Aug 10.2018
「基礎代謝」と「体脂肪」[ヘッドスパ]

<1日の必要消費カロリーと自分の食事を知る>
基本的に摂取カロリーが消費カロリーを下回れば、ダイエットになります。
そのためにはまず自分の体に必要な消費カロリーを知っておきましょう。
厚生労働省が発表している、53kgを基準体重とした30~40代女性の基礎代謝量は
「1150kcal」。
身長体重と年齢、体脂肪率などから基礎代謝を算出することのできるツールが
多くのWEBサイトなどで紹介されていますので試してみましょう。
消費カロリーは、基礎代謝量に日常生活の身体活動で消費するエネルギー量をプラスしたもの。
以下のように自分の普段の運動量ごとにおよその消費カロリーを計算することができます。

・あまり運動しない…基礎代謝×1.2
・週2回程度の軽い運動…基礎代謝×1.4
・週4回程度の中程度の運動…基礎代謝×1.55
・ほぼ毎日の激しい運動…基礎代謝×1.7
・毎日激しい肉体労働など…基礎代謝×1.9

ここで算出された消費カロリーより少ないカロリーの食事を習慣的に摂れば
脂肪が燃焼し痩せていきます。
あなたの毎日の食事を一度見直してみましょう。

<摂取カロリーを減らし、栄養バランスのとれた和食中心に>
摂取カロリーを減らすためには、脂肪分や糖分の取りすぎはもちろんNGです。
まず食べ過ぎを減らし脂っこいものや
ファストフード、スイーツなど甘いものは避けることが必須です。
そのほか糖質と食物繊維の合わさったものである炭水化物メインの食事も要注意なのは
ご存知の通り。
そしてタンパク質をしっかり摂りましょう。
タンパク質は体を作る基本であり、筋肉がつきやすい食材。
そして消化・吸収するために摂取した30%程度のエネルギーを消費するため
身につきにくくダイエットにオススメです。
高タンパクでローカロリーな豆腐・赤身の肉・魚などがダイエットの味方。
またアミノ酸の一種「L-カルニチン」は、中性脂肪が変化した「遊離脂肪酸」を
細胞内に取り込んでエネルギーに変化、つまり脂肪を燃焼のサポートをします。
摂取カロリーが消費カロリーより少ない場合この効果が得られるため
意識的に取り入れたい成分。L-カルニチンは牛肉など赤身の肉に多く含まれています。
これらの栄養素に気を配って、和食中心のバランスの良い食事を摂りましょう。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
櫻井 結架

ブログ画像