Oct 21.2018
頭皮が硬い1【ヘッドスパ】

頭皮が固いのは主に体の血行不良が原因です。体の血行がよくないと、頭皮に行き渡る血流も悪くなってしまうため、頭皮が硬くなってしまします。

そして頭皮の血管は髪に栄養を届ける重要な役目を果たしているので、血行が悪いと頭皮や毛根に栄養がスムーズに行き渡らなくなり様々な症状の原因となってしまいます。

1. 運動不足
血行が悪くなりやすい状態にあります。人は体を動かして筋肉を使うことで血液をポンプのように循環させています。
運動不足が続くことで筋肉がコリ固まり、血行が悪くなっていきます。

2. 長時間の同じ姿勢でいること
長時間同じ姿勢を続けることで、筋肉がコリ固まり血行が悪くなってしまいます。
デスクワークなど長時間座っている方は、ずっと同じ姿勢で動かないでいるため筋肉を動かす時間も少なくなりがちで、血行が悪くなる原因の一つです。

3. 眼精疲労
眼精疲労が頭皮の血行を悪くする原因になっている場合もあります。
デスクワークや活字を読む作業、長時間のスマホなど、目が疲労すると、顔や首の筋肉がこわばり、血行が悪くなってしまいます。顔や首の血管は頭皮にも繋がっているので、頭皮の血行に影響すると考えられています。

4. 食生活の乱れ
食生活が乱れることで、血行が悪くなる原因になります。
外食ばかりで油や脂肪分が多い食事ばかりだと、野菜、魚、豆類などが不足しがちになります。これらの食品に含まれるビタミンやタンパク質など、筋肉や血にをサラサラにするために必要な栄養が不足し、血の巡りが悪くなってしまいます。

5. ストレス
ストレスにより自律神経が乱れると、血液の循環調整がスムーズにいかなくなります。
ストレスを感じると、血管を収縮させるホルモンが分泌され、血管が狭くなることで血液が流れにくくなり血行不良となってしまいます。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#骨盤矯正#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善

Oct 20.2018
爪が欠ける割れる【ヘッドスパ】

<爪が欠ける割れる原因>
・冷え性
寒い季節になると身体の内側を温めるために皮膚の表面の血管を収縮されて、血液が身体の中心部に集まってしまうため、手や足など身体の末端部分は冷えきった状態になってしまいます。
食事などで摂取した栄養分は通常、血液を介して全身に行き渡るのですが冷え性の場合は栄養も全身に行き届かなくなってしまいます。
冷え性により栄養が末端まで行き届かないと、爪の新陳代謝が悪くなってしまい爪の成長が遅くなったり、爪の表面がボコボコにたり、二枚爪になって爪が割れやすくなってしまいます。

・栄養不足
食事が偏っていたりして十分な栄養が摂れていない人も多いと思います。
爪はタンパク質で出来ており、その中でも爪の主成分である「ケラチン」と、爪を丈夫にする「ゼラチン」の2つが大きく関わっています。
タンパク質が不足していると、爪が割れたりもろくなる原因になってしまいます。
爪が栄養不足の状態かどうかの判断は、爪の表面がデコボコしていないか、縦線が入っていないかなどです。
爪の栄養成分であるタンパク質が摂れる物は肉類、魚類、大豆製品、乳製品などです。
タンパク質の1日の目安は成人男性で50g、成人女性で40gで、動物性、植物性などと偏らず、良質なタンパク質をバランス良く摂るようにしましょう。

タンパク質の他には…
●ビタミンA・・・皮膚などを作る「ケラチン」を作るためのもの。鳥や豚レバー、緑黄色野菜に多く含まれる。
●ビタミンB2・・・細胞の再生や成長を促進する。レバーや卵、大豆製品などに多い。
●ビタミンE・・・血行を良くして爪に潤いを与える。たらこ、アーモンド、植物油に多い。
●鉄・・・健康な爪を作る。レバー、あさり、大豆製品などに多い。
この他に、亜鉛やカルシウム、葉酸なども必要です。
爪の主成分であるタンパク質が摂れる肉類、魚類、大豆製品、乳製品などです。
1番大切なのはバランスよくいろんな栄養素をとることです。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#骨盤矯正#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善

Oct 19.2018
心と身体【ヘッドスパ】

なんだか〇〇の味が食べたいなぁ…
無性に甘いものが食べたい!と思うことはありませんか?
それは心と身体のSOSなのです!

<甘いものが食べたいとき>
無性に食べたい食品の中でも甘いものは特に多いと思います。
それは、たんぱく質が足りていない可能性が高いです。
甘いものが食べたいときは、大豆製品や鶏のササミなどがおすすめです。
チョコレートが無性に食べたい時はマグネシウムが足りていないのかもしれません。
マグネシウム不足はナッツや海藻類を積極的に摂ると解消します。
しかし食欲はないのにチョコレートだけ無性に食べたくなるときは、気分が低下してうつ状態にいることもあります。

<辛いものが食べたいとき>
ストレスが溜まっているのかもしれません。
イライラが募ると体は無意識に別の刺激を求めて誤魔化そうとします。
辛いものは脳を活性化させてストレスを抑制させたり、体の代謝を上げる効果があります。しかし胃腸への刺激も強いので食べ過ぎには注意してください。

<酸っぱいものが食べたいとき>
酸っぱいものが無性に食べたいときは体が疲れている証拠です。
特に血液循環が悪い人は、疲労の原因である乳酸が溜まりやすいです。クエン酸やお酢を積極的に摂りましょう。梅干し、黒酢、柑橘系が疲労回復効果を高めてくれます。
しかし梅干しは塩分が高く、お酢は胃の壁を壊しやすいので1日の量を決めて摂取しましょう。
オレンジジュースでも効果はあります。

<しょっぱいものが無性に食べたいとき>
ミネラル不足の可能性があります。
魚介類や海藻類、ナッツや大豆などで補いましょう。
またストレスを抱えると副腎の機能が弱ってしょっぱいものが食べたくなります。
慢性疲労や不眠などの症状が伴うことも。副腎を回復させる栄養素はミネラルとビタミン。そのどちらも入っている食品が味噌汁です。

自分ではなかなか気付くことのできない心身の健康ですが、実は「食べたいもの」が教えてくれています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#骨盤矯正#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善

Oct 18.2018
寒暖差疲労【ヘッドスパ】

寒暖差疲労とは?
身体にとって理想的なのは、体温や血圧、脈拍などが安定している状態です。
1日の中での寒暖差や短期間での寒暖差が激しいと、身体が気温差に対応しようとエネルギーを消耗します。
冬は温かい室内と厳寒の屋外を行き来することで寒暖差を感じやすい季節です。
暖かい室内から冷え切った屋外に出る場合、身体が冷えて体温が下がってしまいます。
そんなとき、身体は一定の体温を保つために熱をつくるなどしてエネルギーを消耗します。

気温のアップダウンが激しい季節は、とくに多くのエネルギーを消耗するので、自律神経のバランスを崩しがちになり、疲れやだるさを感じやすくなります。

寒暖差疲労にならない為には?

よく噛んで食べる!
よく噛んで食べると、「ストレスホルモン」と呼ばれるコルチゾールの分泌が抑制されるため、ストレス解消やリラックスにつながります。食事をするときは、ひと口あたり30回を目安にしっかりと噛みましょう。

ぬるめの炭酸入浴!
ぬるめの炭酸入浴には体温上昇、疲労回復、リラックス、免疫と代謝アップという効果があります。

体力アップ!
体力がないと、気温や気圧のささいな変化にも対応ができず、疲れてしまいます。
体力がないうちはハードな運動はNG。たとえば通勤・通学のときに「いつもより大きな歩幅で早歩きをする」「バスや電車では座らない」など、日常生活でかんたんに取り入れられる「ちょっとだけタイヘンなこと」でOKです。1か月くらい続ければ変化が実感できます。

ぽかぽかを保つこと!
室内にいるときの快適な温度をできるだけ逃さないように、しっかりと着込む。
お腹、太もも、首など、血流の多い部分はとくに重点的に温めるのが効果的です。
軽い運動をするのもおすすめです。
筋トレ、ウォーキング、ジョギングなど、好みに合った運動をすると基礎体力がアップして、寒暖差に負けない身体づくりに役立ちます。

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
井上昌美

newロゴ

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#ヘッドスパ#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善

Oct 17.2018
毎朝手軽にできる冷えとり対策 [ヘッドスパ]

《ベッドの中で》
・目覚めたらベッドの中で伸び&カーテンを開けて深呼吸

最も体温が低い早朝、目覚めたら、手の指を広げ
足の甲をそらして思いきり伸びをすると血流が活発になり
一日の冷えも軽くなりやすくなります
起きたらカーテンを開け、日光を浴びながら深呼吸をしましょう
セロトニンが分泌され、交感神経がオンになることで
自律神経の切替えがスムーズになります

《出かける準備》
・体が冷える前に適所へ使い捨てカイロを貼る

使い捨てカイロは、体が冷える前に貼ると良いです
まずは、仙骨の上(腰)あたりに1 枚貼り、下半身の冷えを予防します
手足の冷えが気になる人は、肩甲骨の間にも1枚貼るのも良いです
肩&首こり解消、顔色アップに効果的になります
さらに、お腹まわりの冷えが気になる場合は下腹部にも貼ると良いでしょう
上下で温めることで、全身の代謝がよくなります

《朝食》
・温かいたんぱく質で体と脳を目覚めさせる

朝食をとることは体と脳を目覚めさせ
全身にエネルギーを届けてくれる大切な生活習慣になります
豆腐のみそ汁や納豆といった大豆製品、ゆで卵、チーズトースト、ホットミルクなど
筋肉の材料にもなるたんぱく質を加熱調理したものがおすすめです
朝食をとる習慣がない人は、最初は胃もたれしやすいので
食欲がなければ無理せず白湯などの温かい飲み物から始めても良いでしょう

《出勤》
・骨盤底筋を意識してお尻に力を入れる

骨盤底筋を鍛えると子宮内のめぐりがよくなるので
冷えがちな骨盤内を温める効果があります
膣をキュッと引き上げるようにお尻に力を入れる
→ゆっくり力を抜く、を数回繰り返します
不調の出やすい生理前はもちろん、電車やバスでの移動中、
コピーを取る間など日常の習慣にすると良いでしょう

ただし、生理中は避けたほうが良いでしょう

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

              newロゴ
 

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子

1 / 26012345...102030...最後 »