Jan 18.2018
質の高い睡眠をとって偏頭痛を予防する方法

《質の高い睡眠をとって偏頭痛を予防する方法》

・毎日、同じ時間に寝て、起きる

寝過ぎや寝不足は偏頭痛の原因になります
休日も寝すぎずに平日と同じ時間に起きるようにしましょう

・自分の理想的な睡眠時間を見つける

理想の睡眠時間は個人差があります
日中に眠くならずに、一日元気に過ごせるのは何時間くらい寝たときか
自分で調べてみましょう
一般的には6~8時間の人が多いようです

・昼寝はしない

昼寝をすると夜に眠れなくなり、睡眠の質が悪くなります
また長時間の昼寝は偏頭痛を招くこともあります
疲れてどうしても昼寝をしたい場合は30分程度にしておきましょう

・ベッドのなかでスマホやテレビを見ない

スマホやテレビなどの光は交感神経を刺激して、脳が興奮してしまいます
ベッドに入ったら、スマホやテレビはなるべく見ないようにしましょう

・心地のいい寝具を使う

寝具やパジャマは寝心地の肌触りのいいものを選びましょう
掛けふとんは軽くてあたたかいもの
敷きふとんはからだをしっかり受け止めてくれるものを選びましょう
まくらは頭を乗せたときに、布団から2~3センチほどの高さで安定するものが安眠できます
ただし、枕は個人の好みがあるので、自分がぐっすりと休める枕を探してみると良いでしょう

・食事は就寝の4時間前までにすませる

寝る直前に食事をすると、胃に血液が集まって質の高い睡眠を得られにくくなります
また、カフェインが入った飲み物は脳が興奮するので、睡眠を邪魔することがあります
カフェイン入りの飲み物は夕方以降はなるべくとらないようにしましょう

・眠りやすい室温に調節する

室温は暑すぎても寒すぎても、グッスリ眠れません
質の高い睡眠が得られる室温の目安は、夏は25~27℃、冬は15~20℃になります
寝る前に室温を調節しておきましょう

・就寝前にリラックスする時間を作る

体をリラックスさせるとスムーズに眠ることができますし、ストレス解消にも役立ちます
マッサージやストレッチ、深呼吸などをして体と心をリラックスさせましょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

Jan 18.2018
寝過ぎ・寝不足が偏頭痛になる?

《寝過ぎ・寝不足が偏頭痛になる理由》

寝過ぎや寝不足で偏頭痛になる理由は
自律神経やホルモンバランスの乱れになります

睡眠は疲れを取るだけでなく、記憶の定着
自律神経やホルモンバランスを整えるといった役割があります
しかし、睡眠不足になると自律神経やホルモンバランスが崩れて
これが脳にとってストレスになります

脳はこのストレスを和らげるために、セロトニンという神経伝達物質を分泌します
このセロトニンが使われているときは脳の血管はギュッと収縮しているのですが
使われて不足すると血管は逆にグッと拡がります
脳の血管が拡がると、まわりの神経を圧迫して偏頭痛の痛みが起きます

これが寝不足で偏頭痛が起きる仕組みです

また、寝過ぎも自律神経のバランスが崩れて副交感神経が活発になって
必要以上に血管が拡がることで偏頭痛が起きます

寝不足や寝過ぎは脳のストレスになって偏頭痛につながるので
適度な睡眠時間を心がけましょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#代謝#改善#歪み#スッキリ#有名#人気#C#都立大#田園調布#多摩川#新丸子#武蔵#小杉#小山#洗足#元住吉#綱島#大倉山#菊名#池尻#三茶#駒沢大学#桜新町#用賀#二子玉川#高津#溝の口#鷺沼#たまプラ#等々力#大倉山#不動前#緑ヶ丘#東横#田園都市線#副都心線#日比谷線#山手線#世田#半蔵門#池上#大井町

Jan 17.2018
偏頭痛持ちの人のお風呂の入り方

偏頭痛は脳の血管が拡張して、まわりの神経を圧迫することで起きる頭痛です
偏頭痛が起きてズキンズキンと痛むときは
血流に合わせて血管がまわりの神経を刺激している状態になります
この状態で体をさらに温めると、血行がよくなり血流が活発になり偏頭痛が悪化します

《偏頭痛が起きていないときのお風呂の入り方》

偏頭痛が起きていないときは積極的にお風呂に入りましょう
お風呂に入ると、全身が温められてリラックス効果や
血行がスムーズになるので、偏頭痛の予防に効果があります
ただし、お風呂の入り方には注意が必要になります

《お風呂に入って偏頭痛を起こさないための注意点》

お風呂に入って偏頭痛が起きる場合があります
原因は基本的に2つあります
1つは入浴中に、たくさん汗をかいて水分不足になることです
水分不足になると血液がドロドロ状態になって
酸素を多く脳に運ぶために血管が拡がるので偏頭痛が起きます
もう1つは熱いお風呂もしくは長い時間お風呂に入って血行がよくなりすぎることです
必要以上に血行がよくなると血管が異常に拡がり、偏頭痛につながりやすくなります

《偏頭痛持ちの人のための正しいお風呂の入り方》

まず入る前にコップ1杯の水を飲んで水分補給をしておきましょう
お風呂に入るタイミングですが、食後であれば30分は開けたほうが良いです
食後すぐにお風呂に入ると胃に集中していた血液が身体全体に
まわってしまうので結果的に消化不良を起こしてしまいやすくなります
また、寝る直前は体温が上がりすぎて眠れなくなるので、就寝1~2時間前にしましょう
次にお風呂の温度は38~40℃のややぬるめに入ると良いです
リラックス効果を高めるときは入浴剤やハーブ、バスソルトなどを加えましょう
お風呂に入るときはかけ湯をしてすぐに入るのではなくて
まずはシャワーで髪や体を洗いながら体をお湯に慣らしていきます
※急な体温の変化は血管を拡張させる可能性もあります
そのあとにお風呂に入って、半身浴5分と全身浴10分程度行うのが理想的です
それ以上、お風呂に入り続けると血行がよくなりすぎて
血管の拡張を招くので控えたほうが良いでしょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#

Jan 13.2018
生理前にイライラや頭痛が起きやすい人

PMSというのは、生理前にさまざまな不調が起こる月経前症候群のことです
PMSには、大きく分けて体の症状と心の症状があります
例えば、体の症状というと、腰痛やむくみ、便秘、肌荒れ、頭痛、めまいなど
心の症状としては、イライラや落ち込み、不安感などのほか
過食に走ってしまうという方もいます
軽いものも含めると、約8割の女性にこうしたPMSの症状があるといわれています

PMSの原因はいくつか考えられますが
主な原因と思われるのが、女性ホルモンの急変動になります
女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンという2種類のホルモンがあって
この2つのホルモンが生理前に急変動することによって
体と心が振り回されてしまいやすくなります
また、プロゲステロンとエストロゲンのどちらかが過剰になるなど
2つのホルモンのバランスが悪くなることも不調の原因になっています
プロゲステロンが少なくなればPMSが解消するわけでもなく、重要なのはバランスです

《PMSを乗り切るにはストレスはご法度》

PMSはストレスも大きく関係しているので、性格的に神経質だったり完璧主義だったり
ストレスを溜めやすいタイプの方がどちらかというとなりやすい傾向にあります
生理前の時期は、基本的に妊娠に備えてお休みするような時期なので
無理にがんばったりせずに、スピードをゆるめてあげると良いです
何より大切なのは、心に負担をかけないことです
それが体への負担も軽減しやすくなります

日本人は、人にどう思われるかをとかく気にしがちですが
自分の気持ちに正直になって行動するのも良いでしょう
また、この時期は体重が減りにくいので、
無理にダイエットなどしてストレスを溜めないことが大切です
体重が増えないように気をつけよう…と思うぐらいで良いでしょう
また、この時期にどうしても甘い物を食べたくなるという方は
甘い物を食べ過ぎて血糖値が急激に上がると
精神的な不安定にもつながるので控えたほうがいいですが
絶対ダメというものを作ると心に負担がかかるので
食べたくなったら高級なものをちょっと食べて
心の満足感を得るなど工夫をしてみるのも良いでしょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

Jan 10.2018
生理後の不調

生理前は、心にも体にも不調が現れやすい時期になります。
これは、排卵後から生理開始までに分泌が増え、体内に栄養や水分を溜め込もうとする作用がある「プロゲステロン」というホルモンの影響です。
生理中は、生理痛に悩まされる人が多く、これは、子宮を収縮させて経血の排出を促す「プロスタグランジン」というホルモンが関係しているといわれています。

生理が終わると、この2種類のホルモンは分泌量が減少し、自律神経を整える作用などを持っている「エストロゲン」の分泌量が増え、そのため生理後は、一般的には体調不良が起こりにくい時期です。
しかし割合的には少なくても生理後に不調を感じる方もいます。

1つめの原因としてはホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスが乱れ、本来であれば生理後に分泌量が増えるエストロゲンが不足している、あるいはプロゲステロンが過剰分泌されているような場合、生理後も、生理前や生理中のような体の不調が続く可能性があります。

2つめの原因は貧血です
生理中は血液が子宮へと優先的に送られるので、体全体の血流が悪くなり、貧血のような状態になることがあります。
この貧血は一過性のもので、生理が終わる頃には治るのが一般的ですが、症状が強い場合は、生理後まで体調不良が残る可能性もあります。

鉄分は1日で吸収できる量が決まっていて、摂りだめすることができないので、毎日の食事に取り入れ積極的に摂りましょう
魚やレバーがおすすめですが、苦手な人は、サプリメントに頼るのも方法のひとつです。

もう一つの対策は冷えを防ぎましょう!
現代に生きる女性は1年中“冷え”にさらされています。
冷えは自律神経を乱れさせる原因にもなり、女性ホルモンのバランスにも悪影響を及ぼします。

ふとももの前後やお尻などにある大きな筋肉をストレッチなどで伸ばすことは、血行促進に効果的です!!
冷えの解消に効果的でもっとも簡単な方法は入浴です
「温熱作用」が全身の血管を広げ、カラダに圧力を加える「水圧作用」が血液の循環を促して冷えを改善させます。
また、お風呂でリラックスすることは自律神経を整え、さらには自律神経と密接な関係にある女性ホルモンのバランスを整えることにも繋がります。

newロゴ

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
菰原

渋谷#表参道#自由が丘#ヘッドスパ

1 / 21712345...102030...最後 »