Sep 19.2018
本日のクライアント様vol.251 [ヘッドスパ]

本日のクライアント様

睡眠不足
肩こり
冷え性
咳が続く
風邪を引くとなかなか治らない

今回のクライアント様は、季節の変わり目になると風邪を引きやすく、引き始めると治りにくい
また、気温差が激しい日が続いていた為に体調を崩し、それから咳が続いているとの事でした。

睡眠不足や睡眠の質が低下すると、成長ホルモンの分泌が十分に行われなくなるため
免疫力も低下しやすくなります。
免疫力が低下することで風邪を引いたり、ウイルスに感染しやすくなります
睡眠の質を高めることは、健康な身体づくりには欠かせません。

ですので、今回はオイルのブレンドも副交感神経の働きを高め
睡眠の質を高める効果のあるオイルと、免疫力に働きかけるオイルをブレンドさせて頂きました!

睡眠時間がとれないときも最初の90分を深く眠ることができれば
その後の睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンも働きやすくなりますので
自宅でのケアでも

・間接照明などのほのかな明るさで副交感神経を高め、安眠へと誘いましょう!

・朝日を浴びることで体内時計をリセットし、夜の安眠に備えましょう!

また、体温が1℃上がると、免疫力は5~6倍に高まりやすくなります

・入浴で身体の芯から温まりましょう
ゆっくりと入浴することで睡眠の質も高まりやすくなります

・筋肉をつけて基礎体温を高める
筋肉は熱を生み出します。運動不足は筋肉を減少させるので
こまめに動くなど積極的に体を動かしましょう!

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Sep 19.2018
中医学でみる顔色と体質 2[ヘッドスパ]

黄タイプ(脾)

・顔や手足、白目が黄色っぽい
・肌にハリがない
・口元にトラブルが出やすい
・立ちくらみやめまいを起こしやすい
・甘いものが好き

このタイプは思索が得意で、考えごとにふけっていることがよくあります
胃腸が弱く、下痢をしやすい傾向もあります
代謝が悪くむくみやすいため、肌に弾力がなく、年齢不相応なたるみが見られることも
冷え症の傾向が高い

アドバイス

疲れると甘味を欲しますが、甘いものは胃腸に負担をかける一因になるので控えましょう
冷たい飲み物は控え、胃腸を冷やさないように腹巻をするのがおすすめ
また女性は足首が冷えることで子宮にも影響を受けやすくなります

白タイプ(肺)

・血の気が薄く蒼白
・肌がカサつきがち
・呼吸器が弱い
・風邪が治りにくい

白タイプは心も体も弱く、風邪をひいて寝込んでしまうことが多い
汗をかきにくく、水分代謝がよくないため、皮膚病を起こしやすい
ぜんそくやアトピー、花粉症などのアレルギー症状も起こしやすい

アドバイス

白タイプは冷たいものを控え、飲みものもできるだけ常温で
水分を摂り過ぎるとアレルギーの原因に。特に夜は水分摂取を控えましょう
お風呂に毎日浸かってたっぷり汗をかき、体内に溜まった余分な水分を排出しましょう
辛いものは発汗作用があるので、タイ料理やインド料理を適度に食べるのもおすすめです

黒タイプ(腎)

・顔色がどす黒い
・顔に黒い影のようなものが見える
・髪質がパサパサ
耳鳴りや難聴などがある
冷えに悩まされている

怖がりな性格の人が多い。
日焼けや地黒、あるいは肝斑や目の下のクマとは違い
ほお骨の辺りに影がかかったように黒っぽく見えます
黒くなるのは一種の老化現象といえ、更年期にさしかかると、黒タイプに近付いてきます
肌が黒ずんでカサつき、髪もパサついて抜けやすく、爪や歯も欠けやすい
白内障や耳鳴り、難聴になりやすい

アドバイス

体力がなく疲れやすいので、たっぷり眠って心身共に休めることが最優先
30代以下なのに黒タイプと診断された人は
不摂生や過労のために若さの源であるホルモンが枯渇しているか
先天的に弱い可能性があるので、ムリは禁物です
腎臓のある腰のあたりを冷やさず温めましょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Sep 19.2018
中医学でみる顔色と体質 1[ヘッドスパ]

中医学では顔色はその人の気質や体質を表していると言われています

青タイプ(肝)

・顔色が青っぽく、目の周りやこめかみの静脈がうっすら見える
・白目が青みがかっている
・疲れ目になりやすい
・怒りっぽい。または抑うつ状態
・足が吊ったり、筋肉がこわばりやすい
・春先など季節の変わり目によく体調を崩す

青タイプは負けん気が強いがんばりやさんですが
怒りっぽく、気晴らしがヘタな傾向があります
何でもがんばり過ぎるのでストレスがたまりやすくなります
いつも「気」を張っているので、自律神経が乱れやすく、季節の変わり目に不調が出やすくなります

アドバイス

軽くストレッチをしたり、近所をお散歩するなど、適度な運動をするのがおすすめです
ハードな筋トレや、長時間ジョギングをしてがんばり過ぎないことが大切です
イライラやストレスがたまっている時は、お笑い番組などを見て積極的に笑いましょう!
カレーなどの辛い料理や酸っぱいものを好む傾向がありますが、刺激物の摂り過ぎは禁物です

赤タイプ(心)

・赤ら顔
・額の真ん中や、鼻先、舌先が赤い
・顔に赤いニキビや湿疹が出やすい
・ストレスを感じやすい
・血圧が高めで、心臓がドキドキしやすい
・寝つきがよくない

赤タイプはまじめで、こまやかな気遣いができます
神経質で興奮しやすく、ネガティブな思考にとらわれがちなの傾向があります
夏の暑さに弱く、不安やショックでドキドキすると
心臓に熱が溜まって体調不良になりやすくなります

アドバイス

ものごとを悲観的に考え過ぎたり、辛いニュースばかり追いかけるのはやめましょう
熱がこもりやすいので、入浴時はぬるめのお湯に入るようにしましょう
心臓に熱がこもりやすいので、サウナやホットヨガなどは控えましょう
赤タイプはコーヒーや香辛料、栄養ドリンクなどの強壮剤などに依存する傾向がありますが
心臓に負担をかけないためには、カフェインやアルコール、刺激物はほどほどにしましょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#ブライダル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#

Sep 19.2018
本日のクライアント様 vol.250 [ヘッドスパ]

本日のクライアント様

寝付きに時間がかかる
顔色の悪さ
肩こり
むくみ

今回のクライアント様は、睡眠時間を取ってはいるが、目の下にクマが出来やすく
慢性的な肩こりや、お顔がむくみやすいのがお悩みのクライアント様でした。

・笑ったとき、口角の高さや角度が違う
・目の大きさが違う
・顎の位置がどちらかに寄っている
・ほうれい線がどちらか一方だけ深い
・口の開閉時にガクッと音がする

などがあると、お顔が歪んでる可能性があります。

お顔に歪みがあると、血液やリンパの流れが悪くなり、お顔がむくみやすくなります。
すると、お顔に老廃物などが溜まり、顔色が悪くなったり、目の下のクマの原因になります。
また、老廃物などが溜まる事で、お顔のたるみや、しわ、ほうれい線などの原因にも繋がりやすくなります。

お顔の歪みの原因として
・片方の歯でばかりものを噛む
・立っている時、片足重心になっている
・かばんを持つときはいつも同じ方
・頬杖を突く癖がある
・足を組む癖がある
・寝るときはいつも同じ方向
・ストレスなどで歯を食いしばってしまう

何気なくやっている癖でも、お顔の歪みに繋がります。
ですので、日常生活などでも両方で噛むようにしたり、姿勢を正すことを心がけましょう。

また、デスクワークなどで長時間の同じ姿勢や眼精疲労は首や肩、頭皮の血行不良を招き
顔色の悪さや、クマの原因にも繋がります。

今回のクライアント様の場合、デスクワークでの血行不良や
寝る直前までのパソコンやスマホなどの眼精疲労や、睡眠の質の低下からも不調を
感じやすくなっておりましたので、オイルのブレンドも副交感神経の働きを高め
睡眠の質を高める効果のあるオイルと、血液循環を促す作用のあるオイルをブレンドさせて頂きました!

自宅でのケアでもパソコンやスマホは毎日の生活で欠かせないアイテムですので
こまめに休憩時間を作ったり、寝る直前までスマホを見るなどはなるべく控えめにしましょう!
また、ホットアイマスクなどで目の周りの血流を促すことも効果的です^^

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

Sep 19.2018
疲れ顔の解消法[ヘッドスパ]

「睡眠を取る」

眠りはじめの約3時間は、成長ホルモンの働きが活発になる
ゴールデンタイムと呼ばれる時間です
睡眠時間が十分にとれない方は、その時間に質の良い睡眠がとれるようにしましょう。

また、スマホなどから出る光は、神経を興奮させると言われており
深い睡眠の妨げになる可能性もあります
電気を消したら、スマホには触れないようにしましょう。

「カフェインを控える」

就寝前は、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインをなるべく控えましょう
就寝前にカフェインをとると、目がさえてしまいやすくなります

「身体を温める」

身体を温めることで、血行が良くなります
血行を良くすることが、疲れ顔の対策に繋がるでしょう

・入浴をする
バスタブに浸かって温まると、血行が良くなり代謝をサポートするとされています

・靴下をはく
家の中やオフィスでも靴下をはくようにしましょう。

・ホットドリンクを飲む
温かい飲み物を飲んで、身体の内側から温めましょう
睡眠に影響を与えないようノンカフェインのものがおすすめです

・温かい食事をとる
温かい食事をとるようにしましょう
お好みのスープを作っても良いです
身体を温めると言われている、しょうがやネギ、ニラなど取り入れてみるのもおすすめです。

「ストレスを緩和する方法を見つける」

ストレスは、さまざまな身体の不調を招くと言われています
気の置けない友人と、気が済むまで愚痴を話し続けたり
おいしいものを食べたりしに行くのも良いでしょう
近所に買い物に行くついでに散歩をしてみたりしましょう

「目を休ませる」

パソコンを良く使う方は、パソコンの使用による疲れ目に着目した目薬をさしたり
ブルーライトをカットするメガネを使用するのもおすすめです
お茶を入れ直したり、窓の外を眺めたりして、目を休ませる時間を作るようにしましょう。

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺 さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#

1 / 25512345...102030...最後 »