Nov 17.2017
生理前や疲労時に甘いものがやめられないとき

生理中や疲れているとき、ストレスを感じたときなど
寝る前でもつい甘いものをがまんできずに食べてしまう…
というひとも多いのではないでしょうか?
美容と健康のことを考えればよくないのはわかっているけれど
断ち切るのは難しいものです

甘いものに限らず、基本的には夜寝る前に食べるのは控える方が良いです
寝ている間に食べ物を消化するために臓器が働かなくてはいけなくなると
臓器は休むことができなくなってしまいます
そして脳も休めないので、肌のターンオーバーが乱れたり
筋肉が衰えたりすることもあります

《やっぱり、寝る前に甘いものを食べるのはダメ…?》

寝る前にスプーン1杯程度のはちみつを摂取するのがおすすめになります
甘いもの過食を抑えられるうえ、エネルギー補給は十分あります

はちみつは消化がよく、エネルギーに変わりやすいのが特徴になります
寝る前に食べても内臓への負担が少なく
甘いものをやめられないひとにとっては
はちみつの自然な甘さで欲求が緩和されやすくなります

そもそも「寝る」という行為は体を休めることです
「エネルギー」が不可欠になります
疲れを感じているひと、自律神経が乱れがちなひと、ストレス過多のひとは
エネルギー不足で不眠がちになっている可能性もあります

そこで、エネルギーに変わりやすいはちみつを摂取することで
快眠にもつながりやすくなります

《正しい、はちみつの選び方》

はちみつは、加工処理をしていないものを選ぶと良いでしょう
水あめなどが入っていないこと
加熱し減圧窯などで脱色・脱臭・花粉除去をしていないもの
純粋はちみつを選ぶと良いでしょう

ただし、同時にアレルギー持ちのひとや花粉症のひとは
注意が必要になります

プラスチック容器に入ったはちみつもなるべく避けましょう
プラスチックによる、環境ホルモン(内分泌かく乱物質と呼ばれる
生体の成長や生殖などに関わるホルモンの作用を妨げて
本当のホルモンの如く居座ってしまう化学物質)の問題が
出てきやすくなる可能性もあります

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

ブログ画像渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#

Nov 17.2017
生理と肌の関係 2

生理前のスキンケア

プロゲステロンの分泌が盛んになっている生理前の時期は
スキンケアにおいても注意が必要になります

保湿を中心にする

この時期の肌は、1ヵ月の間でも一番敏感になりやすくなります
そのため、ピーリングや美白などの
積極的なスキンケアは避けた方が良いでしょう

スキンケアは基本的な保湿を中心にしていきます
保湿をしっかりとすることで皮脂のコントロールもできるので
ニキビの予防にもつながります

紫外線対策をしっかりと

プロゲステロンには、紫外線感受性を強くする作用があります
生理前は普段よりも紫外線の影響を受けやすくなります
この時期の紫外線対策は
シミ予防のためにも普段以上にしっかりとしておくと良いでしょう

エストロゲンは、生理の後に分泌が盛んになるホルモンになります
コラーゲンを増やし、肌をうるおしてくれる
女性にとってはとてもうれしいホルモンになります

エストロゲンは美容液ともいえるホルモンですが
加齢とともに減少してしまいます
その減少の影響によって肌も枯れていってしまうので
エストロゲンをいかに減少させないのも
スキンケアにおいては大切になります

生理後のスキンケア

エストロゲンの分泌が多い生理後の時期は
1ヵ月の間でも一番コンディションが整っています

エストロゲン減少の対抗策は?

女性の美肌をキープするために大切なエストロゲンですが
思春期の頃の分泌がもっとも盛んで
30代からは減少が始まってしまいます
そして閉経を境に、一気にエストロゲンの分泌量は減ってしまいます

大豆イソフラボンに注目

減っていく女性ホルモンの代わりになると
注目されたのが大豆イソフラボンです

日本の食文化の中には大豆を含むものが多く
そのためにほかの国の女性よりも
老化が遅いのではないかといわれているほどです
あくまで女性ホルモンではなく「女性ホルモンに似た働きをする成分」ですが
普段からイソフラボンを摂取することで美肌のキープにもつながります

バラの香りがホルモンバランスを整える

バラの香りには、エストロゲンの分泌を促す力があります
バラの香りは鼻からだけでなく
肌からも吸収されるので全身に美容効果をもたらすことができます

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

Nov 17.2017
生理と肌の関係 1

なぜ生理が肌に関係するのか。
正確にいうと生理ではなく、ホルモンが肌に影響するからになります
生理の周期が、ホルモンバランスを捉える指針となります

ホルモンと肌の関係

女性のホルモンバランスはとても複雑で、目まぐるしく変わっていくものになります

まずは排卵によって、1ヵ月という短期間で変化をしていきます
さらに初潮から閉経までの長い期間にも、大きく変化や減少をしていきます
そして妊娠や出産においても、ホルモンバランスには劇的な変化があります

日頃からスキンケアに力を入れている人でも
ホルモンバランスに気をつけている人は少ないものです
しかしホルモンバランスの肌への影響は大きなものなので
その変化を知ってスキンケアに生かすことは大切なことだといえます

・女性ホルモンは2種類

女性ホルモンは、大きく分けると2種類になります
プロゲステロン(黄体ホルモン)と
エストロゲン(卵胞ホルモン)になります

この2種類のホルモンのバランスによって
肌のコンディションも変わっていきます
それぞれのホルモンがどう肌に影響するのか
スキンケアにおいてどう注意しておくべきなのか
しっかりと把握しておくことが美肌へとつながっていきます

プロゲステロンは、生理前の時期に分泌が多くなります
皮脂の分泌を過剰にさせたり、シミをできやすくしたりと
あまりうれしいホルモンとはいえないでしょう

皮脂の過剰分泌によってニキビができやすくなるので
生理前の時期によくニキビができる人は
このプロゲステロンの影響と思っていいでしょう
しかしニキビがよくできるからといって
プロゲステロンがとくに過剰分泌しているとは限りません

プロゲステロンは過剰ではないが
エストロゲンが足りなくてバランスが崩れていることもあります

こういったホルモンバランスの乱れは生理の周期だけでなく
睡眠不足やストレスによっても引き起こされます
肌の不調が続いているときは、そういった生活習慣にも注意をしておきましょう

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

Nov 11.2017
生理前に眠れない時

生理前になると寝つきが悪くなったり、眠りが浅かったり、悪夢を見たり
そのせいで朝もすっきり起きられない
こんな経験はありませんか?
そんな時、朝ごはんを見直してみると良いでしょう

・どうして生理前は睡眠がイマイチになるの?

良い睡眠には「メラトニン」というホルモンが関わっています
生理前は女性ホルモンの一つである「エストロゲン」が減少しますが
幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」は
エストロゲンが減ると一緒に減少してしまいます。
セロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンの前段階の物質になります
つまりセロトニンが減るということは睡眠にも悪影響になりやすくなります

・眠りの質を良くするためにはセロトニンを増やすこと

睡眠ホルモン「メラトニン」をきちんと分泌させるには
朝に太陽の光を浴びることが大切です
目の網膜に光をキャッチすると「セロトニン」が作られます
その他にも、座禅などを組む呼吸リズム運動
朝ごはんを良く噛んで食べる、駅まで歩く
自転車をこぐなどもセロトニンを増やす秘訣といわれています

《朝ごはんで睡眠ホルモンと幸せホルモンの材料を!》

「メラトニン」は「セロトニン」から作られ
元を辿ると「トリプトファン」というアミノ酸からできています
その過程ではビタミンB群や鉄分、マグネシウムなども必要になります

・トリプトファン
卵、乳製品、大豆製品、ぶり、かつお、あじ
マグロなど赤身の魚、ごま、バナナ、マンゴーなど

・ビタミンB群(何種類か含むもの)
豚肉、納豆、ぶり、かつお、あじ、マグロ、乳製品など

・鉄
レバー、牛肉、しじみ、あさり、納豆、小松菜など

・マグネシウム

玄米、そばなど精製していない穀物に多い
あさり、牡蠣、バナナ、ほうれん草、切干大根、わかめなど

和食であれば納豆卵かけごはんに、小松菜や切干大根の味噌汁
洋食であれば全粒粉パンにチーズと目玉焼きをのせて
バナナヨーグルトなんていかがでしょう?

生理前になかなか寝付けない、睡眠の質がイマイチと思った時は
朝ごはんを意識してみてくださいね

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#眼精疲労#首#肩#むくみ#冷え

Nov 09.2017
本日のクライアント様 vol.189

本日のクライアント様

ストレス
イライラ
首、肩のこり
冷え性

日頃の子育てでストレスやイライラを感じやすいとのことでした。

子育ての孤独感の原因はエストロゲンというホルモンが作用しています。
このエストロゲンというホルモンは妊娠中は分泌量がどんどん増えますが
出産をすると急激に減少します
母親の脳内のエストロゲンが減少する事で神経細胞の働きが変化し
不安や孤立感を感じやすくなります。

また、イライラしている時は、交感神経の方が活発になりやすくなっています
すると身体の筋肉も緊張し血液循環が滞りやすくなることで
肩こりや冷え性などの症状も出てきやすくなります。

ですので今回は、ゆっくりとした時間を過ごして頂けるように
副交感神経を高めてくれるオイルと
身体の血液循環に作用するオイルを使用させて頂きました。

・とりあえず、外出する
育児とは密室での戦いになりがちになります
閉鎖された部屋で、パートナーや赤ちゃんなど限られた人としか接していないと
だんだん気持ちが塞いできて当然です
なので、とりあえず何の用事もなくても、一歩外に出てみるようにします
こうすることで、非常に閉塞感があった空間から出ることができ
また外の空気を体内に取り込むことで、新鮮な気分になれます

育児中は、外に出るのも非常に億劫になります
そんな時は、玄関から一歩だけ出て深呼吸するだけでも、いい気分転換になります

・大きく深呼吸する
イライラしてどうしようもない時、深呼吸も効果的になります
ゆっくり鼻から吸って、ゆっくり口から息を吐いていきます
コツはできるだけゆっくり行いましょう

イライラしている時は、交感神経が活発になっています
そこでゆっくりと呼吸することで
副交感神経を刺激し、体をリラックスした状態に導きます
また、深く息を吸うことで血液の循環が良くなり
それも気持ちを落ち着けるのに役立ちます

ブログ画像

代官山で体質改善 身体の中から綺麗になる頭蓋骨矯正ヘッドスパ
KALEN DAIKANYAMA
小嶺さき

渋谷#表参道#青山#外苑#中目黒#恵比寿#祐天寺#学大#自由が丘#ヘッドスパ#小顔#小顔矯正#よもぎ蒸し#タイ古式#骨盤矯正#整体#角質#足つぼ#ブライダル#フェイシャル#メンズ#レディース#眼精疲労#首#肩#むくみ#浮腫み#冷え#

1 / 20412345...102030...最後 »