無脂肪のもの
毎食、たんぱく質をとれているかチェックする習慣をつけるといいです。

脂質の多い順番に並べると、牛たん→鶏もも肉→豚レバーとなります。
脂質が多いほどたんぱく質が少なくなり、カロリーが高くなってしまうのでご注意を。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

newロゴ